News ニュース

毎熊克哉が浜辺美波主演「ドクターホワイト」のキーパーソンに! 失踪した外科医役2021/12/21

 毎熊克哉が、フジテレビ系で2022年1月17日スタートの連続ドラマ「ドクターホワイト」(月曜午後10:00=関西テレビ制作)に出演。突如行方をくらました外科医・高森勇気を演じることが分かった。

 ドラマの原作は「金田一少年の事件簿」などのヒットドラマの原作を手掛けた樹林伸氏の小説「ドクター・ホワイト千里眼のカルテ」「ドクター・ホワイト神の診断」。本作では、複雑化をたどる病因を鮮やかに解決する画期的な医療小説を、痛快にドラマチックに、時にコミカルに映像化する。

 医師の誤診という、誰にでも起こりうる不条理な事象に向き合い、医師とはかけ離れた存在の主人公が、卓越した医学の才能で多くの命を救っていく新感覚の医療ミステリーで、医者を凌駕(りょうが)する医療知識を持ちながら、記憶喪失で社会性が皆無で謎に包まれた正体不明のヒロイン・雪村白夜を浜辺美波が演じる。

 毎熊が扮(ふん)する勇気は、高森総合病院の院長・高森巌(石坂浩二)の息子で、内科医・麻里亜(瀧本美織)の兄。病院を支える優秀な外科医で将来を嘱望されていたが、数年前病院を去り、現在は家族に居場所を告げず、失踪している。周囲から頼りにされ、尊敬されていたキャラクターであり、物語の重要な鍵を握る。

 毎熊は「白夜を中心に、くせ者ぞろいのCDT(総合診断協議チーム)メンバーたちがぶつかり合いながらも、次々と患者を救っていくのはとても爽快です! そして白夜の正体と勇気の謎も最終話までお楽しみいただけると思います」と作品の印象を明かし、撮影に向けて「このドラマのCDTメンバーは原作を読ませていただいた印象よりも、さらに癖のある強烈なキャラクターたちだなと思います! 僕の役も皆さんに会えるといいのですが」と期待を寄せる。

 そして、演じる勇気については「周りからはとても優秀な外科医として期待されていて病院の跡継ぎも任されていますが、本人の承認欲求は極めて乏しく、医者として自分の立場を確立していくことよりも、純粋に医学や医術の可能性を追い求める研究者でいる事の方が性に合ってる、というのが本音なのかなと思います」と語り、「2022年始めのドラマ。今年頑張ろう!と思っていただけるような面白くて、みんなの命のことを考えられるようなすてきな作品にできるよう僕も頑張って臨みます」と意気込んでいる。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.