Feature 特集

「麒麟がくる」望月東庵役の堺正章、斎藤道三を演じる本木雅弘との対峙で思ったこととは?2020/02/09

 大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合ほか)の第4回(2月9日放送)は、望月東庵(堺正章)と斎藤道三(本木雅弘)、そして織田信秀(高橋克典)の心理戦が、実に巧みでしたよね! 第4回の演出を手掛けた藤並英樹さんが「道三と東庵、信秀と東庵の腹の探り合いは、堺さんと高橋さん、本木さんという熟練の役者さんたちが本当に化かし合っているような感じだった」とおっしゃっていた、それらのシーンを東庵役の堺正章さんはどのように演じられたのか。気になる撮影エピソードを伺いました。

──道三から脅迫同然で、今川義元(片岡愛之助)との戦いで傷を負った信秀の様子を探れと言われた東庵が、ひるむことなく、むしろ借金を肩代わりさせるシーンは目が離せませんでした。

「東庵は心の中で、道三は絶対に首は斬らないと読んでいます。道三は情報が欲しいので、東庵を殺してしまうと何の情報も得られませんから、絶対に首は斬らない。東庵にしても借金を返すためには、道三は大事な男ですからね。道三をも手玉にとりつつ、情報を与え、信秀を視察し、また道三に情報を与えていく…東庵は不思議な役どころです。でも、もしあの時、道三に斬られていたら、あそこで僕は最終回でしたからね(笑)。生き延びることができてよかったです。あの頃は命はとても軽いもので、毎回戦死や病死で次から次へと人がこの世を去っていきます。その時代を成した男たちでも、やっぱり健康や寿命にはかなわないところがありますから、ドラマの中でも命を預かる医者は、大事な役どころだと思います。本木雅弘さんは道三をとてもエネルギッシュに演じていますが、それは光秀をどのように盛り立てていくかということの裏返しだと思います。道三はとても豪快で、ずうずうしい男ですが、“静”と“動”のうち、“動”を道三が演じることで、そこに動じない光秀の姿がより引き立つような気がします。本木さんとは、大河ドラマ『徳川慶喜』以来の共演です。顔の距離がとても近かったから、抱きしめてやろうかと思いました(笑)」

──一方、東庵が尾張へ向かい、信秀と対面するシーンも、その場で殺されてしまうこともあり得るのに、ひょうひょうとしている姿が印象的でした。

「道三と信秀、どちらが手強いかというと、信秀の方が僕にとっては手強い相手です。信秀と双六で対決しますが、それは小さな戦のようでした。賭け事をしている時、人はどこか気を許してしまうことがありますので、そこから何か情報を得たり、その得た情報をどう生かしていくのか、今回はその序章に過ぎないのではないかと思います。高橋克典さんの演技も、迫力のある智将という感じでした」

──堺さんは東庵をどのようにご覧になっていますか?

「東庵は、僕の中ではまだ謎の人物で、演じるのがとても難しいです。武将ではなく庶民ですし、どこか不思議な存在ですから、戦国の世でこれからどういかされていくのか、これからとても楽しみです。もしかすると宇宙人なんじゃないかと(笑)。武将たちのシーンは本音と建前が交錯しますが、東庵のシーンは、身構えずに少しリラックスしてご覧いただける、ホッとできる時間です。現代にも通じる生活感をうまく演じることができればと思います」

──ありがとうございました!

 血の気の多い名将たちをものともせず、うまい具合に渡り歩いていく東庵は、光秀を導いていく存在でもあるとのこと。今後、東庵が光秀にどんな影響を与えるのかも気になるところです。

【番組情報】 

大河ドラマ「麒麟がくる」
NHK総合 日曜 午後8:00~8:45ほか
NHK BS4K 日曜 午前9:00~9:45ほか
NHK BSプレミアム 日曜 午後6:00~6:45

NHK担当 K・H

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.