新着記事

1959年、五輪招致目前の東京。大渋滞の日本橋を通りかかった落語家の古今亭志ん生(ビートたけし)は寄席に向かっていた。その日、高座で志ん生が語り出したのは、50年前の日本のオリンピック初参加にまつわる噺。時はさかのぼり1909年、柔道の創始者・嘉納治五郎(役所広司)はストックホルム大会を目指して悪戦苦闘していた。“スポーツ”という言葉すら知られていない時代に初めての派遣選手をどう選ぶか、頭を悩ませていたのだ。

もっと見る

2018年を締めくくる平成最後の歌の祭典「第69回NHK紅白歌合戦」より、司会者の内村光良&広瀬すず&櫻井翔が「デジタルTVガイド」お正月超特大号(12月14日発売)の表紙に登場。巻頭グラビアインタビューでは、2年連続2回目の総合司会となる内村が「力を合わせてパフォーマンスを盛り上げたい」と意気込み、今回が初の番組司会となる広瀬は「未知の世界ですがフレッシュさで頑張りたい!」、そして櫻井は「白組司会を経験した相葉雅紀と二宮和也に教えを請いたい」と熱い抱負を。さらに、それぞれの「紅白歌合戦」の思い出、お互いに期待することなど、存分に語り尽くしている。グラビアでは、紅白の花束や扇子を持った、ここでしか見られない3人の輝く笑顔いっぱいのカットを多数掲載。「紅白歌合戦」を10倍楽しむことができる特集となっている。

もっと見る

NHK大河ドラマの主演バトンタッチセレモニーが行われ、12月16日に最終回を迎える「西郷どん」(日曜午後8:00ほか)の西郷隆盛役・鈴木亮平から、2019年1月6日スタートの「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の2人の主人公・金栗四三役の中村勘九郎、田畑政治役の阿部サダヲに“たすきリレー”が行われた。鈴木は「ついこの間まではうちのスタジオだったので、『俺たちのスタジオが!』と寂しい気持ちになりました。大河は本当にその人間を生きた気持ちになれる。今、撮影をしているお2人をうらやましく思うと同時に、作品を楽しみにしています」とエールを送った。

もっと見る

2019年放送のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の撮影取材会が熊本県芦北町で行われ、物語前半の主人公・金栗四三(かなくりしそう)を演じる中村勘九郎、四三の妻・春野スヤ役の綾瀬はるか、四三の兄・金栗実次役の中村獅童、四三の幼なじみ・美川秀信役の勝地涼が登壇した。

もっと見る

「Mother」「Woman」(ともに日本テレビ系)といった社会派でありながら感動的な家族愛を丁寧に描いてきた脚本家・坂元裕二さんが、その2作品のスタッフと再びタッグを組み、広瀬すずさんや田中裕子さん、瑛太さん、阿部サダヲさん、小林聡美さんが集結したことで注目を集めた話題作「anone」(同系)が、3月21日、ついに最終回を迎えます。

もっと見る

anone

特集

【最終回】亜乃音(田中裕子)は警察に事情聴取されることになる。理市(瑛太)は、陽人(守永伊吹)と会話した直後に姿をくらませていた。その頃、るい子(小林聡美)は具合の悪い舵(阿部サダヲ)と温泉地へ。互いの気持ちに気付いた2人は、一緒にいようと決める。そして、林田印刷所のハリカ(広瀬すず)の元へも、警察官がやって来る。一方、亜乃音は訪ねてきた万平(火野正平)から偽札作りに手を染めた理由を再び聞かれるが…。(内容変更の場合あり)

もっと見る

広瀬すずさんが主演を務めるドラマ「anone」(日本テレビ系)がいよいよ本日スタートします。本作は、広瀬さんが10代最後の主演を務めること、そして「Mother」や「Woman」といった社会派でありながら感動的な家族愛を丁寧に描いてきた脚本家・坂元裕二さんが、「Mother」「Woman」のスタッフと再びタッグを組むことで話題になっています。

もっと見る

2018年1月にスタートする日本テレビ系連続ドラマ「anone」(水曜午後10:00、開始日未定)で主演を務める広瀬すずの役衣装ビジュアルが初公開され、彼女の人生で一番のベリーショート姿となったことが分かった。さらに、これまで発表になっていた広瀬、田中裕子に加え、その脇を固める俳優陣も発表。瑛太のほか、小林聡美、阿部サダヲ、火野正平など、実力派俳優が集った。

もっと見る

2019年放送の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の新たな出演者が発表され、ドラマの語りを務める古今亭志ん生役をビートたけしが務めることが決まった。たけしは「一番自分が尊敬する落語家さんなので、その役が来たのがうれしくてしようがない。ほとんどの仕事でプレッシャーがないのですが、今度は久々に夜中に落語をやってみたり、一応頑張ってます。雰囲気が出れば」と意気込みを明かした。

もっと見る

宮藤官九郎が脚本を担当する2019年放送の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の新たな出演者が発表され、主人公の一人・金栗四三(中村勘九郎)の妻となる、春野スヤ役を綾瀬はるか、金栗の恩師で講道館柔道の創始者でもある嘉納治五郎役を役所広司が演じることが決まった。

もっと見る

take141「殿、利息でござる!」

コラム

歴史学者、磯田道史の著書「無私の日本人」(文藝春秋刊)をベースに、江戸中期の仙台藩・吉岡宿に実在し、厳しい年貢の取り立てや労役のため財政が困窮した宿場町を救済しようと、町民たちが知恵を絞り合い実行した金貸し事業の全貌を描く異色の実録時代劇だ。

もっと見る

take118「寄生獣」

コラム

謎の寄生生物と共存することになった高校生、泉新一のパニックぶりと、その後たどる数奇な運命を描いた岩明均の伝説的コミックを映画化した2部作(同日完結編も放送)の前編。

もっと見る

PAGE TOP