News ニュース

水川あさみが官能ラブロマンスに挑戦! 村山由佳原作「ダブル・ファンタジー」で新境地開拓2018/02/22

 今夏、WOWOWプライムで放送する「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」(開始日時未定)で、水川あさみが主演することが決まった。直木賞作家・村山由佳氏が“女性の性欲”を赤裸々に描き、各文学賞を総なめにした官能ラブロマンスをドラマ化したもので、性愛を突き詰めた内容から映像化は困難とされてきたが、今年35歳を迎える水川が数々の官能シーンに体当たりで挑む。束縛から飛躍しようとする女性の感傷と覚悟の様子を繊細に体現している。

 水川が演じるのは、夫がいながらも満たされない日々を送る人気脚本家の高遠奈津。夫以外の男性を次々と乗り換え、欲望に正直に生きる奈津の姿を大胆かつしたたかに、そしてもろく表現。欲望に忠実に踏み出した奈津の先にあるのは、果たして幸福か、それとも孤独か?

 奈津が今までの生活を捨てるきっかけとなるカリスマ演出家・志澤一狼太を村上弘明、大学時代の先輩で奈津に思いを寄せる新聞記者・岩井良介を田中圭、奈津を支配しようとする夫・省吾を眞島秀和、野心に燃える若手役者・大林一也役を栁俊太郎が演じる。さらに、幼い頃から奈津を縛りつける威圧的な母親・紀代子を多岐川裕美、奈津が唯一心を開いている編集者・岡島杏子役を篠原ゆき子が務める。

 水川は「女というものがもろに表立った作品。今まで縁のなかったような役柄が私のところに来たことに、まず驚きました」としながらも、「欲望に正直に生きることは自分の自由をつかみ取るということ、それは孤独ということ。私なりに今の精いっぱいをさらけ出し、奈津を演じることはチャレンジでした。良い意味での不快感を味わっていただけるとうれしいです」と、新境地開拓を楽しんでいる。

 原作者の村山氏は「もしかすると同性からさえ後ろ指をさされかねないこの難役を、大きな覚悟で受けて立ってくださった水川あさみさん、そして地上波ではまず望めない大胆さと細やかさをもって、見事な人間ドラマに織り上げてくださった御法川修監督に、心からの感謝と称賛を捧げます」と感謝。当の御法川監督は「見る人の性愛に対する琴線を震わせる、もの狂おしいドラマとなるはずです」とアピールした。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.