Feature 特集

世界的ゲームクリエーター・小島秀夫が激白!6月29日に生誕100年となる“特撮の神様”レイ・ハリーハウゼンへの思い【後編】2020/04/03

 「特撮の神様」と呼ばれ、スティーヴン・スピルバーグやジョージ・ルーカス、ジェームズ・キャメロンなど、数々の映像作家や技術者に多大な影響を与えてきたレイ・ハリーハウゼン(※1)。「メタルギア」シリーズなどで世界的に高く評価される、日本を代表するゲームクリエーターの小島秀夫も、ハリーハウゼン作品からは少なからず影響を受けていると語る。

「たとえば『メタルギアソリッドⅤ ファントムペイン』の直立二足歩行兵器メタルギア・サヘラントロプスが登場するシーンは、『アルゴ探検隊の大冒険』の巨大ブロンズ像・タロスが島の岩場から出てくるシーンを参考にしています。まあ、ハリーハウゼンの作品はみんなが模倣していますから、きっと僕だけじゃないですよね(笑)。それと、DVDやBlu-rayに収録されているメーキング・ドキュメンタリーがありますよね。仕事で疲れて精神的にしんどくなった時は、あれをよく見るんですよ。ハリーハウゼンのストップモーション・アニメと、僕らがゲーム制作でやっていることって、実はアナログかデジタルかの違いだけで、作業の基本はあまり変わらないんです。コンピューターの3Dモデルにも関節が付いていて、どこまで曲がるかなどが全部決まっていて、それを1コマずつスタッフが動かしていく。ハリーハウゼンが人形でやっていたことと一緒です。なので、ものすごく根気のいる孤独でつらい仕事なんですよ。しかも、僕は責任者でもあるので、不安や悩みがあってもスタッフにはなかなか言えないじゃないですか(笑)。そういう時に、ハリーハウゼンの苦労した裏話などをドキュメンタリーで見ると、自分だけじゃないんだなと思えて元気が出るんです」

「それと、ハリーハウゼンの作品は完成するまでに長い時間がかかる。俳優さんたちのパートを撮り終えても、その後のストップモーション・アニメの制作に1年から2年を費やす。僕らもパフォーマンス・キャプチャー(※1)という技術があって、俳優さんを使って撮影するんですけれど、普通の映画が撮影から半年後ぐらいで完成するのに対し、僕らのゲームは全ての作業を終えて発売されるまでに2~3年かかるので、俳優さんに『まだやっていたんですか!?』って驚かれるんです。そうしたら、ハリーハウゼンもインタビューで同じようなことを話していて、親近感を覚えましたね(笑)。それにしても、僕らはデジタルだから後からいくらでも修正可能ですけど、ハリーハウゼンはフィルムだから直しがきかない。それは大変だったろうと思います」

 そんなハリーハウゼンが手掛けた数々のフィルモグラフィーの中で、最も好きな作品に小島は「アルゴ探検隊の大冒険」を挙げる。

「特撮のパートが素晴らしいだけでなく、映画としても抜群に面白い。おそらくハリーハウゼンの作品の中でも最高傑作だと思います。アルゴ船(※2)の先端に女神・ヘラ(※3)の顔が付いていますけれど、目が動いたりしてデザインもカッコいい。ああいう造形の宇宙船をいつか作ってみたいと思っているんです(笑)。ストーリーも次から次へとモンスターが出てきて、もうさすがにネタ切れだろうと思っていたら、最後に骸骨軍団が出てくる。これはゲームも同様ですけれど、この世にないものを描くって映画の大きな醍醐味の一つだと思うんですね。土の中から剣と盾を手に持った骸骨の兵士たちがはい出してくるなんて、それこそ小説で読んだとしても想像がつかないじゃないですか。今の若い人が見てもビックリするんじゃないかと思いますよ。どうやって撮ったんだろう?って。もし彼がまだ生きていたら、ぜひCGを使って映画を撮ってほしかったですね。どんなものを作り上げるのかと興味があります。そもそも、ハリーハウゼンがいなければ今のCGやVFXも存在しなかったのではないかとも思いますし。彼ほど特撮映画に大きな影響を与えた人はいません。できれば、直接お会いしてじっくりと話をしてみたかったですね」

※1:人間や物体の動作をデジタルで記録して加工する技術。
※2:ギリシャ神話にも登場する船。
※3:ギリシャ神話の主神・ゼウスの妻で天界の女王。

【プロフィール】

小島秀夫(こじま ひでお)
1963年8月24日生まれ。東京都出身。乙女座。A型。87年に手掛けたゲーム「メタルギア」が人気を博しシリーズ化、9作に携わる。最新作にプレイステーション4用ソフト「DEATH STRANDING」。今年4月に英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)より映像メディアに多大な貢献をした人物に送られる「フェローシップ賞」を受賞。

PS4用ソフト「DEATH STRANDING」
発売中 6,900円+税
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

取材・文/なかざわひでゆき 
撮影/中越春樹

【番組情報】

「世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す[カラーライズ版]」
シネフィルWOWOW 
4月5日 午前5:00~6:30 ほか

「地球へ2千万マイル[カラーライズ版]」
シネフィルWOWOW 
4月5日 午前6:30~8:00 ほか

「アルゴ探検隊の大冒険」
シネフィルWOWOW 
4月5日 午前8:00~10:00 ほか

「H・G・ウェルズのSF月世界探検」
シネフィルWOWOW 
4月5日 午前10:00~午後0:00 ほか

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.