Drama Guide ドラマガイド

水ドラ25「東京放置食堂」2021/09/24

番組情報

9月15日 スタート テレビ東京ほか 毎週水曜 深夜1:10~深夜1:40

あらすじ(第3話 9月29日放送)

日出子(片桐はいり)が六法全書を読んでいると、男の子に「裁判官だったから悪いやつに恨まれてない?」と尋ねられる。その言葉を聞いたせいか、誰かつけてきていないか気になってしまう。そんな予想が的中したのか、「女にケジメをつけにきた」と、大島に山中(竹中直人)がやって来る。

キャラクター紹介

  • 真野日出子(片桐はいり)
    東京生まれの東京育ちで、曲がったことが大嫌いな女性。裁判官としてキャリアを重ねてきたが、人を裁くことに疲れてしまい退官を決意。あることをきっかけに、東京から120km南の太平洋に位置する大島にやって来て、島で生まれ育った渚と出会う。少々お節介な性格で、昔かたぎの説教好き。

出演者

片桐はいり ほか

スタッフ・音楽

脚本:和田清人/脚本:シーズン野田/監督:アベラヒデノブ/プロデューサー:寺原洋平/プロデューサー:漆間宏一
主題歌:(元)現役女子高生あたし「碧の宵」

概要

片桐はいりが連続ドラマ初主演。太平洋に浮かぶ大島が舞台のグルメと人情の物語

人を裁くことに疲れた元裁判官が島に渡り、そこでさまざまなものに出合っていく姿を描く連続ドラマ。東京生まれの東京育ちで曲がったことが大嫌いな主人公・真野日出子を、連ドラ初主演の片桐はいりが演じ、魅力的な島グルメ、カルチャー、人間模様が映し出されていく。舞台となるのは、東京から南に120km離れた太平洋に浮かぶ、別名「東京アイランド」と呼ばれるほど自然のあふれる島・大島。日出子が大島で出会い、共に居酒屋を営んでいく寡黙な若い店主・小宮山渚に若手演技派女優の工藤綾乃が扮するほか、大島で生活する個性豊かな島民キャストを、与座よしあき、松川尚瑠輝、梅垣義明が務める。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.