News ニュース

白石麻衣、斎藤工×秋元康「漂着者」で新聞記者役に挑戦!「ハラハラとドキドキ、そしてワクワクをお届けできる作品」2021/06/16

 白石麻衣が、テレビ朝日系で7月23日にスタートする連続ドラマ「漂着者」(金曜午後11:15。一部地域で放送時間が異なる)に出演することが分かった。

 企画・原作を秋元康が手掛ける同ドラマ。ある地方の海岸に、斎藤工演じる全裸のイケメン男性が漂着し、偶然この男を発見した女子高生たちがSNSに動画を投稿したことでバズり、男は一躍時の人に。男は、発見された際に発した言葉が、アーネスト・ヘミングウェイの作品に出てくるものだったため、ネット上で「ヘミングウェイ」と呼ばれる。そして、記憶もなく自分が何者かも分からないものの、世間を騒がせている事件を解決に導く予言めいた力を発揮したことで、次第に人々からあがめられる存在になっていく。

 白石が演じるのは、連続女児殺人事件の真相を追う中で、新たな行方不明の女児の発見場所を予言したヘミングウェイの正体を暴くため、彼に接近する新聞記者・新谷詠美。記者として疑いの目を向ける詠美だが、ヘミングウェイの神がかった能力を目の当たりにし、次第に彼に魅入られていく。

 出演にあたり白石は「秋元康先生が企画・原作を担当なさるということで、先生がどんな世界観を描かれるのかすごく楽しみでしたし、お話をいただいた時もすごくうれしかったです」とコメント。また、自身の役柄については「初めての新聞記者役なんですが、実は普段あまり新聞を手に取ることがないんです。でも、この役を演じるからには、実際に新聞を手に取ってしっかり読んでみようと思っています」と意気込んでいる。

 ヘミングウェイという存在に関しては「やっぱり“謎多き男”という印象が強かったです。しかも記憶もなく、彼の周りでさまざまな事件が起きていく…。私が演じる詠美は、彼の持つ不思議な力にひかれていくんですが、その一方で何か怪しいとも感じているんですよね。『真相を暴きたい』という新聞記者としての思いも持っています。とはいえ、今の段階では、ヘミングウェイは、とにかく謎の多い人物だなという印象です」と、現時点では出演する白石自身も正体をつかみかねていることを明かした。

 一方、初共演となる白石に対して、斎藤は「初めてご一緒させていただくんですが、白石さんは“白”というイメージが一番ふさわしい方だなという印象でした」としつつ、「でも、今回の役柄では、きっとこれまでに見たことのない白石さんが見られると思います。しかもそんな白石さんと一緒にお芝居ができるということで、とてもうれしいです」と白石の新境地に期待を寄せた。

 そして、「演じる僕たちもこの物語がどこに向かうのかが分からない中で、この作品に向き合っていくことになると思います。“今、秋元さんが何を見ているのか”ということを追求しながら、楽しく、そして僕らが“見たい”ものを作っていけたら…と思っています」とあらためてコメント。

 最後に、白石も「ヘミングウェイとは一体何者なのか…それは私たちもまだ分からないんですが、見てくださる皆さんにハラハラとドキドキ、そしてワクワクをお届けできる作品になっていくと思いますので、楽しみにしていただけたらうれしいです」と視聴者にメッセージを送っている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.