Drama Guide ドラマガイド

真夜中ドラマ「高嶺のハナさん2」2022/12/05

番組情報

10月1日 スタート BSテレ東 毎週土曜 深夜0:00~深夜0:30

あらすじ(第11話 12月10日放送)

真夜中ドラマ「高嶺のハナさん2」/第11話

ハナ(泉里香)が旅館で泥酔し、ふらふらと外へ。そんなハナを、弱木(小越勇輝)が見つけ出す。会社では社長の一ノ瀬(しゅはまはるみ)から「ニューヨークお菓子プロジェクト」の企画を頼まれ、海外赴任の返事をせかされるハナ。しかし、弱木への思いが断ち切れず、更田(猪塚健太)に相談する。更田は直接話すよう諭すが、温泉旅行で風邪をひいた弱木は会社を休んでいて…。

キャラクター紹介

  • 高嶺華(泉里香)
    伝統あるお菓子メーカー「ミツバチ製菓」の商品企画部の社員で、優れた才能と美しい容姿を併せ持つバリキャリエリート。“高嶺の花”として周りからは憧れの的だが、実は恋愛スキルが低過ぎる。年下の弱木と、超ピュアなお付き合いを始める。
  • 弱木強(小越勇輝)
    「ミツバチ製菓」商品企画部いちのポンコツダメ社員。華とはひそかに両思い。
  • 天井苺(香音)
    「ミツバチ製菓」のアイドル的存在の社員。実はいちずに弱木を思っている。
  • 淀屋橋うめ(中村里帆)
    弱木の同期。テンション高めの関西弁全開女子で、周囲を振り回す。
  • 不動凪(小柳友)
    ニューヨーク帰りのエリート上司で華の憧れの先輩。ひそかに華を思っているが、実は恋愛レベルが低い。
  • 更田元気(猪塚健太)
    「ミツバチ製菓」の社員。社内いちのプレーボーイで通称・チャラ田。華に思いを寄せている。

出演者

泉里香/小越勇輝/香音/中村里帆/小柳友/猪塚健太 ほか

スタッフ・音楽

原作:ムラタコウジ「高嶺のハナさん」(日本文芸社「週刊漫画ゴラク」連載)/脚本:岡庭ななみ/脚本:宮本勇人/脚本:渋谷英史/監督:内藤瑛亮/監督:高杉考宏/監督:塚田芽来/プロデューサー:瀧川治水/プロデューサー:清家優輝
オープニング主題歌:さくらしめじ「simple」/エンディングテーマ:さくらしめじ「ブルースター」

概要

泉里香が再び恋愛スキルのない高嶺の花に! 青春オフィス・ラブコメディー第2弾

会社では“高嶺の花”として一目置かれているバリキャリの会社員だが、実は恋愛スキルが低過ぎる主人公・高嶺華を泉里香が演じるすれ違いラブコメディーの第2弾。前作に続き小越勇輝、香音、猪塚健太らが共演し、恋愛模様を繰り広げる。華が小学5年生の恋愛レベルからようやく一つ進級し、年下のダメ社員・弱木強(小越)と超ピュアなお付き合いを始める今作では、ひそかに華に思いを寄せる華の憧れの先輩・不動凪役で小柳友が、弱木の同期で人間関係をかき乱す関西弁全開女子・淀屋橋うめ役で中村里帆が加入。さらなる恋の多角関係が繰り広げられる。

記者会見情報

「真夜中ドラマ「高嶺のハナさん2」」会見

テレビ大阪とBSテレ東で放送の真夜中ドラマ「高嶺のハナさん2」の記者会見に、主演の泉里香と、小越勇輝、香音、猪塚健太ら共演者が出席した。同作は泉が恋愛スキルのない“高嶺の花”に扮するラブコメディーの続編で、中村里帆と小柳友が新加入する。第2弾となる作品について泉は、「1年半ぶりに帰って来た高嶺華はパワーアップしていて、演じていて楽しかったです」と手応えを語った。シーズン2からの新キャラに関しては、「私も負けてはいけないと、どんどんギアが上がっていきました。顔芸はさらにパワーアップしています」と胸を張った。猪塚は「泉さんの“アドリブを入れてやるぞ”感がすごくて頼もしかったです(笑)。アドリブに対して笑わないようにするのが大変でした」と振り返り、小越も「自由度が増しながら、どうしたら面白くなるのかの話し合いや掛け合いも増えました」と証言した。


時間があれば、どうすれば面白く見えるのかを相談していました(泉里香/高嶺華)

「真夜中ドラマ「高嶺のハナさん2」」会見:泉里香/高嶺華

シーズン1から「高嶺のハナさん」が帰って来ました。皆さんの応援のおかげです。1年半ぶりに帰って来た高嶺華はパワーアップしていて、演じていて楽しかったです。どんな姿で成長していくのかを見てもらいたいです。撮影では、ブランクは感じずに割と高嶺華が身についていました。ほかの強烈なキャラに負けてはいけないと、どんどんギアが上がっていきました。前作でアドリブなどのベースはできたので、それにどんどん付け加えて、すごい感じになっています。演じる上では役になり切って、すべて闘魂注入。時間があれば、どうすれば面白く見えるのかを相談していて、撮影後はそのシーンを見て反省したりしていました。高嶺華との共通点は、考え過ぎるところ。一歩が出せず素直になれないところが私と似ています。顔芸はさらにパワーアップしているし、私も振り切っています。シーズン1は身近な人たちから面白かったという声があって、4歳のおいっ子が巻き戻して何度も見るくらい爆笑していて、世代を超えて愛される作品に出られてよかったと思いました。


現場に入ってみたらスッと感覚が戻ってきました(小越勇輝/弱木強)

「真夜中ドラマ「高嶺のハナさん2」」会見:小越勇輝/弱木強

久しぶりにこの役を演じてみて、真っすぐさとピュアさが戻ってきたと感じました。前作から1年半ぶりくらいの撮影だったので、本読みをした時に、最初はどうだっけ?とつかみ切れなかったけれど、現場に入ってみたらスッと感覚が戻ってきて、前作の撮影期間の濃さをあらためて感じました。今回は前回よりどう面白くするかみたいな気合が現場にあったので、自由度が増しながら、どうしたら面白くなるのかの話し合いや掛け合いも増えました。僕は、役とは似てないと思う。あんなピュアで真っすぐではないので。失敗を恐れるし、「これをやったらどうだろう?」ということを先に考えるので、あそこまで真っすぐにできて、気持ちを表に出せる彼はすごいなと思います。


大人になった天井苺の姿を見せられるのではないかと思います(香音/天井苺)

「真夜中ドラマ「高嶺のハナさん2」」会見:香音/天井苺

前回は、(自身は)19歳の未成年なのに思い切りワンカップをガブガブと飲む役でしたが、約1年経って今回は大人になった天井苺の姿を見せられるのではないかと思います。前回はブラックだったのが、今回は甘酸っぱい苺ちゃんになっています。まだ完熟ではありません。高嶺華さんとは恋のライバルとして打ち解け、気持ちが近づいた感がありながら撮影ができたので、楽しみながら笑いをこらえながら演じることができました。洋服やメーク好きな部分は私にも当てはまる部分で、性格的に感情が表に出てしまうというところも私と似ているかもしれません。でも、今回の苺は我慢することを覚えたので、私もそれを見習って我慢をしなければと思いました。


うめちゃんは怖いもの知らずで堂々としていて、私が憧れる部分を持っています(中村里帆/淀屋橋うめ)

「真夜中ドラマ「高嶺のハナさん2」」会見:中村里帆/淀屋橋うめ

チーム高嶺に入れてうれしいです。淀屋橋うめは、コテコテの関西弁でツッコミを入れたりして、大阪の概念をギュギュっと詰め込んだような役柄です。泉さんを昔から見ていたので、前作はハナさんの小学生男子みたいなギャップに心つかまれて、涙を流しながら爆笑して見ていました。今回新たに現場に入ってみても、毎日笑いをこらえるのが大変で、おなかが痛くなりながら芝居をするという初めての経験をしました。撮影はアドリブ合戦で、全身で幸せを感じています。私は淀屋橋うめのような女の子が好きで、パワフルな女性になりたいと思って生きてきたので、演じていて楽しかったけれど、チーム高嶺の面々のパンチがすごくて負けていると思いました。関西弁もあって大変でした。私は高知出身なので関西弁のイントネーションは知っていましたが、照明さんが関西出身の方で、初日から30回くらい言い直したセリフもあり、明日も三つ撮り直しがあります。うめちゃんは怖いもの知らずで堂々としていて、私が憧れる部分を持っている女の子です。


作品ファンだったのでシーズン2に関われてうれしかったです(小柳友/不動凪)

「真夜中ドラマ「高嶺のハナさん2」」会見:小柳友/不動凪

皆さんの印象としては、シーズン1でいい意味でフワフワした感じの柔らかいイメージがあったので、いざ現場に入ってみて、こんなに生き生きとしながらできるのかと思いました。すべての人たちが受け入れることをしてくれる方々で、僕は作品ファンだったのでシーズン2に関われてうれしかったです。皆さんにお会いした際も「本物だ」と思いました。撮影は皆さんとのコミュニケーションも取れたし、やりづらくなく皆さんが新メンバーを気遣ってくれました。楽しんでできたのは皆さんのおかげです。役との共通点はありません。逆に彼と重なる部分がある人いるのかな(笑)。全然違う人種だったので、役作りは楽でした。


アドリブに対して笑わないようにするのが大変でした(猪塚健太/更田元気)

「真夜中ドラマ「高嶺のハナさん2」」会見:猪塚健太/更田元気

今回は泉里香さんの“アドリブを入れてやるぞ”感がすごくて、頼もしかったです(笑)。人がやるのもそうだし自分がやるアドリブに対しても、笑わないようにするのが大変でした。前回の更田元気は悪者扱いでしたが、今回は成長する部分があったりして、“チャラ田”らしくないこじらせ方をしていて、人間らしくなっているのがパワーアップしているところです。まるで子どものようにこじらせています。チャラ田は前回いろんな女性に連絡したりしてチャラかったけれど、実際の僕にはそんなところは一切ありません。全く別です。でも、2になって更田元気は人間っぽくなったので、僕の方にチャラ田が歩み寄ってきたと思いました。チャラ田が僕を引き寄せた感じです。

この記事をシェアする


   
Copyright © TV Guide. All rights reserved.