News ニュース

森進一が赤裸々に語る! 波瀾万丈な歌人生2021/11/25

 BSテレ東では12月5日に「栄光の昭和歌謡 森進一デビュー55周年 出会いの歌人生」(午後7:00)を放送。番組では、2時間半におよぶロングインタビューを実施し、これまでの出来事やゆかりの人との出会い、これからを赤裸々に語る“人間、森進一”に迫る。

 森は、デビュー55周年、歌謡曲の黄金期といわれる昭和歌謡を彩り、今もステージに立つ。今年74歳で、数え切れないヒット曲を持つが、その歌人生は波瀾(はらん)万丈。それでも森は「昔があるから今がある」と言う。さらに、猪俣公章さん、古賀政男さん、美空ひばりさん、岡本おさみさん、阿久悠さんとの秘話も語り、独自の人生論などを、そのヒット曲と共に紹介していく。

 デビュー時の心境について、森は「マスコミで“一発屋”とか“ゲテモノ”とか書かれて。そんなに長くは続かないなと思っていた」と振り返る。また、子どもの頃に母が離婚し、「長男がやっぱり家族を支えていくのが当たり前だと思って、もう夢とか希望とかね、持てる状況じゃなかったです」としつつ、最愛の母を亡くした際は「僕の今までやってきたことは何だったんだろうって思いました。弟と妹をどうしようかって。でも、自分がしっかりしなきゃしょうがない。手探りの人生でしたね」と苦労をにじませている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.