News ニュース

“天ラブ”主演の濱田龍臣にインタビュー!「恋愛は…どちらかと言うと積極的な方かも」2020/03/14

 FBS福岡放送では3月15日に、開局50周年スペシャルドラマ「天国からのラブソング」(午後3:00)が放送される(BS日テレでは3月20日午後7:00)。

 同級生ともなじめず、鬱々(うつうつ)とした日々を過ごす、男子高校生の光井天星(てんせい)。祖父・浩(こう)は奇想天外な性格で、天星にとっては恥ずかしい存在だった。ある日、クラスのマドンナの気を引きたいという思いから「文化祭でヒーローになりたい」とテレビ番組へ応募。その番組制作スタッフとの出会いをきっかけに、天星は知られざる祖父の素顔を調べ始め、浩の家族への“愛”の偉大さに気付く。生前の浩からギターを誘われても断っていた天星だったが、浩と“セッション”したいと思うようになる。

 本作は、同局の人気番組「ナンデモ特命係 発見らくちゃく!」(月曜深夜0:54)に、実際に寄せられた依頼を基に作られており、“名作”と名高い放送回だったということもあって、放送前から大きな話題となった。主人公・天星を演じるのは若手実力派俳優・濱田龍臣。そして祖父・浩は福岡出身の個性派俳優・イッセー尾形が演じる。そのほか、市毛良枝、西尾まり、矢本悠馬、田山涼成、吉岡秀隆と脇を固めるキャストも豪華な布陣だ。

 このほど、プロモーションのために来福した濱田に話を聞いた。

今日はよろしくお願いします。ドラマを拝見して…とても感動しました! 「博多弁が上手だな~」と感じました。

「ありがとうございます。でもやっぱり普段しゃべる言葉と違うものは、つい何度か間違えましたね。(方言指導の)先生に『天星くん今のちょっと違うね~』って言われてました」

母・伊都子役の西尾さんとは映画「ハイヒール革命」でも親子役として共演されていますよね。3年ぶり、2回目の共演はいかがでしたか?

「あの時より僕もだいぶ身長が伸びていたので『おっきくなったね~』って言われました。あの時もそうでしたけど、気さくで優しい方でしたね」

ほかに、共演者の中でよく交流されていた方っていますか?

「クラスメートで仲良しの役だった五代(瑛)くんと鹿毛(喜季)くんですかね。僕ら、ほぼ同年代で。ゲームの話とかですごい盛り上がってました」

福岡のロケはどのくらいだったんですか?

「福岡には何度かお仕事で来たことあるんですけど、今回は2週間くらいいました」

福岡といえば“博多グルメ”ですが、堪能できましたか?

「撮影が早く終わった時とかは、1人でフラっとご飯食べに行ったりしてました。人に聞いたり、ネットで近くにないかなって調べたりして」

では、続いて濱田さんのプライベートなことも少し聞いちゃいます。作中で天星とおじいちゃんって好きな人へのアプローチが真逆だと思うんですが…濱田さんは、ご自身の場合だと天星、おじいちゃんどちら派だと思いますか?

「え~…どっちだろう(笑)。どちらかと言えば“おじいちゃん派”ですかね。たぶん…そうだと…。好きな人ができたらどうなるかな~。自分をそこまで客観的に見たことがないので…自分でどうなるのかは分かんないですけど。でも積極的な方なんじゃないかな?って思います」

ドラマの天星は遠慮がちな男の子という印象を受けます。恋愛に関しては積極的な方だと思うということですが、逆に自分と天星の似ていると思うところはありますか?

「学校での過ごし方は似ているなって思うところがありました。僕、中学校の頃結構あんな感じだったんですよ。みんな騒いでいる中、そことは別で2、3人の決まった友達とつるんで…ゲームの話とかしてましたね」

今回の作品は「愛」をテーマにした作品ということで、一つお聞きしたいことが…。福岡の女性から言われてうれしい“博多弁”とかないですか?

「(笑)。言われてうれしい博多弁…。『好き』っていうのを『好いとうよ』って言うんですよね?」

(近くに居た藤谷拓稔監督より)「“いざ”っていう時にとっておく…みたいな。あざといやつよ」

「僕はじゃあ“あざとさ”にだまされていたわけですね(笑)。そういうことか(笑)」

(藤谷拓稔監督より)「あれ、県外用(笑)」

「あれ県外用なんですね…。そっか…(笑)。まぁ…それでも『好いとおよ』って言われてみたいですね(笑)」

ありがとうございます(笑)。では…話は変わって、今年20歳になる濱田さんですが。子役からずっと活動され、最近は高校生だったり、女装をしたり…とさまざまな役に挑戦されていますが、今後どういう“大人”になりたいですか?

「そうですね。役者としては、今までも結構いろんな役をやらせていただいているんですけど。見た人が『この人でよかった!』っていっていただけるような役者になりたいなっていうのは常々思っています。どんなにやっても終わりはないんじゃないかな?とは思うんですけど。もっともっと自分の中で伸びていけるように、芝居の雰囲気とかを広げていけるような役者になっていきたいですね」

では最後に、15日に全国に先んじて福岡で放送されますが、見どころなど教えてください。

「(モデルとなった『発見らくちゃく!』を)見たことのある方も多いと思うんですけど。でもその番組だけでは見られなかったところまで、すごく丁寧に描かれているドラマだと思います。周りのキャストの皆さんもとても豪華な方々に囲んでいただいています。イッセーさんの『お好きにどうぞ』という言葉に、大号泣していただければ…と思います」

ありがとうございました!

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.