News ニュース

中川大志、「ボクの殺意が恋をした」制作発表でライバル役の鈴木伸之との相思相愛ぶりを告白2021/06/28

 日本テレビ系で7月4日スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(日曜午後10:30=読売テレビ制作)の制作発表会見が開催され、主演の中川大志をはじめ、新木優子、鈴木伸之、田中みな実、中尾明慶、水野美紀、藤木直人が登壇した。

 ドラマは、身体能力100点、ルックス100点。でも、殺しの才能0点という最高に“間が悪い”殺し屋・男虎柊(中川)が、ターゲットを殺すどころか恋してしまう、殺意と恋が入り混じるスリリング・ラブコメディーだ。柊の暗殺ターゲットとなる鳴宮美月役で新木、柊の育ての親で伝説の殺し屋・男虎丈一郎役で藤木が出演。また、殺し屋界のエース“デス・プリンス”こと八乙女流星を鈴木、美月のチーフアシスタント・水瀬千景を田中、美月の担当編集者・風岡樹生を中尾が演じる。脚本は、映画「飛んで埼玉」「かぐや様は告らせたい」やドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)などの徳永友一氏が手掛ける。

 中川は役柄について「育ての親である丈一郎さんを失ってしまい、これまでの人生とは180°一変するような、殺し屋という職業に転身するキャラクターで、すごく優しくて真っすぐで、なかなかうまくいかないこともあるんですけど、見てくださる方がいい応援したくなるような、そんな男の子にできたらいいなと思って毎日やっています」と語り、「いよいよ、あと1週間後から始まるということで、本当に僕たちもドキドキしているんですけど、殺し屋とターゲットの恋ということで、今までにない、このドラマにしかない新たな色が出来上がってきてるなと思っています。僕たちも本当に完成を楽しみにしています。毎日濃いメンバーで、楽しい日々で頑張っておりますので、まずは第1話見ていただけたら。そして、1クールよろしくお願いいたします!」と力強くアピール。

 藤木は「まず、やっとオファーが来たなと言いたい」と切り出し、本作放送前の「おしゃれイズム」(日曜午後10:00)でMCを務めているが、同枠に出演する俳優がゲストに来るたびに、「なんで自分を使わないんだ!」とうらやましく思っていたそうで、念願がかなったと笑顔を見せた。

 柊のライバルとな八乙女役の鈴木は、通気性の悪いロングコート姿での夏の撮影に苦労しているそうで、中川が「コートの中にダイナマイトみたいに氷をしこんでいるんですよ」と暴露すると、鈴木は「このコートを“デスコート”と呼んでるんですが、保冷枕みたいなものを八つぐらい付けています」と明かした。

 物語にちなみ「殺し屋に一番狙われそうな人は?」という質問では、中川は鈴木の名前を挙げ、「純粋にデカくて、狙いやすそうだし、抜けているところがあるので、命を狙われても気付かなさそう」と話すと、鈴木は「(衣装の)“デスブーツ”を履くと、2mを越えちゃう」とテンポよく続き、司会者から仲のよさを指摘されると、中川は「僕が14歳頃から一緒にお仕事していて、兄弟役もやっているので相思相愛ですね」とコメント。お互いに「大好きです」と言い合い、照れた表情を見せた。

 また、藤木、水野、中尾がそろって田中の名前を挙げ、藤木が「恋愛バラエティーとかをやられていて、ネットニュースでもよく発言が取り上げられていて、見る機会が多いから、そろそろ狙われるかも」と理由を話すと、田中は「辛らつな部分だけ切り取られて載せられちゃうんです。言ってる時の表情は柔らかいんですけど、それ本当に人でなしみたいに書かれたりするんですよね」とひょうひょうと話した。

 さらに「最高に間が悪い人は誰」という質問に、中尾は中川と回答し、「取材時にラーメンを頼んだものの、食べるタイミングをなくしていた」とエピソードを話すと、中川は「食べだした時に、取材に呼ばれてしまって…。狭い部屋でにおいのキツものを食べると、みな実さんに怒られるんですよ」と状況を話すと、中川が席を立った間にやって来た田中に、中尾がにおいの主ではないかと疑われたと恨み節をこぼした。

 続けて、田中の名前を挙げた鈴木は、田中が、撮影の立ち位置を50mぐらい間違えていたことを暴露し、そこから「うっかり八兵衛」と呼んでいるそうで、さらに、会見前には、控え室が隣の部屋だった田中が「おはよう!」と言いながら除菌スプレーみたいなものをかけてきたと言い、そんな田中が「おちゃめでかわいかった」とコメント。すると中川は「みな実さんが鈴木くんに背後から近づいて、膝カックンをしようとしたものの、身長差がありすぎて、ふくらはぎあたりにぶつかり、届いていなかったのがかわいかった」と田中のキュートさを重ねて伝えた。

 そして、お互いのエピソードで和気あいあいとした雰囲気の会見の終盤、「おなかが痛い…」と突如席を立った中川と新木。会見場に怪しい空気が流れる中、花束を持った2人が舞台に戻り、6月が誕生日の水野と中尾をサプライズでお祝い。2人の退席に「本気でびっくりした」という中尾と、「何かの仕込みだとは思ったものの、自分のお祝いだとは思わなかった」という水野は、それぞれ驚きつつも、サプライズ演出に喜びの表情を見せた。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.