Close-up STAR

連載

井上祐貴☆「劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス」で主演を務めるニューヒーロー

Close-up STAR

 新世代のウルトラマンシリーズに登場した歴代のウルトラマンが全員出演する「劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス」が、いよいよ3月6日に公開される。今作で主人公・ウルトラマンタイガこと工藤ヒロユキを演じる井上祐貴に、初となる映画主演作への思いや撮影中のエピソードのほか、プライベートの話なども聞いた。


──小さい頃からウルトラマンシリーズを見て育ったそうですが、思い出に残っているウルトラマンはいますか?

「僕は好きな作品がいくつかあるんですけど、一番は『ウルトラマンコスモス』ですね。以前、ある番組で(春野ムサシ役の)杉浦(太陽)さんと共演させていただいた時は、すごく感慨深かったといいますか、ウルトラマンのお仕事ではない現場だったので、何だか変な気持ちでした。その時は『ウルトラマンタイガ』の撮影中だったんですけど、ウルトラマンのお話もできてすごく楽しかったですね。すぐ両親に連絡しました!」

──実際にお会いしてみた杉浦さんは、どのような印象でしたか?

「もう、コスモスそのまま、ムサシさんでしたね。演技のアドバイスをいただくというよりは、ウルトラマンの現場の今と昔の違いを話したり、監督の話で盛り上がりました」

──今作でも、ほかのウルトラマンを演じた先輩の皆さんとお話する時間はあったんですか?

「ありました! 特に濱田(龍臣)くんとはお話することが多かったですね。撮影現場以外でも、濱田くんはステージでお会いすることが多くて。濱田くんはウルトラマンマニアなので(笑)、僕が出させてもらっているステージを見に来てくれて話すということが何回かありました。話題はプライベートな話というよりは、基本的にウルトラマンの話だったな(笑)。お互いに『ウルトラマンコスモス』が好きなので、その話をしたり。濱田くんは『ウルトラマンタイガ』も見てくれていたんですが、(濱田が主演を務めた)『ウルトラマンジード』も、2作品とも親子の物語なので、それについての話もしました。ヒロユキと、(濱田が演じた朝倉)リクとして盛り上がりましたね」

──主人公の工藤ヒロユキを演じる上で、気を付けたことはありますか?

「全キャラクターに平等にといいますか、同じようにといいますか、地球人、宇宙人、あとウルトラマンをつなげる存在であろうとずっと思っていて。“命は命なんだ”“生き物に対して平等に”という大前提で演じていました。だからヒロユキは、まず悪い奴らを信じてしまうんですよね。目の前のことにバーッと行ってぶつかることもあるけれど、そこにピリカさん(吉永アユリ)とカナ社長(新山千春)が助け舟を出してくれるというバランスだったなと思います」

Close-up STAR

──印象に残っているシーンを教えてください。

「変身のシーンが難しくて、何回もやりましたね。そのシーンについては、過去の主人公の方々と話しても一番盛り上がるんじゃないかと思うくらい。『難しいよね』『あそこはどうやって撮ったの?』とか」

──変身のポーズはちゃんとした型みたいなのが決まっているんですか?

「あるんです! 手の位置や角度で全然違うんですよ。カメラの光の関係で見えなくなるとか、いろいろあるみたいです。『もうちょっとこうだな』って何度も直されるから、そこは苦戦しますよね。歴代主人公の皆さん、そういう道は絶対に通られていると思います。前作の『ウルトラマンR/B』のお二人とも、撮影の合間に『かなり難しかったよね』とよく話していました(笑)」

──映画の撮影時に流行していたことはありますか?

「短期間ですけど、ずっと話題に出ていたのは、“タピオカ”ですね。今回、E.G.I.S.(イージス:ウルトラマンタイガに登場する民間警備組織)のメンバーとして、女性がレギュラーで2人(新山と吉永)いらっしゃって。ロケだとホマレ先輩(諒太郎)しかいないんですけど、E.G.I.S.のセットの中だと絶対にお二人もいらっしゃるんです。いつもより華があるといいますか、女性メーンで会話が進んでいくことが多くて、そうすると若干女子トークに持っていかれるんですよね(笑)」

──そこは女子トークのほうが強いんですね。

「やっぱり、僕ら男の子が飲まない、食べないようなものをよく知ってるんですよ! 聞いていると新鮮で楽しくて、『今、これがはやってる』とか『あそこのタピオカがおいしい』とか言われたら気になって、飲みたくなっちゃうじゃないですか! だから僕も撮影終わりに一人で買って帰るくらいになっていて、“あれ、ハマってるぞ”みたいな。気が付いたら詳しくなっていました(笑)。そのうち出前も頼みだして。ちょうど夏場だったので、そういう飲み物を欲していたんですよね」

Close-up STAR

──そのほかで、趣味やハマっていることを教えてください。

「休みの日は基本寝ているんです(笑)。あと、仕事のためでもあるんですけど、最近、映像用のアクションを習っています。ウルトラマンの作品でアクションを初めてやったんですが、映像を見てみると“かっこいいな!”と思って。もっとやってみたいなというところから興味が湧いて、アクションを使った仕事もできればいいなという思いから始めました。やってみたら奥が深くてすごい楽しくて、今通っています!」

──アクションが仕事の息抜きでもあるし、仕事にもつながっているんですね。

「そうですね。仕事につながったら一番いいなと思いながら。つながらなくても体を動かせるし、楽しいのでやっています」

──自宅では、寝る以外にどのように過ごしているんですか?

「映画やドラマを見るのが昔から好きです。勉強の意味もありますけど、普通に“ドラマっ子”なので、変わらずに見ていますね」

──俳優になってから、テレビの見方は変わりましたか?

「変わりました! カット数が圧倒的に少ないシーンを見ちゃいますね。特に、アクションの長いシーンをワンカットで撮っているものは何回も巻き戻して見ちゃいます。僕は小栗旬さん主演のドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)が好きなのですが、10分、15分くらいのアクションシーンがあるんです。“あの人はあそこから出て来たけど、どう行ったんだ?”とか、思わず見入っちゃいますね(笑)」

──最後に、これからやってみたい役柄や、出演してみたい作品を教えてください。

「いろんな役柄をやってみたいのはもちろんありますが、お話しした『CRISIS~』の、小栗さんが刑事を演じている姿がすごく好きで、小栗さんは芝居がすごい上にアクションもできるというのが本当にかっこいいです。そこから、刑事役をやってみたいなと思い始めたんです。アクションができる刑事が憧れの一つなので、いつかやってみたいなというのはあります」

Close-up STAR

【プロフィール】
井上祐貴(いのうえ ゆうき)
1996年6月6日広島県生まれ。双子座。AB型。’17年、第42回ホリプロタレントスカウトキャラバン審査員特別賞を獲得。映画「ニセコイ」(’18年)などに出演し、「ウルトラマンタイガ」(テレビ東京系)の主演に抜てきされる。
【作品情報】
Close-up STAR
「劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス」
3月6日公開

ヒロユキ(井上)は、タイガ、タイタス、フーマという3人のウルトラマンに変身する能力を持つ。しかし、彼は何者かによって狙われていた。そのことを知った新世代のウルトラマンたちが、ヒロユキを救うべく、続々と集結を果たす。その中には、タイガの父・ウルトラマンタロウの姿も。だが、タロウは息子・タイガに激しく襲いかかり…。
【プレゼント】
Close-up STAR
サイン入り生写真を2名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募締切:2020年2月26日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」2/28号(P106)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://zasshi.tv/category/TVG

取材・文/依知川亜希子 撮影/尾崎篤志





キーワード

TVガイド最新号

新着連載

PAGE TOP