News ニュース

高畑充希が「いりびと-異邦人-」で主演。原田マハ原作のアートミステリーが連ドラ化2021/06/08

 高畑充希が、WOWOWで2021年今冬に放送・配信される「連続ドラマW いりびと-異邦人-」(日時未定)に主演することが分かった。

 ドラマは、「キネマの神様」「総理の夫」など映像化が相次ぐ作家・原田マハ氏による、美術小説「異邦人(いりびと)」(PHP文芸文庫)を映像化。美術世界で交錯する人間模様や、京都の雅やかな景色を交え、夭折したある天才画家の死の真相と、才能を隔てた激しい愛憎が暴かれるアートミステリーだ。

 高畑は、希代の美術蒐集家(しゅうしゅうか)の孫娘にして美術館の副館長を務める篁菜穂を演じる。祖父の血筋を受け継ぎ、透徹の審美眼を持つ菜穂は、無名画家が描いた1枚の絵に魅了され、それを世に出そうと企図したことがきっかけで、語られざる京都画壇の深みに踏み込み、その巨魁と対峙(たいじ)することになる。

 「WOWOWはいつも丁寧にドラマを制作されている印象があったので、お話をいただけてとてもうれしく思いましたし、大変光栄です」と率直に喜ぶ高畑は、脚本を読んだ印象について「このお仕事をしていると、“人としての正解”と、“芸術としての正解”が食い違う場面に時々遭遇します。人としてはこれやっちゃうとまずいけど、芸術としてはこの選択したいよね…!というような。今回の作品は、そのはざまでみんなが少しずつズレていくさまが怖くもあり、少しおかしくもあり」と語る。

 また、演じる役どころには「とても難しく、不安が大きいですが、つい先日まで舞台で演じていた役に引き続き、望まない妊娠をしている女性という役で、不思議なご縁を感じています。この作品は、京都で撮れなきゃ意味がない!と思うほど京都の美しい街並みが主役のような作品なので、脚本の世界に美しい風景が合わさったら、どんなすてきな画(え)になるんだろうと楽しみです」と期待に胸を膨らませている。

 監督を務めるのは、映画「サヨナラまでの30分」(2020年)や「東京喰種 トーキョーグール」(19年)などを手掛け、CMやドラマでもその才気を遺憾なく発揮する萩原健太郎氏。美しい京都の情景、由緒ある美術館、原作にも登場するクロード・モネ「睡蓮」など数々の名画がフィーチャーされ、目にも美しく知的好奇心をくすぐられる作品に期待が高まる。

 原作の原田氏は「私にとって京都は永遠の憧れの美の象徴です。その場所を舞台に、アーティストの才能と美の本質を見抜く眼力を持った主人公・菜穂が、運命にあらがいながら強く生き抜いていく姿を描いたのが本作です。映像化にあたり、偽物ではない京都の美を存分に取り込んでほしいと、私自身も監修に関わりました。主演の高畑充希さんは、凛として強く美しい主人公を演じてくださることと期待しています。演出の萩原監督は、みずみずしく、また深い洞察力を持って、京都に生きる人々を描き出してくださるでしょう。京都の美とそこに潜む人間ドラマを存分に堪能できる一作の誕生を、心待ちにしています」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.