News ニュース

山崎育三郎と市原隼人が殴り合い!恋愛ドラマなのに「ジャッキー・チェンの映画でしか見たことがない」強烈なシーンとは?2021/04/02

 テレビ朝日系では4月2・4月9日の2週にわたって、ドラマ「殴り愛、炎」(午後11:15)を放送。「奪い愛」シリーズや「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)で脚本を手掛けてきた鈴木おさむが手掛ける恋愛ドラマでは、タイトル通り、ありえないほど激しい“殴り合い”が見どころとなる。

 婚約者を愛し抜く主人公・明田光男(山崎育三郎)を中心に、嫉妬、誘惑、復讐(ふくしゅう)、裏切りなど、いびつな愛の炎に包まれた男女5人の激愛を描く本作。光男は神の手を持つといわれる心臓外科医で、過去に一度も人を殴ったことがない人格者だ。父の跡を継ぎ、病院の院長になることが確実視され、同じ病院で働く看護師の豊田秀実(瀧本美織)との結婚も直前に控え、何一つ問題のない人生を歩んでいた。しかし、手術を担当した患者・緒川信彦(市原隼人)は、高校時代の秀実が思いを寄せていた男性で、再び秀実の心が彼にひかれていくさまを目の当たりにすると、その心には嫉妬の炎が燃え上がる。

 注目の“殴り合い”のシーンは、なんとワイヤーアクションを取り入れたという。秀実と信彦の心がひかれ合っていくのをいち早く察知した光男は、猛烈な嫉妬心と執着心を燃え上がらせ、ついには信彦に向かって拳を振り上げてしまう。そこから互いに力強いパンチを繰り出し合い、殴られるたびにド派手に吹っ飛ぶという衝撃映像が展開する。

 おそらく恋愛ドラマ史上初となるこのシーンの撮影に挑んだ山崎は「僕が殴った時に、市原さんが6mくらい吹っ飛んでいったんです。ジャッキー・チェンの映画でしか見たことがないくらいの、すごいパンチですよ。最高の見せ場になったと思います」と自信たっぷりにアピール。

 一方の市原も「『あぁ、ここまで愛を貫き通すと、こうなるんだな』という“普段の生活では経験し得ないファンタジー”を、気持ちよく感じさせていただきました」と清々しい表情で撮影を振り返った。

 また、この2人の激しい撮影を目にしていた瀧本も「私を取り合っているというよりも、お二人が愛し合ってるんじゃないかと思っちゃうくらいの熱量で…(笑)。時折、私のことは忘れられてるんじゃないかなって思うくらいの迫力だったので、ぜひ楽しみにしていただきたいです」と猛プッシュした。

 さらに、「殴り愛、炎」前編の放送直前となる本日4月2日午後10:30頃から、山崎、瀧本、市原によるインスタライブが配信される。山崎のInstagramアカウント(https://instagram.com/ikusaburo_yamazaki?igshid=ui0c53b9uopp)から瀧本と市原のアカウントを招待し、3人で「殴り愛、炎」をより一層楽しめるクロストークを披露する予定だ。ここだけでしか聞けない撮影秘話が飛び出すかもしれない。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.