News ニュース

“最恐”の教官・木村拓哉の生徒役が決定!「彼らがここからどうなっていくのか楽しみ」2020/09/30

 フジテレビ系で2021年新春に2夜連続で放送する、木村拓哉主演のSPドラマ「教場2(仮題)」の生徒役として、福原遥、矢本悠馬、杉野遥亮、眞栄田郷敦、岡崎紗絵、戸塚純貴、高月彩良が出演する。7人は木村とは初共演となる。

 同作は長岡弘樹氏の「教場」シリーズを原作に、木村が他を寄せ付けることすら許さないすごみのある立ち振る舞いで、生徒たちを恐怖に震え上がらせる、冷酷無比で“最恐”の“教官・風間”を演じるドラマの第2弾。今回発表になったのは、神奈川県警警察学校が誇る冷徹で“最恐”の教官・風間公親(木村)の200期生徒役。

 ハーモニカを吹くのが得意な忍野めぐみ役の福原は「ドラマでここまでのショートカットでお芝居することは今までなかったです。ショートカットの自分にまだ見慣れないです」とこだわりの役作り。初共演の木村には「所作訓練に来ていただいた際に“風間教官が来た!”という感じで、緊張感がありました。でもごあいさつさせていただいた時にニコッと笑ってくださり、優しい方なんだなと、生徒に対する愛を感じて、“全力でついて行こう!”と思いました」と全幅の信頼を寄せている。

 真面目で実直な性格の元剣道国体選手・比嘉太偉智役の杉野は「風間教官と剣道をするシーンがあるのですが、僕、剣道初心者で…。木村さんは剣道の経験者とお聞きしているので、すごくいろんな方からプレッシャーをかけていただき…(笑)。今、必死に練習はしていますが、自分を追い込めるだけ追い込んで、限界まで練習しようと思っています」と気合を入れる。また、初共演の木村に「先日、所作訓練で初めてお会いして、“こんなにカッコイイ人いるんだ”という印象で、すごく輝いていました」とぞっこん。

 手先が器用で将来、鑑識を目指している稲辺隆役の眞栄田は、木村の印象を「まさにスター。風間教官を演じられている木村さんは特にすごく好きなので楽しみです。近くでいろいろと見させていただきたいですし、盗めるものはしっかり盗んでいきたいです」と刺激を受けている。

 200期の生徒に木村は「前回の生徒たちと比べ、200期のみんなは非常に“偏差値が高そう”な印象です。その分おとなしくて、自分を含めた30人の集合体にいかにしてなじもうか、いかにして溶け込もうかとしている感じなのかなと。撮影を進めていく中で、彼らがここからどうなっていくのか楽しみです」と期待している。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.