Drama Guide ドラマガイド

連続テレビ小説「おちょやん」2021/05/10

番組情報

11月30日 スタート NHK総合 毎週月曜~土曜 午前8:00~午前8:15 (※土曜は1週間を振り返ります)

あらすじ(最終週 5月10日放送~5月15日放送)

【最終週】
『月』千代(杉咲花)と一平(成田凌)が別れてから2年の月日がたった。一平はついに喜劇「桂春団治」を書き上げ、鶴亀新喜劇で上演。大成功を収める。しかし、2人はお互いに、再び会おうとはせずにいた。

『火』鶴亀株式会社の熊田(西川忠志)は千代に、1日だけ鶴亀新喜劇に出演してくれないかと打診する。千代にもう一度、道頓堀の舞台に上がってほしいという熊田の切なる願いだった。だが、千代は即答できない。

『水』春子(毎田暖乃)を連れて、大阪・道頓堀に戻ってきた千代。「岡福」に帰った千代を、シズ(篠原涼子)やみつえ(東野絢香)らは涙ながらに迎え入れる。偶然来店した鶴亀新喜劇の徳利(大塚宣幸)は、千代の姿を見て…。

『木』千代は寛治(前田旺志郎)の「桂春団治」に対する思いと決意表明を聞き届ける。一方で、春子の夢を知った千代は、算数の勉強に行き詰まる春子がこぼした言葉に動揺。翌朝、みつえが千代にある提案をする。

『金』千代は鶴亀新喜劇への出演を決め、ラジオドラマ「お父さんはお人好し」の仕事と並行して、春子に見せたい芝居の稽古に熱中する。その覚悟を誰もが受け止める。そして、いよいよ本番当日を迎え…。

キャラクター紹介

  • 竹井千代(杉咲花)
    大阪・南河内の貧しい家の生まれ。母とは幼い頃に死別し、父と弟との3人暮らし。小学校にも満足に通えなかったが、口が達者で機転が利く。9歳の時、女中奉公に出された道頓堀で芝居の世界に出合い、その魅力にとりつかれる。女優さんになりたいという強い思いから奉公先を飛び出し、京都へ向かい、女優の道に飛び込んでいく。
  • 天海一平(成田凌)
    喜劇界のプリンス。人気喜劇一座の座長・天海天海の息子。幼い頃から子役として、嫌々役者をやっていたが、やがて自分が目指す新しい喜劇を作ることに目覚めていく。千代と共に新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加。やがて2人は結婚し、二人三脚で奮闘する。
  • 岡田シズ(篠原涼子)
    千代が女中奉公することになる芝居茶屋「岡安」を取り仕切るおかみ。仕事には大変厳しいが、芝居の街・道頓堀を深く愛している。千代を厳しくも温かく見守り、千代にとってもう1人の母親といえる存在となっていく。
  • 竹井テルヲ (トータス松本)
    千代の父。養鶏で生計を立てているが、鶏の世話や家事は娘に任せきり。見えっ張りだが気が弱く、世渡り下手。しかし口は達者で、女性にはモテる。千代にとっては、憎みきれないトラブルメーカーであり続ける。
  • 高城百合子(井川遥)
    千代が道頓堀の芝居小屋で目撃して以来、憧れ続けるスター女優。その美貌と情熱的な演技で観客を魅了する。芸術のために自由な人生を突き進む姿は、千代に大きな影響を与える。
  • 大山鶴蔵(中村鴈治郎)
    上方演劇界のドン。道頓堀の芝居小屋を一手に牛耳る、鶴亀株式会社の社長。冷徹な経営者の顔と無類の芝居好きの顔を持つ、敵とも味方ともつかない大物。女優の道を歩んでいく千代の転機に大きく関わっていく。
  • 岡田宗助(名倉潤)
    芝居茶屋「岡安」の主人。シズに一目ぼれし、婿養子として岡田家に入ったため、シズには頭が上がらない。温和で優しい性格で、シズや千代を後ろから優しく支えている。
  • 須賀廼家万太郎 (板尾創路)
    「須賀廼家万太郎一座」を率い、ずば抜けた観客動員数を誇る喜劇王。大阪だけでなく東京でも人気は抜群で、千代や一平たちは、万太郎を超えることを目標に奮闘することになる。

出演者

杉咲花/成田凌/篠原涼子/トータス松本/井川遥/中村鴈治郎/名倉潤/板尾創路 ほか

スタッフ・音楽

脚本:八津弘幸/演出:梛川善郎/演出:盆子原誠/制作統括:櫻井壮一/制作統括:熊野律時/プロデューサー:村山峻平
主題歌:秦基博「泣き笑いのエピソード」

概要

杉咲花がコメディエンヌの人生を生き抜く! 大阪の喜劇の原点を描く泣き笑いの物語

女優の道にすべてを懸けるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく波瀾万丈の物語。女優の道を生き抜き、「大阪のお母さん」と呼ばれるまでになったヒロイン・竹井千代には、その卓越した演技力で注目される杉咲花が扮し、脚本は「半沢直樹」「陸王」(ともにTBS系)などを手掛けた八津弘幸が担当する。女優一筋に生きた上方のコメディエンヌ・浪花千栄子さんの人生をモデルに、「おちょやん」(小さい女中さんを意味する“おちょぼさん”がなまった大阪ことば)を経て、女優の道へ飛び込んだ女性の、笑って、泣けて、人情あふれる物語を紡ぐ。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.