News ニュース

【東京オリンピック・8/2◆本日の見どころをピックアップ】予選で日本記録更新の3000m障害・三浦龍司、決勝も会心の走りを。走り幅跳び・橋岡優輝にも注目2021/08/02

東京2020オリンピック 陸上(三浦龍司)写真:長田洋平/アフロスポーツ

 陸上男子3000m障害決勝には、予選で自らの日本記録を6秒以上更新した三浦龍司が出場する。この種目で日本人選手が決勝に進出したのは12大会ぶり。決勝でもさらに記録を更新する会心の走りを見せてほしい。

 男子走り幅跳び決勝も見もの。6月に自己ベストを更新する8m36を跳び、今季世界7位にランクされている橋岡優輝が出場予定。今季1位の記録をマークしているミルティアディス・テントグル(ギリシャ)、ジュバーン・ハリソンらアメリカ勢がメダル争いの軸になるが、橋岡が上位争い食い込めるか。

 ほかに女子100mハードル、女子円盤投げ、女子5000mの各決勝が行われる。

 野球はノックアウトステージ第2ラウンドが行われ、オープニングラウンドA組1位の日本とB組1位のアメリカが対戦。両チームにとってノックアウトステージ初戦となり、勝ったチームは準決勝に進み、負けたチームは敗者復活戦に回る。オープニングラウンド日本は、投手陣がほぼ期待通りの働きを見せ、打線も機動力を絡めた攻撃が機能したが、4番の鈴木誠也はノーヒットに終わった。ノックアウトステージに入り、打線を組み直すのか、稲葉篤紀監督の決断、采配が注目される。

 バレーボール女子1次リーグ最終戦で、日本はドミニカ共和国と対戦。7月31日に行われた韓国戦で、負傷離脱していたエース・古賀紗理那が復帰し、チーム最多27得点を挙げたものの、フルセットで惜敗。この試合で勝たなければ、決勝トーナメントに進むことはできない。崖っぷちの一戦となるが、古賀、黒後愛、石川真佑らには強打だけでなく、相手ブロックに当てて外に出すスパイクなども狙い、攻撃に変化をつけ、試合の主導権を握ってほしい。

▶東京オリンピック 放送スケジュール(地上波・BS放送)はこちらをチェック!(https://www.tvguide.or.jp/schedule-olympic-paralympic/
▶オリンピックの記事一覧はこちらをチェック!https://www.tvguide.or.jp/news_category/tokyo2020/


関連記事

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.