Drama Guide ドラマガイド

うきわ ―友達以上、不倫未満―2021/09/22

番組情報

8月9日 スタート テレビ東京系 毎週月曜 午後11:06~午後11:55

キャラクター紹介

  • 中山麻衣子(門脇麦)
    平凡に生きてきた主婦。夫・拓也の仕事の都合で広島から上京し、東京での新生活に胸を踊らせるも拓也の浮気が発覚。毎晩帰りの遅い拓也に代わり、会話相手となってくれる隣室の二葉に次第にひかれていく。
  • 二葉一(森山直太朗)
    社宅で麻衣子の隣室に住む、拓也の上司。優しく聞き上手な性格で、麻衣子の話し相手となるが、麻衣子同様に妻の聖に浮気されている。
  • 田宮悠(田中樹)
    二葉の妻・聖が通う陶芸教室の先生。
  • 佐々木誠(高橋文哉)
    麻衣子がパートで働くクリーニング店のアルバイト。
  • 愛宕梨沙(小西桜子)
    二葉と拓也の部下。
  • 中山拓也(大東駿介)
    麻衣子の夫。麻衣子からは“たっくん”と呼ばれている。浮気をしたことで麻衣子を苦悩させる。
  • 福田歩(蓮佛美沙子)
    拓也の同僚。
  • 二葉聖(西田尚美)
    二葉の妻。浮気をしている。

出演者

門脇麦/森山直太朗/田中樹/高橋文哉/小西桜子/大東駿介/蓮佛美沙子/西田尚美 ほか

スタッフ・音楽

原作:野村宗弘「うきわ」(小学館ビッグコミックス)/脚本:倉光泰子/脚本:神田優/監督:風間太樹/監督:太田良/プロデューサー:阿部真士/プロデューサー:本間かなみ/プロデューサー:滝山直史/プロデューサー:唯野友歩
オープニングテーマ:安藤裕子「ReadyReady」/エンディングテーマ:三浦透子「通過点」

概要

門脇麦と森山直太朗が浮気サレ妻×サレ夫に。不倫まで壁一枚の切ないラブストーリー

2021年夏ドラマガイド/うきわ ―友達以上、不倫未満―

パートナーに不倫をされている男女の危うくも切ない関係を描いた野村宗弘の人気コミックを初の映像化。主演の門脇麦演じる社宅住まいの平凡な主婦・中山麻衣子と、森山直太朗演じる隣室に住む夫の上司・二葉一の、ベランダ越しの危うい関係を切なく描く。浮気をしている麻衣子の夫・拓也に大東駿介、二葉の妻・聖に西田尚美が扮するほか、蓮佛美沙子、田中樹(SixTONES)、高橋文哉、小西桜子らが出演。“チェリまほ”こと「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(同系)を手掛けた風間太樹が監督を担当し、プロデューサーの本間かなみと“チェリまほ”以来2度目のタッグを組む。

記者会見情報

「うきわ ―友達以上、不倫未満―」会見

テレビ東京系の連続ドラマ「うきわ ―友達以上、不倫未満―」のリモート会見が行われ、主演の門脇麦と共演の森山直太朗が出席した。門脇は役どころについて「平々凡々に生きてきた彼女がそうでなくなった時に出てくる、自覚していない強さや心(しん)の太さや、終盤に向けどう成長させていくかを常に探りながら演技に臨んでいました」と報告。また、役作りに関しては「あえて何もしませんでした。今回は森山さんと向き合う中で出てくる感情で演技に挑もうと思いました」と語った。一方の森山は「原作のテイストを引き継ぎながらもドラマ化の工夫がなされていたので、台本を読み込みました」と明かした。最後に第1話の見どころを聞かれ、門脇は「しっかりと引きがあるいい1話です。あと直太朗さんが最高です。この作品に出ることに対して、どういう思いだったのかというのがよく出ていると思います」と力を込めた。


森山さんと向き合う中で出てくる感情で演技に挑もうと、あえて準備しませんでした(門脇麦/中山麻衣子)

「うきわ ―友達以上、不倫未満―」会見:門脇麦/中山麻衣子

平々凡々ではなくなってしまった時に出てくる、彼女が自覚していない強さ、心(しん)の太さ、それをどう出していくかというのと、物語の最後に向けてどう成長させていくかを常に慎重に探りながら演技をしていました。物語自体もそういうお話ですし、彼女自身が二葉さん(森山)と出会ったりする中で、自分でも知らなかった感情に触れた時の喜びなどを各話に散りばめていければいいなと思っています。役作りはあえて何もしなかったです。今回は、森山さんと向き合う中で出てくる感情で演技に挑もうと、あえて準備せずに臨みました。私が演じている麻衣子は自分と真逆なので難しかったです。森山さんはすごく面白い方で、ありとあらゆるところがツボにハマってしまって。だから、仲良くなるのが怖くて、最初はあえて距離を取りながら撮影に挑んでいました。第1話は物語が始まる部分なのですが、しっかりと引きがあって緊張感のあるいいお話だなと思いました。あと直太朗さんが最高です。直太朗さんがこの作品に対して、ドラマに出るということに対してどういう思いだったのかというのがよく出ていると思います。


刺激を求めるだけのエンタメに少し胃もたれしている人にぜひ見ていただきたい(森山直太朗/二葉一)

「うきわ ―友達以上、不倫未満―」会見:森山直太朗/二葉一

二葉は麻衣子さんと同じく平々凡々と社会生活を送っていて結婚もしていて、夫婦仲もよくて…。しかしある時に、奥さんが浮気をしていることを知ってしまう。そんな中で麻衣子さんと出会い、彼女自身を自分の立場に置き換えて励ましたりして、自分の中の弱さを自覚して乗り越えていく役柄です。役作りに関しては、とにかく台本を読むということでした。自分以外の部分も含めて、かなり綿密に漫画のテイストを引き継ぎながら、ドラマ化のために脚本に落とし込む工夫がなされていたので。主演の門脇さんとは初対面だったので、ドラマの物語が進んでいくということと、門脇さんと距離が縮まっていくのが全く同じ速度感だったので、それがそのまま画面に出ていると思います。第1話はこの空気感に集約させようとしてたんだと、正直僕自身、何度見ても面白い作品なんですね。自分の活動とか楽曲とかに置き換えられるんですけど、何度見ても面白いものって普遍的なものが流れているっていう。刺激を求めるだけのエンタメに少し胃もたれしている人にはぜひ見ていただきたいし、好き嫌いを超えた世界観になっているので、一つ一つのシーンがいとおしいです。

この記事をシェアする


   
Copyright © TV Guide. All rights reserved.