Drama Guide ドラマガイド

プレミアムドラマ カンパニー~逆転のスワン~2021/02/22

番組情報

1月10日 スタート NHK BSプレミアム 毎週日曜 午後10:00~午後10:50

あらすじ(最終回 2月28日放送)

青柳(井ノ原快彦)と由衣(倉科カナ)の献身によって、敷島バレエ団の公演が初日を迎えた。高野(宮尾俊太郎)達は次々と難度の高い舞いを成功させ、会場を魅了する。だが、プリンシパルの紗良(小林美奈)の焦りがきっかけで那由多(古川雄大)のリフトが失敗し、紗良が負傷。代役に指名された美波(織田梨沙)も逃げ出すなどトラブルが相次ぎ、団員達は追い詰められる。

キャラクター紹介

  • 青柳誠一(井ノ原快彦)
    長らく総務畑を歩んできたサラリーマン。「有明製薬」の総務部総務課長だったが、会社の合併により「有明ヘルツ」のキャリア創造支援室へ異動。長年会社が援助してきた敷島バレエ団の担当となり、年明けの公演を成功させるというミッションを課せられる。
  • 瀬川由衣(倉科カナ)
    「有明ヘルツ」所属で広告塔でもあるマラソン選手の専属トレーナーだったが、選手の突然の引退によりキャリア創造支援室に異動してくる。青柳と一緒に敷島バレエ団を担当することに。
  • 高野悠(宮尾俊太郎)
    ロンドンの有名バレエ団に所属する人気ダンサー。かつて敷島バレエ団に在籍していたことがある。CM撮影のために一時帰国中。
  • 脇坂英一(西村まさ彦)
    「有明ヘルツ」の取締役。青柳に、敷島バレエ団の公演を成功させるため、有名ダンサーである高野の出演を提案する。
  • 敷島瑞穂(黒木瞳)
    敷島バレエ団の代表。10年来、公演を協賛してきた「有明製薬」が合併により援助を打ち切るかもしれず、危機感を持っている。

出演者

井ノ原快彦/倉科カナ/宮尾俊太郎/西村まさ彦/黒木瞳 ほか

スタッフ・音楽

原作:伊吹有喜「カンパニー」/脚本:梅田みか/演出:松田礼人/演出:棚澤孝義/制作統括:樋口俊一/制作統括:加藤章一/プロデューサー:宮武由衣

概要

井ノ原快彦が老舗バレエ団の再生を目指すサラリーマンに。バレエ監修は熊川哲也

井ノ原快彦演じる総務一筋の中年サラリーマンが、無縁だったバレエの世界に突然身を置くことになり、「企業の論理」や「芸術」といった価値観の対立に直面しながらも、「カンパニー」=「仲間」の力で存亡の危機にひんした老舗バレエ団の再生を目指して奮闘する、涙と笑いのビジネスエンターテインメント。原作は「四十九日のレシピ」「雲を紡ぐ」などの伊吹有喜による同名小説で、倉科カナ、宮尾俊太郎、織田梨沙、古川雄大、坂井真紀、小西真奈美、西村まさ彦、黒木瞳ら多彩なキャストが共演者に名を連ねる。熊川哲也監修によるバレエの場面も見どころの一つ。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.