放送局から直送便・ドラマ版

コラム

志田未来の魅力が爆発する「レンタル救世主」第5話! “志田ラップ”登場なるか!?

 志田未来さんが繰り出す“志田ラップ”が話題沸騰中の「レンタル救世主」(日本テレビ系)。第3話では、志田さん演じる百地零子はラップの伝道師と化し、依頼主の少年があどけなくも堂々としたラップを披露しました。そんな志田ラップの封印から1週間…。第4話では、志田ラップが待望の復活!! 思わず「キターーーーーーーーーー!!!」と叫んでしまった方も多いのではないでしょうか? この回では、零子を見下す高校時代の後輩・ハイジこと葉石りさ子(福原遥)をラップで一撃。だんだんたくましくなる零子ですが、11月6日放送の第5話ではどのような活躍を見せるのか、ドラマの見どころとともにご紹介します。

 今回の依頼主は「24時間以内に猫舌にしてほしい」という芸人・近藤茂人(賀来賢人)。彼は尊敬する師匠・レタス太郎(泉谷しげる)の引退公演で念願の相方に選ばれたにもかかわらず、求められる芸ができないというのです。それは「アツアツおでん」という鉄板ネタで、熱いおでんを食べた時のリアクションが見ものなのですが、熱いものが得意で演技も下手という近藤は猫舌になることで解決しようと、レンタル救世主のオフィスのドアをたたきます。

 そんなダメ芸人・近藤に手を差し伸べるレンタル救世主たち。零子は近藤の話を親身になって聞くのはもちろん、直接レタス師匠の元へ交渉に行くなど、一生懸命に業務を全うします。一方、近藤にあきれて職務放棄した葵伝二郎(藤井流星)は、ある人物と裏で接触をはかり…。

 零子の兄・城崎千太郎役で小出恵介さんも登場し、勢いが止まらない「レンタル救世主」。零子の確固たる意志を貫き通す“志田ラップ”で、次に心を突き動かされるのは一体誰? それは…あなたかもしれませんよ。お楽しみに。

日本テレビ担当 M・M

【番組情報】

「レンタル救世主」 
日本テレビ系 
日曜午後10:30~11:25

 
関連リンク
PAGE TOP