Drama Guide ドラマガイド

となりのナースエイド2024/03/01

番組情報

1月10日 スタート 日本テレビ系 毎週水曜 午後10:00~午後11:00

あらすじ(第9話 3月6日放送)

大河(高杉真宙)が小夜子(永瀬ゆずな)の手術を行い、澪(川栄李奈)は胸をなで下ろす。しかし翌日、小夜子の母・早苗(小野ゆり子)が医大に怒鳴り込んできて、親の許可なく手術をした大河に「訴えてやる」と詰め寄る。澪は手術の正当性を主張するが、大河は何も言い返さない。一方、吐血して倒れた火神(古田新太)は駆け付けた娘の玲香(瀧本美織)に衝撃の事実を告げる。

キャラクター紹介

  • 桜庭澪(川栄李奈)
    星嶺医科大学附属病院・統合外科に配属された新米ナースエイド(看護助手)。患者の気持ちを第一に考え、何でも全力投球の頑張り屋。医療オタクで、やけに医療用語に詳しい。人のことに首を突っ込みすぎて、相手との距離感を測り間違えることもしばしば。実はある秘密を抱えている。
  • 竜崎大河(高杉真宙)
    星嶺医科大学附属病院・統合外科の医師。天才的なオペスキルを持つ技術至上主義で、「技術がない医者は、医者とは言えない」が口癖。患者の気持ちを第一に考える澪とは考え方が真逆で、もめてばかりいる。プライベートは謎に包まれているが、クールな顔とは別の一面がある。

出演者

川栄李奈/高杉真宙 ほか

スタッフ・音楽

原作:知念実希人「となりのナースエイド」(角川文庫)/脚本:オークラ/演出:内田秀実/演出:今和紀/チーフプロデューサー:松本京子/プロデューサー:藤森真実/プロデューサー:藤村直人/プロデューサー:森雅弘/プロデューサー:白石香織/プロデューサー:島﨑敏樹
主題歌:Awesome City Club「ヒカリ」

概要

川栄李奈がGP帯連ドラ初主演でナースエイド役! 高杉真宙とバディに

2024年冬ドラマガイド/となりのナースエイド

知念実希人の同名小説を、ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となる川栄李奈を迎えて映像化。誰よりも患者に寄り添うナースエイド(看護助手)が、患者を癒やし、支え、奮闘する病院ライフエンターテインメント。医療オタクで人との距離が近いナースエイド・桜庭澪を川栄が演じ、澪とぶつかりながらも、やがてバディのような関係になっていく謎に包まれた天才外科医・竜崎大河に高杉真宙が扮する。患者の気持ちを第一に考える澪と技術第一主義の大河はもめてばかりいるが、澪は大河との出会いによって、自分の生きる道を見いだしていく。しかし、そんな澪には想定外の秘密が。そして、大河にも壮絶な過去があり、物語は二転三転する。

記者会見情報

となりのナースエイド/会見

日本テレビ系の連続ドラマ「となりのナースエイド」の制作発表会見が行われ、主演を務める川栄李奈をはじめ、共演の高杉真宙、矢本悠馬、吉住、古田新太、小手伸也、水野美紀が登壇した。川栄演じる主人公・桜庭澪が“想定外の裏の顔”を持つことから「共演者の裏の顔」について質問が及ぶと、川栄が「高杉さんは体が弱い部分がある」と指摘。「よく体調を崩すのに、病院には行かず、ジムには行っている」と説明すると、高杉は、病院に行かないのは「ただ面倒なだけ」と弁明しつつ、ジムに通っているのを暴露されたことで「鍛えている過程がばれるのは恥ずかしい」と困惑。川栄はどんなに寒くても上着を着ないそうで「そのせいで風邪をひいている」と反撃した。6年ぶりの共演となる2人は息ぴったりで、反発し合う設定ながら掛け合いのテンポがよすぎるため、監督からずれている感じを出してほしいと言われていることも明かした。


澪の秘密が徐々に暴かれていく過程を楽しんでほしい(川栄李奈/桜庭澪)

「となりのナースエイド」会見:川栄李奈/桜庭澪

ナースエイドが、お医者さん、看護師さんのサポートはもちろん、患者さんの心に寄り添い、患者さんを救う病院エンターテインメントドラマです。ここにいるキャストの方々、そして一話一話にゲストの方がいるんですが、その方たちも本当にすてきで、とても面白いドラマになっています。そして、後半になるにつれ、サスペンス要素や、私(澪)が誰にも言えない秘密を抱えていたりして、その秘密も暴かれていくので、最後まで楽しんでもらえたらなと思います。(セリフをかんだりしない理由を教えてほしいと矢本から尋ねられ)撮影が始まる前に台本を覚えていて、今回は第3話まで台本をいただいたので、始まる前に第3話まで覚えていました。バタバタすることがないので、余裕を持ちながら撮影できています。暗記が人よりちょっと早いと言いますか、苦戦することがあまりないんです。そこはちょっとプラスかなと思っています。でも、昨日何を食べたとかは忘れちゃうんですけど(笑)。


川栄さんとのバディを楽しみに見てもらえるとうれしい(高杉真宙/竜崎大河)

「となりのナースエイド」会見:高杉真宙/竜崎大河

脚本、スタッフ、キャストの皆さんと、いろんな分野の掛け合いがすごく楽しみになるドラマなのかなと思っていて。コメディー感もあったり、物語が今後どうなっていくのか僕も気になるところなので、そこを楽しみに見ていただけたら。週の真ん中の水曜日。この病院エンタメドラマが、楽しく明るい内容の一方で、物語の展開が徐々にどうなっていくんだろうと、視聴者の方たちを引き込んでいけるドラマになっていると思います。川栄さん演じる澪と大河がどんなふうにバディになっていくかという部分も楽しみに見てもらえたらうれしいです。


小手さんの私服が面白くてツッコんでいます(矢本悠馬/菊池相馬)

「となりのナースエイド」会見:矢本悠馬/菊池相馬

僕自身も勉強不足でナースエイドっていう職業を知りませんでした。(水野から「“人見知りという魚”を矢本くんが全部食べてくれて助けられている」と言われ)俳優界のトビウオって呼ばれているので(笑)。でも、特に意識しているわけでなくて、水野さんが先輩として気さくにしてくださったおかげです。水野さんもすごくおしゃべりだと思いますよ。女性陣3人で盛り上がっていることも多いので、そこに溶け込もうと積極的に話しかけています。初対面時の小手さんの私服がラッパーのようだったのが面白くて、それ以来、現場で小手さんの私服について何かとツッコんでいます。


私だけスタッフに役名ではなく「吉住さん」と呼ばれて…(吉住/小野夏芽)

「となりのナースエイド」会見:吉住/小野夏芽

今回、初めてくらいにメインの役どころで出演させていただくので、芸人としてはオークラさん脚本ということで、コメディーの部分をちょっと頑張って担いたいと思っております。ほかの俳優陣がみんな役名でスタッフに呼ばれているのですが、自分だけ「吉住さん」と呼ばれるので、「お前、役に入り切れていないぞ、という遠回しな指摘なのか…」と気になっています。(「演じる役柄が吉住さんっぽいキャラクターだから」と水野がフォローすると)心が救われました。現場の居心地がいい。実家ぐらい。川栄さんが切っていない前髪を見て「前髪切りましたね」と声をかけてくれるんですが、気付いてくれてうれしいですね(笑)。そういうアンテナを張っているところがありがたいです。


少しでも早く帰りたいので、アドリブは極力しません(古田新太/火神郁男)

「となりのナースエイド」会見:古田新太/火神郁男

現場ではとにかく少しでも早く撮影を終えられるように努めています。(小手にアドリブが少ないことが意外だったと言われ)体のほとんどが“早く帰りたい”でできているので、アドリブは極力しません。みんなが楽しくやっているのを冷たくあしらっていますね。「最近グッときたこと」は、撮影が2時間巻いた(早く終わった)時にグッときましたね。


ポンコツな“クセ強キャラ”を精いっぱい演じたい(小手伸也/猿田弥彦)

「となりのナースエイド」会見:小手伸也/猿田弥彦

ポンコツのお医者さまを演じるということで、医療ものは4回目ですが、そのポンコツっぷりと“クセ強キャラ”というところを最初に言われていて、かなりハードルが上がっているんですけど、この前髪にかけて精いっぱい演じたいと思います。嫌われ者の役柄なので、あまりほかの共演者の皆さんと仲良くならない方がいいと思っているのですが、現場での空き時間に川栄さんからドーナツをねだられ、1人で近くのショッピングモールまでドーナツを買いに行きました。1人で大量に買うから、周囲から白い目で見られながら…。実は、古田先輩には泣かされた経験があって、芝居を見た古田さんに「お前は客向けの芝居ばっかりしている」とダメ出しをされ、悔しくて泣いてしまったんです。そこから反省して自制した芝居をしていたのですが、別の機会に「芝居がつまらなくなった」と言われて。また涙が出てきて、どうすればいいんだと分からなくなった。そこから10年ぐらい悩みましたが、いろいろ考え直したことで今があるので、面倒くさいなって思いましたが、今では逆に助けてもらったのかなと思っています。


矢本くんが現場を盛り上げてくれて、本当にありがたい(水野美紀/片岡晴美)

「となりのナースエイド」会見:水野美紀/片岡晴美

撮影現場の雰囲気については、ムードメーカーの矢本くんの存在(のおかげ)でとても明るいです。“人見知りという魚”を矢本くんが全部食べてくれて、チームワークという魚が生まれて、本当に助けられています。待ち時間もいろんなところにアンテナを張って、スタッフさんにも俳優陣にもツッコんだり、いろんなお話をしてくれる。現場を盛り上げてくれて本当にありがたいですね。「共演者の裏の顔」としては、以前違う作品の現場で、小手さんと私服が丸かぶりしたことがあります。カーキのTシャツ、黒のパンツ、黒いサンダルはブランドまでばっちり一緒で。それを懐かしく思い出していたら、今回現場に入ったら、矢本くんに小手さんが鬼のように私服をいじられていました(笑)。

この記事をシェアする


   
Copyright © TV Guide. All rights reserved.