News ニュース

【東京オリンピック・7/27◆本日の見どころをピックアップ】ソフトボール、熱戦を制するのは日本かアメリカか? なでしこジャパンは初勝利に懸ける2021/07/27

東京2020オリンピック ソフトボール(上野由岐子)写真:AP/アフロ

 全競技中、最も早く始まったソフトボールは、3位決定戦と決勝が行われ、メダルの行方が決まる。決勝は予想通り、日本とアメリカの2強対決になったが、表彰台の中央に立つのはどちらか?

 バスケットボールは日本女子チームが初登場。前回2016年リオデジャネイロ大会では決勝トーナメント(ベスト8)に進出しており、今大会ではそれを上回る成績を狙う。

 バレーボール女子は1次リーグ第2戦に臨む。対戦相手はリオ大会銀メダル、2018年世界選手権優勝のセルビアだ。

 柔道は男子81kg級と女子63kg級が行われ、日本からは、ともに2大会連続となる永瀬貴規と田代未来が出場。リオ大会の成績は永瀬が銅メダル、田代が5位。それを上回ることが至上命題であり、目標はもちろん金メダルだ。

 サッカー女子は1次リーグ最終戦を迎え、日本はチリと対戦。第2戦終了時で1分け1敗。1次リーグを突破に黄信号が灯っているが、初勝利なるか?

 ソフトボールは2008年北京大会以来3大会ぶりにオリンピック競技に復活したが、北京で金メダルを獲得したのは日本であり、決勝の相手はアメリカだった。それから13年、両チームは再び頂点を争う。日本は北京大会の決勝を1人で投げ抜いたエース・上野由岐子、同じく北京大会を知る主将の山田恵里、投手として第3戦と第5戦に先発し、打者として初戦から3戦連続でホームランを放った藤田倭ら投打に役者がそろい、3大会を経てのオリンピック連覇へ一丸となっている。

 一方、アメリカも雪辱へ燃えている。7月26日のオープニングラウンド第5戦は、アメリカが2-1でサヨナラ勝ち。決勝を控え、お互い手の内を隠しての対戦だったが、接戦をものにする勝負強さはさすがアメリカと思わせた。この試合で同点タイムリーを放った4番のバレリエ・アリオト、北京大会を知るエースのモニカ・アボットら、こちらも投打に強力なメンバーを擁する。果たして金メダルに輝くのは? 歴史的な名勝負が見られそうだ。

 サッカー女子は、日本が決勝トーナメン進出を懸け、1次リーグ最終戦のチリ戦に臨む。トーナメントに進めるかはほかの組の成績に左右されるが、まずは勝たないと可能性が見えてこない。リスクを負ってもチーム全体で前に出てボールを奪い、厚みのある攻撃につなげてほしい。中盤で攻守の起点になる杉田妃和のプレーが鍵か。

▶東京オリンピック 放送スケジュール(地上波・BS放送)はこちらをチェック!(https://www.tvguide.or.jp/schedule-olympic-paralympic/
▶オリンピックの記事一覧はこちらをチェック!https://www.tvguide.or.jp/news_category/tokyo2020/

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.