デザインと性能を兼ね備えたキッチンツール!ひとつは持っておきたい包丁&ストウブはこれ

コラム
LINEで送る

オーブンで簡単! スキレットでつくる父の日ダッチベイビー

 女の子のためのお役立ち情報をご紹介するこのコーナー。今回は、最近日本でもブームになっているスキレットというフライパンで作るパンケーキ・ダッチベイビーのレシピを伝授します!
 スキレットは、直火はもちろん、オーブンでも使用できるフライパン。スキレットで作る代表的なお菓子「ダッチベイビー」を作ってお父さんに日ころの感謝の思いを届けよう。

材料(直径15cm スキレット2個分)

【プレーン生地】
卵………………………1個
牛乳……………………40ml
グラニュー糖…………10g
塩 ………………………ひとつまみ
バニラエッセンス…… 少々
薄力粉………………… 40g
バター………………… 5g

【トッピング】
ビスケット……2枚
チョコペン、苺、ブルーベリー、ラズベリー、レモン、クリームチーズ、メープルシロップ、粉糖、ミントなど……適量

【道具】 
スキレット(直径15cm型)、ボウル2個、泡立て器、ゴムベラ、粉ふるい

◆プレーン生地を作る

①スキレットをオーブンに入れ、220度に予熱しておく。

 

②ボウルに薄力粉をふるい入れる。

③別のボウルに、卵・牛乳・グラニュー糖・塩・バニラエッセンスを入れ混ぜ合わせる。

④薄力粉に3を少量ずつ加えながら、泡立て器で粉気がなくなるまで混ぜる。

⑤温まったスキレットをオーブンから出し、バターをのせて溶かす。

⑥生地を半量流し、220 度のオーブンで15 分焼く。

⑦よく膨れて、側面や底にも焼き色が付いたら焼き上がり。

◆トッピング

お好みのフルーツをトッピングし、チョコペンでメッセージを書いたビスケットを添える。

スキレットの淵にかかるように粉糖をふるう。お好みでメープルシロップをかける。

◆アレンジレシピ

 みんなが大好きなチョコバナナや、甘いものが苦手な人でもチャレンジできるお食事系レシピをご紹介!

【お食事ダッチベイビー】

材料
生地:プレーン生地のバニラエッセンスは省き、グラニュー糖をひとつまみに変更。
トッピング:サラダ用の野菜、ドライカレー…適量

作り方
プレーン生地と同じように生地を焼き、サラダとドライカレーをトッピングする。

【チョコバナナ】

材料
生地:プレーン生地
トッピング:チョコソース、バナナ…適量

作り方
プレーン生地を焼き、食べやすい大きさにカットしたバナナの上にチョコソースをかける。

Interview

◆スキレットの代わりに耐熱容器でも作れます

 ダッチベイビーの定番の食べ方はレモンを絞って粉砂糖をかけるスタイルですが、アイスやクリームチーズのほかにも、ドライカレーなどをのせれば、デザートとしてだけでなく「お食事」としても楽しめるので、甘いものが苦手なお父さんにもきっと喜んでもらえるはず。生地を上手に焼くコツは、スキレットをしっかり予熱しておくこと。そして、生地に使用する卵は常温に戻し、牛乳はレンジで温めて使用するなど、生地の温度が低すぎないことも重要です。それさえ守れば、手順はシンプル。スキレットは1つ1000円以下でも購入できるので、人数分揃えるのもいいですよね。1人分ずつ飾り付けができるので、父の日の特別感も演出できるのでは!

今回教えてくれたのは…
製菓衛生師・お菓子研究家 marimoさん

雑誌・TV・WEBなどでお菓子のレシピや写真提供を行うほか、カフェのスイーツメニュー開発も手がける。現在、お菓子教室を第2日曜日&第3金曜日に開催中。教室の詳細は[http://marimocafe.blog.jp]へ。インスタグラムも更新中。ユーザー名[marimo_cafe]。
「Girl’s Culture」とは?
月刊TVガイドにて掲載している、女の子のためのお役立ち情報をご紹介するコーナー。テーマに関して、本誌では更に詳しく紹介しています。
http://gekkan-tvguide.zasshi.tv/

当記事に関しては、月刊TVガイド2016年7月号にて掲載。
「Girl’s Culture」関連記事
LINEで送る

PAGE TOP