Drama Guide ドラマガイド

漂着者2021/09/21

番組情報

7月23日スタート テレビ朝日系 毎週金曜  午後11:15~深夜0:15

キャラクター紹介

  • ヘミングウェイ(斎藤工)
    海岸に全裸で漂着した正体不明の男性。記憶喪失で身元が分かるものは所持しておらず、唯一の手掛かりは左足首に入ったタトゥーのみ。女子高校生3人に発見され、彼女たちが撮影した男の動画がSNSでバズり、“ヘミングウェイ”と呼ばれるように。予知能力らしきものがあり、世間を騒がせている事件を解決に導く。
  • 新谷詠美(白石麻衣)
    新聞記者。物おじせずに刑事たちへの夜討ち朝駆けもこなし、警察の不祥事を暴いてきたやり手。1人の女児失踪事件と、半年間に起きた5人の女児連続殺人事件の関連を疑い、取材を進めるうちにヘミングウェイの存在を知る。最初はスクープ狙いでヘミングウェイの正体を暴こうと取材を申し込むが、次第に彼の持つ不思議な能力に魅入られていく。

出演者

斎藤工/白石麻衣 ほか

スタッフ・音楽

脚本:神田優/脚本:ブラジリィー・アン・山田/演出:本橋圭太/演出:山本大輔/プロデューサー:横地郁英/プロデューサー:飯田サヤカ/プロデューサー:菊池誠/プロデューサー:岡美鶴
主題歌:Novelbright「優しさの剣」/挿入歌:中島美嘉「知りたいこと、知りたくないこと」

概要

秋元康×斎藤工の新感覚ドラマ! 正体不明の男が人々を狂信させる“教祖”に!?

2021年夏ドラマ「漂着者」

希代のヒットメーカー・秋元康が企画・原作を手掛ける新感覚ドラマ。海岸に漂着した正体不明の全裸の男が、世間を騒がせている事件を解決に導く予言をしたことから人々が熱狂。男がまるで“教祖”のように人々を狂信させていく中、その驚愕(きょうがく)の正体が明らかになっていく。主演は斎藤工が務め、人々から“ヘミングウェイ”と呼ばれるようになる記憶喪失の男を演じる。少女の失踪、猟奇的殺人などヘミングウェイの周りで連続する事件に、人々は勝手に彼の言葉尻を捉え、一方的に一喜一憂し狂乱。スクープを狙う新聞記者の新谷詠美(白石麻衣)や、彼が事件に関与していると疑う刑事らが男の素性を探る中、さらに不可解な事件が発生する。

記者会見情報

「漂着者」会見"  title="「漂着者」会見

テレビ朝日系の連続ドラマ「漂着者」のインスタライブと会見が行われ、主演の斎藤工が出席した。本作の印象について斎藤は、「新しい物語が活字として手元に届くたび、『うそでしょ!?』と驚くような要素が毎話ある。しかも、一過性の刺激的な展開にするためだけのものじゃなくて、非常にロジカルな背景があることに、また驚愕(きょうがく)するという…。そうやって物語と日々出合う衝撃が、記憶のない男を演じることと連動するので、このまま秋元(康)さんの手のひらで踊らされていたいなと思います」と、企画・原作を手掛ける秋元の手腕に驚かされていることを明かした。また、斎藤の全裸姿から物語が始まるという衝撃的なシーンで話題を集めていることに関して、「今は放送コード的にお尻をしっかりと映せないと聞いたのですが、なんとか『全裸漂着』はやりたいとお願いして実現しました」と自ら志願していたことを告白した。


なんとか「全裸漂着」はやりたいとお願いして実現しました(斎藤工/ヘミングウェイ)

「漂着者」会見:斎藤工/ヘミングウェイ

僕は、秋元康さんは未来が見えているある種の予言者だと思うのですが、このドラマが示唆するものが時代に合ってきてしまった気がして、恐怖に近い驚きのようなものを感じています。もちろん娯楽作品ですし、大変な日々の中、一服の清涼剤になることがエンターテインメントの役割だとは思うのですが、今だからこの作品が生まれた意味のようなものも感じています。最初にいただいたのはプロットという未来予想図のようなものだったんですけど、そこにも作品自体が漂着する場所が描かれていなかったんです。いざ撮影が始まると、新しい物語が手元に届くたび、「うそでしょ!?」と驚くような要素が毎話ありますね。今は放送コード的にお尻をしっかりと映せないと聞いたのですが、なんとか「全裸漂着」はやりたいとお願いして実現しました。そのシーンがクランクインだったということもあり、主役としての心意気もお伝えしたかったのと、漂着した僕を発見する役の方々もお芝居する上でもきっと違うだろうなと思ったので…(笑)。ただ全裸で海に入っていたため、ヤドカリなどの海洋生物が体の溝という溝に入り込んでくるという貴重な体験をさせていただきました。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.