Series 連載

崎山つばさ☆主演映画「クロガラス」シリーズ続編がついに公開!2021/08/25

 金と欲望渦巻く新宿歌舞伎町を舞台に、裏社会のトラブルを解決する解決屋・神崎黒斗の活躍を描いたアクションエンターテインメント、映画「クロガラス1」「クロガラス2」。

 ミュージカル『刀剣乱舞』など2.5次元舞台で活躍する崎山つばさが初主演を務め、舞台あいさつ付き上映会のチケットは即完売、上映期間の延長など、ヒットを記録した本作の続編がこの秋登場! 新たな事件を描く「クロガラス3」、そして黒斗の過去が明らかになる「クロガラス0」の2作連続公開となる。今回は、黒斗を演じる崎山に、今作に挑んだ思いや撮影の裏話などについてインタビュー。黒斗の職業“解決屋”にちなみ「今、解決したいこと」についても直撃!

――初めて主演を務められた「クロガラス」から2年。再びこの作品に帰ってきた今の心境はいかがですか?

「前作を撮った時に、これは絶対にシリーズ化させたいなと思っていましたし、共演者たちとも『またやりたいね』と言っていて。このたび、こうして続編や過去編を作っていただけてありがたいですし、この先につながるような作品になったらいいなと思います。前回の撮影から2年ぐらいたっていましたが、感覚はすぐに戻りました。クランクインする前に前作を見返したりもしましたし、一度やって体が覚えているということもあって、割とスムーズに黒斗になることができました」

――過去、警官だった時代の黒斗は、徳山秀典さん演じる先輩・兵頭と一緒のシーンが多いですね。

「徳山さんとは初めてでしたが、個人的に存じていたのでご一緒できてうれしかったです。空気感がすでに“警察の先輩”という雰囲気があって、演じる上でとても助けられました。撮影の合間にもいろいろお話しをして、『16時間空腹がいいよ』と教えてもらったり。僕も体のケアにすごく興味があるので、参考になりました。役と、役者自身の先輩・後輩関係がリンクするような感じでした。兵頭と黒斗の関係性が濃ければ濃いほど面白いものになると思ったので、2人の時間は大事にしました」

――「クロガラス1」「クロガラス2」とはまた違うアクションシーンも多そうですね。

「そうですね。やられるシーンもありましたし、悠哉役の植ちゃん(植田圭輔)と共闘して戦うところもあったし。いろんな種類があって面白かったですね。普通のアクションでも大変だと思うんですけど、黒斗としてアクションするとなるとまた違った大変さがあって。やっぱりずっとやっていると息があがってくるんですけど、黒斗だったら息があがってこないだろうなとか、いろんなことを考えて」

――ある種、人間味が薄い超人的なキャラクターですもんね。

「そうなんです。なので、パンチ一つ、蹴り一つにしても、黒斗らしくなるよう、存在感とかスマートさとか、身体的な部分を気にしながらアクションしていました」

――体作りはされたのですか?

「30歳を超えて、普段から体作りをしっかりしないといけないなと思っていて。体重が増えて、筋肉量も増えて、前回と比べたら実は5kgぐらい違うんですよね。でも、着やせするタイプということもあって、ちょっと体形はがっしりして見えるかもしれないですけど、ラインはそんなに変わらなように見えるんじゃないかなと思います」

――髪形も、黒斗ならではのオールバックスタイルが貫かれていますね。

「そうですね。撮影に入る前に、いつも切っています。警官時代はまた少し違うオールバックなのですが、それも試行錯誤があって。前髪があった方がいいのかとか、下ろして分けた方がいいのかとか。でも、やっぱり“黒斗といえば”みたいなところがあった方がいいと思って、オールバックそのものは踏襲しました」

――そして「クロガラス3」は植田さん演じる悠哉とのシーンが、以前より増えましたね。2人のシーンでは何か話し合いながら作り上げていったのですか?

「植ちゃんとの空気感は、『クロガラス』や『クロガラス2』の時点で出来上がっていて。今回も自分たちが台本をいただいてからクランクインするまでに用意したものをお互いに現場で出し合ってやっていくっていう形で、『ここ、こうした方がいいよね』とかは全く話さなかったです。僕はデスクにどっしりと座っていて、植ちゃんの方が動くということが多いんですけど、その中で、2人の関係性においての遊びの深さが出たらいいなと思っていて。話し合ってはいないけど、自分で何かやってみたり、逆に植ちゃんがやってくれたことに反応してみたりとか、そういうことが多かったですね」

――前回の「Re:quest」に引き続き主題歌の歌唱・作詞をご担当されるそうで…。前回、初の作詞で大変苦労されたと伺いましたが、今回はいかがだったでしょうか?

「前回は、作品やキャラクターのことを考えて詞にしたんですけど、今回は黒斗から見た世界と僕が見る世界をうまく重ねていろいろと考えながら書きました。前回とは少し方向性が違いますが、“クロガラス感”みたいなものは気にしながら作りました」

――前回の時と比べて作詞の経験もだいぶ重ねられていますが、慣れてきたなという感じはありますか?

「いやいやいや…(笑)。まだまだ難しいです。同じ単語の並びでも、自分の感じ方と人の感じ方って違うし、歌になるとそれがまた変わってきますし。日本語の複雑さも節々に感じています。今回も言葉遊びみたいなものを入れたりしているんですけど…まぁ、すべては歌詞を見ていただいて(笑)。聞こえているものと文字が違うなど、遊び心も入れながら考えているので、ぜひ楽しみにしていただければと思います」

――期待しております。では、解決屋にかけまして、崎山さんが最近解決したいと思っていることは何でしょうか?

「僕、体が硬いんですよ。座って開脚して前屈するとテディベアみたいになっちゃうので、それを解決してほしいです(笑)」

――(笑)。ストレッチはやっていますか?

「しています。お風呂あがりに毎日していて、ほんのちょっとずつ柔らかくはなっているんですけど、ほぼ変わらないんです。足を180度開いて頭が床につくぐらいになるのが理想なんですけど…ちょっと、生きている間には無理そうかな(笑)。黒斗たちに頼んだらどう解決してくれるのか、それはそれで怖いですけど(笑)」

――すごい荒療治をされそうですよね(笑)。では、「解決」にちなんでもう一つ。ご自身にとって何でも解決してくれる方とは?

「携帯じゃないですかね(笑)」

――“人”ではなく?(笑)。

「もはやそういう時代ですよね(笑)。何でも調べたら出てくるし、どこに行くにもすぐ地図を見られるし。頼ってはいますけど、アナログ人間なので操作そのものについても調べたりしています(笑)」

――崎山さんといえばご自身でプロデュースされるほどのカレー好きですが、レシピを調べたりも?

「しますね。レトルトカレーを出したんですけど、最初レトルトについてほとんど知らなかったので、調べたらいっぱい出てきて参考になりました。やっぱり携帯は欠かせないなと思っちゃいますね(笑)」

【プロフィール】

崎山つばさ(さきやま つばさ)

1989年11月3日、千葉生まれ。蠍座。B型。ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズ(2015年〜19年)に石切丸役で出演し話題に。「クロガラス1&2」(19年)で映画初主演。

【作品情報】

クロガラス3
9月3日(金)公開

クロガラス0
9月17日(金)公開

新宿歌舞伎町を舞台に、金さえ払えばどんな危ない仕事も引き受ける解決屋“クロガラス”が、主人公・黒斗(崎山)を筆頭に裏社会のトラブルを一掃。「クロガラス3」では解決屋“ホワイトナイト”との対決を、「クロガラス0」では黒斗の隠された過去が明かされる。

【プレゼント】

サイン入り生写真を2名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募締切:2021年8月25日正午〜9月1日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」」9月3日号(P98)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://honto.jp/cp/netstore/recent/tokyonews-book/01.html

取材・文/高瀬純 撮影/倉持アユミ ヘア&メーク/車谷結(do:t) スタイリング/OBU– 衣装協力/タナゴコロータス東京、チャコールグリーントーキョー、MUSE

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.