News ニュース

実写版「ピーターラビット™」を地上波初放送。日本語吹き替えの千葉雄大「アフレコ時は終始、ピーターと同じ表情で声を吹き込んでいました」2021/05/25

 日本テレビ系の「金曜ロードショー」(金曜午後9:00)では、6月25日の最新作「ピーターラビット™2/バーナバスの誘惑」の全国公開を記念して、シリーズ第1作「ピーターラビット™」を、新作公開日と同日に地上波初放送する。さらに、番組後半では最新作の冒頭約7分をノーカットでテレビ初公開する予定だ。

 同作は、世界中で愛されるビアトリクス・ポター作の大ベストセラー絵本「ピーターラビット」をハリウッドで初めて実写映画化。1902年に絵本が出版され、その後120年近くもの間、世界中の人々から愛され続けるブルーのジャケットがトレードマークのウサギ、ピーターラビット。その原作の重要なスピリットである“いたずら好きで怖いもの知らず”というキャラクターはそのままに、舞台を現代のイギリスに移し、リアルでモフモフの“動くピーター”が大暴れ。家族そろって楽しめる、痛快エンターテインメント映画となっている。

 ウサギのピーターは、たくさんの仲間に囲まれ、豊かな自然の中で暮らしていた。ところがある日、隣に引っ越してきたのは、潔癖性で動物嫌いの男・マクレガー(ドーナル・グリーソン)。ピーターは自分たちの居場所を守るために、マクレガーと争いを繰り広げる。日本語吹き替えでは、ピーターラビットの声を千葉雄大が演じるほか、渋谷はるか、浅沼晋太郎、吉田ウーロン太、清水理沙、木下紗華らが出演をする。

 千葉は「ピーターラビットというと、かわいらしいイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実際は家族を引っ張っていたり、でもどこか空回りしてしまうようないろんな面があるキャラクターなので、(吹き替えにあたり)多面性を表現できたら、と思っておりました。英語だからこそ伝わる面白さの部分も日本語でもできる限り伝わるよう意識しました」と役作りについて触れ、「アフレコ時は終始、ピーターと同じ表情で声を吹き込んでいました。また、マグレガーさんに掴まれてピーターがうなるシーンで、『うさぎっぽくうなる』と言う演出を受けて、できる限り頑張ったので、そのシーンを探してみてください(笑)」とアピール。

 そして「印象深いシーンは、ピーターがお父さん、お母さんに思いをはせるシーンです。普段のピーターとは違い、切ないシーンでもあったので印象に残っています。いとこのベンジャミンとの掛け合いのシーンも好きなのですが、その中でも2人がけんかした後、和解するシーンがお気に入りです」と話し、「すてきな作品をたくさん放送されている『金曜ロードショー』でピーターラビットを皆さまに見ていただけること、すごくうれしく思います。元気の出る作品です。表情豊かなピーターたちをみて、心温まる瞬間となりますよう願っております」とメッセージを寄せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.