スペシャルインタビュー

特集

神木隆之介&浜辺美波&中村倫也が映画「屍人荘の殺人」で共演! それぞれが感じた、お互いのミステリーな部分とは?

 人気ミステリー小説の実写映画「屍人荘の殺人」で共演の神木隆之介、浜辺美波、中村倫也に、それぞれの役どころについてや、自身が作りたい愛好会、お互いにミステリーだと思う部分などについて聞いた。

──皆さんが演じる葉村(神木)、比留子(浜辺)、明智(中村)は、同じ大学に通う役どころですね。

神木 「大学に憧れていたのでうれしかったけど、僕はいつも心が中二なので精神年齢を大学生まで上げるのが大変でした(笑)」

中村 「僕は、明智は年齢不詳というか、社会に出たくなくてずっと大学にいる人だと思っていたので、36歳ぐらいだと思って演じていましたね」

浜辺 「私は年相応の役ですが、お二人が年上なので、自分だけすごく年下に見えないかと心配でした。大学は行っていないので、実際はこんな感じなのかな、楽しいなと思いながら、自然体で演じられたと思います」

──葉村と明智はミステリー愛好会所属ですが、もしご自身で愛好会を作るなら、どんなものがいいですか?

神木 「机上旅行愛好会! 鉄道好きなので、もし大学に入ったら絶対に作りたかったんです。皆がそれぞれ行きたい場所を決めて、ルートを時刻表で調べてプランを組んで発表するんです。そして休みの日には抽選で誰かのプランを実行!」

浜辺 「楽しそう!」

中村 「興味ある。俺は…地図答え合わせ愛好会。地図を見るのが好きで、子どもの頃は地図帳を見て、家の前の道をどこまで行ったら行き止まりになるのかなって遊んでたの。そういうのを本格的にやりたい」

神木&浜辺 「へぇ~!」

浜辺 「私は…今めちゃくちゃ虫に刺されていて。だから、虫よけを発明する愛好会(笑)」

中村 「虫よけ、売ってるじゃん」

浜辺 「効かないんです…。だから独自に研究したいですね」

神木 「化学クラブっぽいね」

──ではお互いに「ここがミステリーだな」と思う部分は?

中村 「べーさん(浜辺)はとにかく面白い!」

神木 「あまり人が思いつかないようなことを思いつくし」

浜辺 「お二人には負けますよ!」

神木 「たしかに倫くん(中村)もすごい。僕は本当普通なので…」

中村 「いやいやいや。3人の中では、俺が一番の常識人だから」

神木&浜辺 「えぇー(笑)!」

浜辺 「あ、でも常識人というか、カフェでナポリタンを食べるシーンの時、食べやすく取り分けてくれて。何かと面倒を見てくださるのでありがたかったです」

中村 「だってべーさん、なんかロックなんだもん。一番の常識人の俺が推測すると、実はどこか“無茶したい願望”があるんじゃないかなって」

浜辺 「自分のキャパが分かっていないだけだと思います…(笑)」

中村 「リュウ(神木)だってかなり面白いよ。例えば…気に入ったものまねをずーっと繰り返すクセがあるでしょ?」

神木 「はい、たしかに撮影中、関暁夫さんのものまねを6、7時間やっていました(笑)!」

浜辺 「あれはすごかった…」

中村 「常識人の俺が思うに(笑)、好きなことを皆にも共有したいという男の子心が強いと思う」

浜辺 「なるほど~」

神木 「倫くんは常識人って言ってるけど、相当ミステリー(笑)。何を考えているか分からないし、最初はそこがちょっと恐怖だったけど…たぶん何も考えてないだけなんだろうな、って(笑)」

中村 「あはは」

浜辺 「今回、ロケで山に行った時、中村さんがすごく遠くを見ながら『あそこにサルがいるのかな』って言って(笑)」

中村 「本当にいたんだよ。2人は見てないけど、群れがいたの」

神木 「本当に!?」

浜辺 「私、試されてるのかな?と思いました(笑)」

神木 「分かる。これ、どうリアクションしたらいいんだろうって思うときがあるよね」

浜辺 「見透かされている感じがして、毎回ドキッとしますね」

神木 「突拍子もないことを言い出す感じはあるね(笑)」

中村 「そうなの? じゃあ、3人とも変わってるのか」

浜辺 「そういうことですね(笑)」


【OUR MOVIE~ハラハラドキドキ】

神木 「僕は『パラノーマル・アクティビティ』(’10)かな。ホラーは好きじゃないけど話題になっていたし、撮影の仕方に興味があって見たらすごく怖かった。じわじわくる恐怖というか」

中村 「あれ、演じる役者が大変だなと思いながら見ていたなあ」

浜辺 「私は『新感染ファイナル・エクスプレス』(’17)です。スマホで見たのですが、あのサイズなのに迫力があってドキドキしたし、感動してめちゃくちゃ泣いちゃって」

神木&中村 「へぇ~!」

中村 「泣くことあるんだ」

浜辺 「泣きますよ~!」

中村 「意外だなぁ。僕はいっぱいあるけど、いつ見ても『スピード』(’94)はハラハラする。バスが時速80キロ以下になると爆発するっていう」

神木 「あ、見たことある!」

中村 「あの映画がはやったから、“○○したら○○する”みたいなクライムムービーが一時期ブームになったよね」


【プロフィール】 
神木隆之介(かみき りゅうのすけ)
1993年5月19日埼玉県生まれ。牡牛座。B型。大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(NHK総合)に出演中。12月4日より出演舞台「キレイ─神様と待ち合わせした女─」が東京、福岡、大阪にて上演される。’20年1月17日に映画「ラストレター」が公開待機中。
浜辺美波(はまべ みなみ)
2000年8月29日石川県生まれ。乙女座。B型。アニメ映画「HELLO WORLD」が公開中。’20年には出演作「思い、思われ、ふり、ふられ」が8月に公開されるほか、冬公開の映画「約束のネバーランド」にて主演を務める。
中村倫也(なかむら ともや)
1986年12月24日東京都生まれ。山羊座。A型。’20年に主演映画「水曜日が消えた」が公開。ほかドラマスペシャル「不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事(仮)」(テレビ朝日系)、映画「影裏」「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」と出演作が控える。
【作品情報】 
「屍人荘の殺人」 
12月13日公開
原作/今村昌弘 監督/木村ひさし 脚本/蒔田光治 出演/神木隆之介 浜辺美波 中村倫也ほか

大学のミステリー愛好会に所属する、万年助手の葉村譲(神木)と会長の明智恭介(中村)は、謎の美人女子大生探偵・剣崎比留子(浜辺)から脅迫状の届いたロックフェス研究会の合宿に誘われる。宿泊先の「紫湛荘」を訪れた3人は異常事態に見舞われ…。
【プレゼント】
サイン入り生写真を2名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募締切:2019年12月4日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」12/6号(P120)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://zasshi.tv/category/TVG

取材・文/四戸咲子 撮影/須田卓馬 
ヘア&メーク/MIZUHO[vitamins](神木)、鎌田順子(浜辺)、Emiy(中村) スタイリング/百瀬豪(神木)、瀬川結美子(浜辺)、小林新[UM](中村) 衣装協力/no.(神木)、アビィ(浜辺)





キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年12月13日号
発売日:2019年12月4日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:TOKIO×嵐

新着連載

PAGE TOP