Feature 特集

村田富江役・黒島結菜が「いだてん」でも駆け抜ける!「『アシガール』よりレベルアップしました」2019/06/15

 女子スポーツの黎明期の物語が始まっている「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(NHK総合ほか)。6月9日の放送では、村田富江(黒島結菜)が女子陸上大会のハードル走で靴下を脱ぎ、素足で走ったことが原因で、金栗四三(中村勘九郎)が学校を辞めさせられるかもしれないという事態に。それを聞いた女学生らが立ち上がり、教室に立てこもってしまいました。今回は、その靴下を脱いだ女学生・富江を演じる黒島さんにインタビューしてきました! 富江は実在の人物ではなく、その当時の女学生をモチーフに作られたオリジナルキャラクターです。ちなみに、生徒たちが四三のことを「パパ!」と言っているくだりは史実なんだそうです。

──黒島さんは第1回から「いだてん」をご覧になっているとのことですが、黒島さんから見た四三の魅力とは?

「四三さんは一視聴者として毎回頑張れと応援したくなる人柄です。四三さんの一生懸命なところや素直で純粋に物事に取り組んでいる姿は、現場で見ていても熱いものを感じていて、すごく魅力的だと思っています」

──一方、今回演じていらっしゃる富江は、最初は四三に反発していて、次第に慣れ親しんでいく役どころです。富江にとって四三はどんな存在だったと思いますか?

「最初は、短パンとTシャツで『スポーツしようよ』と言ってきて、本当に嫌だと思っていたけど、四三さんの熱い思いを聞くうちに、一歩足を踏み入れたら抜け出せない“四三ワールド”みたいなものにハマっていきます。最終的には『播磨屋』の四三さんの家にずかずかと入って行ってスヤさん(綾瀬はるか)のいる前で足を触らせてくれなんて言ったりして。自然とそこまでの関係になれたのは、四三さんの人柄があってのことなのかなと思います。いつからかタメ口になっているし、パパって呼んでいるし、竹早の彼女たちの中で四三さんは割とすぐに信頼できる人になっていたのかなと思います」

──第21回(6月2日放送)では、やり投げをされていましたが、実際にやってみていかがでしたか?

「初めてやり投げをしたんですけど、練習の時に意外と飛んだんです。次はもっと遠くまで飛ぶかもしれないと思うと楽しくなりました。撮影でも真剣に遠くまで飛ばして、なおかつ地面にグサッって刺すことを目標にしていたんですけど、刺さらなくてちょっと悔しかったです。役の富江と同じように、より上を目指したくなる気持ちが自分にもあって、もっとうまくなりたいと思いました」

──富江が「くそったれ!」という、なかなかの暴言を吐きながらやり投げをする姿が意外で面白かったのですが、あのシーンはどうでしたか?

「台本を読んだ時に『こんなこと言うのか!』と思いました。富江は、お父さんが医者のお嬢さまで礼儀正しい娘なのかなと思っていたのに、いろいろたまっているんだなと思って(笑)。『くそったれ!』というせりふはお芝居している時に大丈夫かなと心配になり、『これで合っていますか?』と監督に聞いたら、もっともっとって言われたんです。実際、『うおりゃー』とか『うおー』と声を出してやると体もノッてくるので、声を出すことは大事なんだなと思いました。やっていて気持ちよかったし、清々しかったです(笑)」

──第23回(6月16日放送)では、ボイコットしていた富江たちが、四三やシマ(杉咲花)の提案で、父・大作(板尾創路)とかけっこで勝負するという場面がありますが、そのシーンはいかがでしたか?

「走るのは好きだし、自信がありました。疲れてもいいから、一生懸命全部全力で走ろうと思って走りました。意地を張って何回も、『もう1回もう1回』と言うお父さんに対して、『もういいでしょ』という気持ちになりましたが、それでも食いついてくるお父さんに、娘としても先生を守るためにも、負けていられないなという気持ちもあって。最後はお父さんを引っ張りながら、ごきげんようと手を振って去るんですけど、複雑で切なくなりました。四三先生が辞めさせられなくて済むということはうれしいけど、お父さんはお父さんだし、一緒に帰るからこその微妙な寂しさとうれしさとが混ざった複雑なシーンでした。みんなで力を合わせて一つのことをやり遂げる雰囲気で、一体感があったのですごくいい現場だったなと思います」

──ちなみに何回くらい走られました?

「勝負自体が5、6回だったので、全部合わせて10回以上は走ったと思います。結構走りました(笑)。まだ寒い中で足を出して走るのは、なかなか厳しかったんです。その時、勘九郎さんが寒いからこれ使ってと氷嚢(のう)にお湯を入れたものをくださって。勘九郎さんの優しさも感じました」

──黒島さんは軽やかに走られたと思うんですけど、お父さんを演じる板尾さんは大変だったのではないかと思ったのですが…。

「はかまをはいて、たすき掛けをして走っていて、着物もそうですけど、『頑張っている!』と思いました(笑)。2人ともへとへとになるので、裏では『頑張りましょう!』と健闘を称え合っていました」

──黒島さんといえば、「アシガール」(NHK総合)でもすてきな走りを見せていらっしゃいましたが、「いだてん」で走ってみてどうでしたか?

「『アシガール』の時は、結構過酷な山道や川の中をわらじで走っていたけど、『いだてん』は靴があってグラウンドがあって、さらに靴もスパイクみたいに裏に針がついていて靴下もちゃんと履けたので、大きくレベルアップしました(笑)。『いだてん』で皆さんからたくさん走っていて大変そうとか、体を張っているとよく言われるんですけど、『アシガール』で何度も走っていた分、これぐらい余裕だという気持ちになっていて、どれぐらいでも走れるし、転ぶお芝居も大丈夫です(笑)」

──可児徳役の古舘寛治さんは、「アシガール」でお父さん役でしたが、「いだてん」でご一緒する機会はありましたか?

「ありました。関東大震災の後に復興の意味で大運動会が行われるんですが、リレーをみんなで応援している時に目の前に古館さんがいらっしゃって『いやー、うれしいよ。またこうして一緒に』とおっしゃっていただきました」

──まさかの「アシガール」親子共演が見られるということですね(笑)。さて、黒島さんが演じた富江は、日本女子スポーツの源流ともいえる方だと思うのですが、今活躍している女子アスリートについて思うことはありますか?

「私自身小さい時からスポーツには慣れ親しんでいて、女子がスポーツをすることが当たり前の時代だったので何の疑問もなくやっていました。女子がスポーツをすることがなく、シマ先生が朝方こっそり走っていたように、こそこそ運動をしなきゃいけなかった時代があったことが驚きでした。今、世界中で活躍されている方々がたくさんいて、女子マラソンでもおへそを出したりしていて。もし昔の人がタイムスリップしてきてその姿を見たら、本当に衝撃的なことなのだろうなと思います。こういうことがあったから今につながっているということが知れたし、女子がスポーツに目覚めるちょうど大きく変わる時期を演じることができて良かったです」

──富江たちは、自作のユニフォームを作って試合に臨みますが、実際のユニフォームは着てみていかがでしたか?

「めちゃくちゃかわいいんですよ。真っ白の襟がついたブラウスっぽい形で、フレアスカートで中にタイツみたいなものを履いているんです。本当に見た目重視で、運動には適していない格好だと思うんですけど、かわいくて着ていてテンションが上がったので、見た目から入るっていいなって思いました(笑)。テニスが上品なスポーツというのは、この時代からもう出来上がっていたのかもしれないと思うほど、奇麗なワンピースでした」

──あの時代のスポーツ界のアイドルについて思うことはありますか?

「みんなとミルクホールでお茶をしながら、どうしたら奇麗な筋肉のついた脚になれるのかという話をしている時に、こっちを見ている外の男子学生たちに手を振ってたり、アイドルというか、一躍時の人みたいで。自分たちの作ったユニフォームが百貨店に展示されることは、今考えてもすごいことですよね。それぐらいの珍しさみたいなものがあったのかなあと思うと、その当時、富江のようなことをやった人はすごいなと思います」

──最後に、これからの見どころをお願いします!

「女子スポーツの始まりという意味でどういうふうに女子たちが変化してスポーツの楽しさに気付き、四三さんがそれをどういうふうに広めていくのかが見どころになってきます。一気に『いだてん』に女子が増えて、今までと違う雰囲気になってくると思います。画面も奇麗なかわいい女の子たちがいっぱい出てくるので楽しみにしてほしいです」

──ありがとうございました! 「アシガール」でも存分に発揮された黒島さんの走りを「いだてん」でも楽しみにしています!

 6月16日の放送では、インタビューにもあったように、富江が父・大作とかけっこで競争し、鍛えた女性は男性に勝てるということを証明します。お二人が何度も走ったというエピソードを思い出しながらご覧いただければ、さらに楽しめるに違いありません。

【番組情報】 

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」 
NHK総合 日曜 午後8:00~8:45ほか 
NHK BS4K 日曜 午前9:00~9:45ほか 
NHK BSプレミアム 日曜 午後6:00~6:45

HK担当 K・H

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.