Drama Guide ドラマガイド

恐怖新聞2020/09/14

番組情報

8月29日 スタート フジテレビ系 毎週土曜 午後11:40~深夜0:35


キャラクター紹介

  • 小野田詩弦(白石聖)
    京都にある大学に通う大学2年生。20歳になったのをきっかけに大学近くのワンルームマンションで一人暮らしを始めるが、その際のけんかがきっかけで父とは絶縁状態に。自転車宅配サービスのアルバイトを始めるなど、自立心があり真っすぐな性格の持ち主。突然、恐怖新聞が届くようになりおびえるが、ある事をきっかけにその不条理な災厄に立ち向かうことを決意する。
  • 松田勇介(佐藤大樹)
    詩弦の恋人。アルバイトを三つ掛け持ちしているフリーター。 不器用で口が悪い部分もあるが、根は優しい。詩弦の先輩としてアルバイト先で出会って恋に落ち、恐怖新聞と関わるようになったことで人生が激変。不条理な状況の中で、自身が潜在的に持っていた弱さやエゴが浮き彫りになっていく。
  • 篠崎林太郎(駿河太郎)
    京都東警察署の刑事。恐怖新聞の持つ「力」の可能性を知り、利用しようとする。
  • 片桐ともを(坂口涼太郎)
    詩弦の隣人で、謎の存在。病気がちなため、常に家の中にいる。
  • 小野田歌子(黒木瞳)
    詩弦の母。楽天的な性格で一家の要。陽気で前向きな性格だが、熱い正義感を持ち、不条理なことは許せない。風水にハマっており、ボールペンを独特なリズム感でカチカチさせたり、1カ所に文字を書き続けることでストレスを晴らす。恐怖新聞の存在を知り、独自の思惑で動きだす。

出演者

白石聖/佐藤大樹/駿河太郎/坂口涼太郎/黒木瞳 ほか

スタッフ・音楽

原作:つのだじろう「恐怖新聞」/脚本:高山直也/演出:中田秀夫/演出:服部大二/演出:井上昌典/プロデューサー:後藤勝利/プロデューサー:小松貴子/プロデューサー:齋藤寛之/プロデューサー:竹内絵唱
主題歌:THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「FEARS」

概要

白石聖が連ドラ初主演! 戦慄のコミック「恐怖新聞」を中田秀夫監督が映像化

1970年代にオカルトブームの火付け役となった漫画家・つのだじろうによるオカルト漫画の金字塔を、映画「リング」などを手掛けてきたジャパニーズホラーの名手・中田秀夫監督が映像化。多数のホラー小説を生み出してきた小説家の乙一がシリーズ構成を務める。京都市内の大学に通う主人公の女子大生・小野田詩弦を演じるのは、連続ドラマ初主演となる白石聖。念願の一人暮らしを始めた途端、読むと寿命が縮む“恐怖新聞”が届くようになり、次々と新聞に書かれた通りの事件が起こっていく恐怖の日々を描く。恐怖新聞の存在を知ることにより、独自の思惑で動きだす詩弦の母・小野田歌子を黒木瞳が演じる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.