News ニュース

Snow Manが限界に挑む「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」舞台裏に密着2020/12/25

 12月25日にフジテレビで放送の「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(深夜1:15、関東ローカル)は、快進撃を続ける9人組アイドルグループ・Snow Manを特集。現在大ヒット上映中の「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」の裏側に密着し、Episode2「~To the limit~」と題しておくる。

 今年1月に念願のデビューを果たし、発売したシングルは2作連続でミリオンセラーという驚異的な記録を達成したSnow Man。リーダーの岩本照は「ここからは無限大。誰もが無理とかちょっと厳しいんじゃないかということにも挑戦していきたい」と話した。

 大きな期待とともに、万事順調に進むかのように思えたデビューイヤーだが、新型コロナウイルスの影響で、3月に予定していた待望のデビューコンサート、夏に予定していた舞台「滝沢歌舞伎ZERO 2020」の公演は中止となった。「滝沢歌舞伎 ZERO 2020」は、昨年デビュー前のSnow Manが主演に抜てきされ、彼らの名と実力を世に知らしめるきっかけにもなった舞台だ。公演を楽しみにしていたファンのため、舞台と映像を融合させた新しいエンターテインメント映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」として、臨場感あふれる映像を届けることが決定した。

 7月某日。公演が行われるはずだった東京・新橋演舞場では、グループ最年少で現役高校生のラウールによる創作ダンスのシーンの撮影が進められていた。ラウールは小学生の時、ダンスの世界大会で準優勝した実力の持ち主。昨年15歳でSnow Manのセンターになった。この日の撮影では、失くした恋を歌った曲「Maybe」にのせて、ソロパートをアドリブで踊ることになっていた。最も思いが乗るサビの部分で、ラウールは感情を爆発させ圧巻のダンスですごみを見せる。踊っている時に抱いていたイメージを聞かれ、ラウールは「架空の女の人、一番好きな女の人を思い描いていました。その人に恋したくてもできない。なんでだろう」とポツリ。「年齢って一つの肩書というだけ。表現したいことを表現して喜んでもらえるようにただ頑張る」と自身の矜恃(きょうじ)を告白。

 「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」の最大の見せ場の一つである“腹筋太鼓”も本番に。上半身裸で、腹筋で体を支え続けながら太鼓を打つ、高い身体性をもってもなおギリギリまで追い込まれる演目だ。しかも舞台とは違い、映画撮影では何度もテークを重ねなければならない。バチを強く握りしめ打ち続けるメンバーの指の皮はむけ、強い痛みが走る。それでも懸命にたたき続ける。映像化ならではの過酷な試練に、9人は限界まで力を振り絞り出して挑む。渡辺翔太は「学校みたいなもの。パフォーマンス面での成長も『滝沢歌舞伎』だと思いますし、人としての部分も、全部いっぺんに学べる場所」と明かした。

 鍛錬を積み、実力を磨いてきた9人が見せるパフォーマンスとは? 舞台と映像の融合という新たな表現を目指し突き進むSnow Manの心血を注ぎ奮闘する日々を追う。

 なお、FODプレミアム(https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/information/ser3547/)では、放送直後から最新回はもちろん、過去話もすべて配信中。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.