Drama Guide ドラマガイド

WOWOW開局30周年記念 連続ドラマW コールドケース3 ~真実の扉~2020/12/14

番組情報

12月5日 スタート  WOWOWプライム 毎週土曜 午後10:00~午後11:00

あらすじ

※最新のあらすじは冬ドラマガイドで更新しています。

キャラクター紹介

  • 石川百合(吉田羊)
    神奈川県警捜査一課の警部。直感的な洞察力と観察眼を持ち、人の発言や行動などから事件の真相に迫る。純粋に正義を貫く強い意志で、チームを率いている。飼いネコの名前はコロンボ。
  • 高木信次郎(永山絢斗)
    百合の年下の相棒。階級は巡査部長。生意気で熱血漢だったが、チームのメンバーに支えられ刑事として成長し、感情的になった立川をなだめるなど頼もしい一面も。自身のつらい経験から、被害者遺族に真摯に向き合う。
  • 立川大輔 (滝藤賢一)
    百合の同僚で階級は警部補。真っすぐな性格だが、事件解決を急ぐあまりに感情的になるなど短気な一面も。妻に愛想を尽かされ別居し、現在は1人暮らし。
  • 金子徹(光石研)
    百合の同僚で階級は警部補。長年の交番勤務経験から、神奈川県に土地勘がある。冷静沈着な性格と、豊富な捜査経験と知見で事件を分析し、チームを支える。あだ名は、ねこさん。
  • 本木秀俊(三浦友和)
    百合たちのチームを束ねる指揮官であり頼れるボスで、階級は警視。厳格だが、部下への思いやりも持ち合わせている。課長代理という役職のため、メンバーからは「代理」と呼ばれている。ケバブが好き。

出演者

吉田羊/永山絢斗/滝藤賢一/光石研/三浦友和 ほか

スタッフ・音楽

脚本:酒井雅秋/脚本:瀧本智行/脚本:野木萌葱/脚本:吉田康弘/脚本:蓬莱竜太/脚本:瀬々敬久/監督:波多野貴文/監督:内片輝/監督:守下敏行

概要

吉田羊主演のクライムサスペンス待望の第3弾! 豪華ゲストも多数登場

未解決凶悪犯罪、通称・コールドケースを扱う捜査チームの活躍を描くアメリカの大人気ドラマを、吉田羊主演で日本版リメークした刑事ドラマのシーズン3。吉田が演じる神奈川県警捜査一課の中でチームを引っ張る刑事・石川百合のチームメンバーとして、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和らが続投し、毎話異なる未解決事件の真相を解明していくさまをシリーズ史上最大のスケールでおくる。各話に出演する豪華で多彩なゲスト俳優も見どころの一つ。波多野貴文を始め、内片輝、守下敏行らが引き続き監督を務める。

記者会見情報

WOWOWで放送する「連続ドラマW コールドケース3 ~真実の扉~」の完成報告会見に、石川百合役の吉田羊、高木信次郎役の永山絢斗、立川大輔役の滝藤賢一、金子徹役の光石研、本木秀俊役の三浦友和、波多野貴文監督が登壇した。同作は、人気海外ドラマの日本版リメークで、人気クライムサスペンスの第3弾。吉田は「2月のクランクインから自粛を乗り越えて、皆さまに作品をおくることができてうれしいです」と喜びを語り、コロナ禍での撮影中断に触れ、「この作品の生命力を感じていたので、撮り切れると信じて疑いませんでした」と撮影中断が半年以上に及んでも不安を感じなかったとコメント。一方の滝藤は「撮れるのか心配でした。自分がメインの第8話の収録前で自粛となったため、ちょっとふてくされていたんです(笑)」と明かし、それを吉田が「でも(滝藤演じる)立川のためにシーズン3を作ったんです」とフォローする一幕もあった。


この作品は、私のホームでいつでも原点に戻れる場所です(吉田羊/石川百合)

今年2月のクランクインから自粛を乗り越えて、皆さまに作品をおくることができてうれしいです。ゲストが主役であり、その思いをすくい取っている作品なので期待してください。撮影では、ホームに帰った安心感がありました。スタッフ、キャストとは5年も一緒に仕事をしているので、あうんの呼吸というか。自粛期間は撮影が中断されましたが、中断が半年以上に及んでも不安を感じませんでした。この作品の生命力を感じていたので、撮り切れると信じて疑いませんでした。この作品は、私のホームでありホッとする、お芝居の基本があっていつでも原点に戻れる場所。5年をかけてチームワークと絆を作りました。進化し成熟し、こだわりや奇跡が集まった作品と自負しています。


衣装合わせの時はうれしくて…(永山絢斗/高木信次郎)

まもなく放送ということでうれしいです。衣装合わせの時は、うれしくてニタニタしていました。


自信を持ってお届けできる名作です(滝藤賢一/立川大輔 )

ムードメーカーの滝藤です(笑)。自信を持ってお届けできる名作です。コロナ禍で、撮れるのか心配でした。自分がメインの第8話の収録前で自粛となったため、ちょっとふてくされていたんです(笑)。


何事もなく現場を整えてくれたスタッフがカッコよすぎでした(光石研/金子徹)

スタッフ、キャストと共にコロナ禍の中で作りました。ぜひ見てください。淡々と粛々と、何事もなく現場を整えてくれたスタッフがカッコよすぎでした。


なぜか年長組である自分と光石さんのセリフが多くて汗だくです(三浦友和/本木秀俊)

全10話、すべて見たのですが素晴らしい出来でした。撮影は、学生の時のように長い休み明けの再会のようでした。みんなとハグしたかったんですが、できなかったので残念です。なぜか年長組である自分と光石さんのセリフが多く、言い終わると汗だくで(笑)。ほかのメンバーは、満足げな顔をして自分たちのセリフを聞いていました。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.