News ニュース

瀬戸利樹が「推しの王子様」スピオンオフで主演2021/07/01

 瀬戸利樹が、フジテレビ系で7月15日にスタートする連続ドラマ「推しの王子様」(木曜午後10:00、初回は15分拡大)のスピンオフとなるFODオリジナルドラマ「ぼくの推しは王子様」(同日午後11:09配信スタート)に主演することが分かった(https://fod.fujitv.co.jp/)。

 本編の「推しの王子様」は、乙女ゲームを手がけるベンチャー企業「ペガサス・インク」の代表取締役社長である日高泉美(比嘉愛未)が、五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を、まばゆいほどの胸キュンとともに描くラブストーリー。

 そのスピンオフドラマとなる「ぼくの推しは王子様」は、「ペガサス・インク」のプランナーで歴史好きの有栖川遼(瀬戸)が主人公。有栖川がさまざまな“運命の人っぽい”人物に出会い、そこから巻き起こる波乱の展開をユーモアたっぷりに描いていくラブストーリーだ。

 実は、しょせんはかなわぬ恋だと諦めながら、ある人物にずっと片思いをしている有栖川。「ペガサス・インク」のエンジニアで編み物好き男子の織野洋一郎(谷恭輔)は、そんな有栖川の切ない胸の内を知り、有栖川が誰かと幸せになれるよう、有栖川専用の恋愛アプリを作り上げる。織野いわく、有栖川にとって運命の人である可能性が高い人物が現れると、この恋愛アプリが知らせてくれるとのことだ。

 しかし、2.5次元俳優が“推し”の「ペガサス・インク」デザイナー・渡辺芽衣(徳永えり)と、アイドルグループ・26時のマスカレイドが“推し”の小原マリ(佐野ひなこ)は、胡散臭さしか感じない。有栖川も織野の話を冗談半分で受け流していたが、恋愛アプリを入れた有栖川のスマートフォンから、早速アラームが鳴り始める。有栖川は幸せをつかむことができるのか? 有栖川が片思いをしている人物とは!?

 瀬戸は「“きたな! スピンオフ!”って思いました! お話を聞いた時はすごくうれしかったです。有栖川にフォーカスを当ててお話が展開されていくのですが、出演者の皆さんとの掛け合いも面白いので、注目してご覧いただきたいです」と意気込む。

 そして、見どころについては「本編ではあまり描かれない、有栖川のいちずな恋心にも迫っていきます。スピンオフを見ると『推しの王子様』をさらに楽しめる要素が満載です。ご期待いただけるとうれしいです!」とアピールしている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.