放送局から直送便・ドラマ版

コラム
LINEで送る

福士蒼汰×川口春奈「愛してたって、秘密はある。」クランクアップ! 福士が「台本を読むのが待ち遠しかった」と明かした「愛ある」、全ての謎が解き明かされる最終回!!

 過去に複雑に絡み合ってしまった糸をゆっくり、ゆっくりと解きながら、真実を探し出そうともがく人間の心理が描かれたドラマ「愛してたって、秘密はある。」(日本テレビ系)。それが姿を変えたかのように、物語の終盤になるとするするとその糸が解かれ始め、一方ではまた別のもつれが生じている…。毎回、背筋が凍る展開を迎える本作に、冷たくも熱い汗が止まらないのではないでしょうか。

 9月17日放送で最終回を迎える「愛ある」。結末が気になるところですが、ここではそのクランクアップに密着した模様をリポート! 最後の撮影となったのは、奥森黎(福士蒼汰)と立花爽(川口春奈)の2人だけのシーン。黎は「父親・皓介(堀部圭亮)を殺したのは自分だ」と爽に告げるも、爽は驚きのあまり黎を拒絶してしまいます。そんな2人が再び顔を合わせた場所は…。

 「以上のシーンを持ちまして、立花爽役・川口春奈さん、奥森黎役・福士蒼汰さん、オールアップです!!」という声とともに花束を渡され、笑顔をこぼす福士さん、川口さんのお二人。約3カ月にわたる撮影を振り返り、川口さんは「あっという間で、本当に早かったなと思います。スタッフさんが若くて、元気で、パワフルで、私も伸び伸びとさせていただきました。毎日楽しくて、とても勉強になりました。素晴らしい皆さんと一緒に3カ月過ごせて、幸せでした。ありがとうございました!」とにっこり。

 一方、福士さんは「3カ月、早かったなという気持ちです。現場が楽しいのと、台本を読むのが待ち遠しいっていう思いがあったから、こんなに楽しい3カ月になったのかなと思います。今回の現場では、僕自身いろんな刺激を受けました。お母さん(黎の母親・晶子役)の鈴木保奈美さんがスタジオの前室ですごく真面目に台本と向き合っている姿や、真剣にお芝居に取り組まれている姿勢であったり、遠藤憲一さんの迫力のあるお芝居はもちろん、普段の優しく接してくださる部分であったり…。共演者の皆さんから『こんな人になれたらいいな』って思うようないろんな刺激を受けました。そして、共演経験のある春奈ちゃんがいてくれたから、安心して撮影に入ることができました」とコメント。

 続けて、「(監督の)河合(勇人)さんに出会えたことも大きかったです。自分のやりたいことをやらせてもらえたなと思っています。こうして皆さんから刺激を受けて、そんな僕を支えてくれたのは、カメラや照明を今もこうして持ってくれている、ここにいるスタッフの皆さん。現場にいる皆さんが土台をしっかり作ってくれたから、難しいことや大変なこともあったんですけど、3カ月間パワーをもらうことができました。お疲れさまでした! ありがとうございました!!」と真っすぐに気持ちを込めて、現場の一人一人を思い浮かべるように言葉を紡いでいく姿が印象的でした。

 そんな川口さん、福士さんの言葉を受け、河合監督は「この前夏祭りのシーンを撮ったと思ったら、あっという間に遠藤憲一さんは死にそうになってるわ、鈴木保奈美さんは捕まってるわで(笑)、毎回毎回進むスピードが早くて、着いていくのに精いっぱいでした。この作品の(毎話)最後の10分間の熱量たるや、ものすごいと思っていて、“一つの新しいドラマの形”みたいなものを作ることができたんじゃないかと思っています。皆さんにいろいろなことを教えていただきました。ありがとうございました!」とコメント。物語がゆっくり動いていると思ったら、いつの間にか相手のペースに飲み込まれていて、そのスピード感に遅れまいと必死になっている――このドラマは、視聴者と同じ感覚を監督も持ち合わせていたからこそ、絶妙な違和感をかもし出しているのかもしれません。

「“愛とは、許すこと”」
「愛する人の秘密はどこまで許せるか?」

 黎が隠し続けてきた秘密を、爽が知った時――爽が選んだ答えは、果たして? 自問自答ラブミステリー、ついに完結です。

日本テレビ担当 M・M

【番組情報】

「愛してたって、秘密はある。」(最終回) 
日本テレビ系 
日曜 午後10:30~11:25

 
LINEで送る

キーワード
関連記事

テレビ視聴率ランキング

地上波録画視聴ランキング

BS録画視聴ランキング

PAGE TOP