新着記事

開店を3日後に控えた「マルオースーパー」の東京・品川店で、満寿子(余貴美子)ら18人のパート従業員が突然辞めると言い出す。秋津(唐沢寿明)の巧みな話術により、社長・丸尾(滝藤賢一)のセクハラが原因だと判明するが、詳細は分からない。しかも、丸尾は身に覚えがないのだという。一方で、女性社員に対する満寿子らの「世話焼きハラスメント」も明らかに。話を聞いていた真琴(広瀬アリス)は、丸尾のある言葉を思い出す。

もっと見る

テレビ東京系で10月15日からスタートする、テレビ東京開局55周年特別企画ドラマBiz「ハラスメントゲーム」(月曜午後10:00、初回15分拡大)の完成披露試写会と記者会見が同局本社で行われ、主演の唐沢寿明と共演の広瀬アリス、古川雄輝、滝藤賢一、佐野史郎、高嶋政宏ら豪華キャスト陣が顔をそろえた。本作は、「パワハラ」「セクハラ」「マタハラ」など、連日テレビやネットで取り上げられる「ハラスメント」に関するホットなテーマに真っ向から挑んだ初のドラマ。人気脚本家・井上由美子氏の書き下ろし同名小説を原作に、スーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」の富山支店長であり、ハラスメント事件を解決するコンプライアンス室の室長でもある、主人公・秋津渉(唐沢)が、社内に起こるさまざまなハラスメント問題を奇抜なアイデアと手法で解決する1話完結シリーズとして描かれる。

もっと見る

テレビ東京で日曜日に月1回レギュラー放送中の「緊急 SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」(午後7:54)。 次回、10月14日の放送では、埼玉県熊谷市のゴルフ場からのSOSに駆けつける。ゴルフ場では打ったボールの“池ポチャ”が絶えない。30年間、一度も掃除をしていないこのゴルフ場の池には、かなりの数のゴルフボールが沈んでいると推測されている。池の水を抜いてボールを取り出したいが、生物も守りたい…。そんな番組史上初の“池のゴルフボールぜんぶ取る”というミッションに、俳優の髙嶋政宏とMCのココリコ・田中直樹が立ち上がる!

もっと見る

フジテレビ系では、2018年1月1日に「ニッポンよ!世界を倒せ!フジヤマ」(午後6:00)を放送する。「日本のナンバーワンは世界のナンバーワンに勝てるのか?」をテーマに、ドローンレース、超アクロバティックな鬼ごっこ、インドアスカイダイビング、レスキュー、映像マジックショー、大食い対決などの、世界VS日本の戦いを4時間にわたっておくる。

もっと見る

刑事7人

特集

【最終回】室長・片桐(吉田鋼太郎)の独断による指揮の下、馬久根(山本學)を追い詰める天樹(東山紀之)ら「第11方面本部準備室」。監察官・島村(久世星佳)は、その片桐の不透明な動きを暴こうとしていた。そんな中、拉致されて行方不明となっていた山下(片岡愛之助)の監禁場所が明らかになる。一方、馬久根の利権を狙う新勢力として「御厨」という男の存在が浮上する中、天樹や沙村(高嶋政宏)らの眼前で、馬久根が襲われる事件が発生する。

もっと見る

今年で第3シーズンとなった「刑事7人」(テレビ朝日系)。出演者の皆さんも「夏といえば『刑事7人』」「シーズン4もぜひやりたい!」と口をそろえていますが、ファンとしても個性的なスペシャリストたちがさまざまな角度から事件解明に臨むこの世界観を、まだまだ長らく楽しみたいですよね。

もっと見る

8月14日に六本木ヒルズアリーナで行われた「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭りSUMMER STATION」のファンイベントに、テレビ朝日系で放送の連続ドラマ「刑事7人」(水曜午後9:00)に出演中の東山紀之、高嶋政宏、片岡愛之助、倉科カナ、塚本高史、吉田鋼太郎、北大路欣也が登壇。会場に詰めかけた多くのファンの大歓声に包まれる中、トークを繰り広げた。

もっと見る

2015年に第1シリーズ、2016年に第2シリーズが放送された東山紀之主演の人気刑事ドラマ「刑事7人」の第3シリーズが、テレビ朝日系で7月12日(水曜午後9:00)から放送される。スタートに先駆け、同ドラマの制作発表イベントが行われた。

もっと見る

この夏、あの熱いメンバーが帰ってくることになりました! 7月12日に「刑事7人」(テレビ朝日系)がスタートします。主演の東山紀之さんをはじめ、高嶋政宏さん、片岡愛之助さん、倉科カナさん、吉田鋼太郎さん、北大路欣也さんが勢ぞろいで、もちろん、昨年放送された第2シリーズから加わった塚本高史さんもいらっしゃいます。この豪華メンバーで、またハードな刑事ドラマが見られるのは楽しみですね。

もっと見る

take65「舞妓はレディ」

コラム

舞妓とミュージカル。普通はあり得ない発想を映画にしてしまったのは、日本映画界きっての粋人・周防正行監督。かつて「シコふんじゃった。」(92)で大学相撲部を舞台に廃れゆく日本の伝統格闘技の実態を描いた監督は、その際、次回作として念頭にあったという「舞妓はレディ」を20年ぶりに再起動。

もっと見る
PAGE TOP