新着記事

NHK大河ドラマの主演バトンタッチセレモニーが行われ、12月16日に最終回を迎える「西郷どん」(日曜午後8:00ほか)の西郷隆盛役・鈴木亮平から、2019年1月6日スタートの「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の2人の主人公・金栗四三役の中村勘九郎、田畑政治役の阿部サダヲに“たすきリレー”が行われた。鈴木は「ついこの間まではうちのスタジオだったので、『俺たちのスタジオが!』と寂しい気持ちになりました。大河は本当にその人間を生きた気持ちになれる。今、撮影をしているお2人をうらやましく思うと同時に、作品を楽しみにしています」とエールを送った。

もっと見る

NHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜午後8:00ほか)で、主人公の西郷隆盛(鈴木亮平)の息子・菊次郎を演じた子役の城桧吏が、京都市にある琵琶湖疏水記念館を訪問し、京都市長の門川大作氏と対面した。霊山歴史館、角屋もてなしの文化美術館も見学した城は「3カ所行きましたがどれも歴史のあるところで、とても奇麗で、西郷菊次郎がどんなことを京都でしていたのかも学べて、とても京都が好きになりました」と語った。

もっと見る

映画「人魚の眠る家」で、主人公一家の家に入る宗吾を演じました。実は物語のキーを握る役でもあって。現場では意識不明になる少女役の子や、そのお母さん役の篠原涼子さんとボールで遊んだり、お話をしました。医療や命を扱う物語は、少し僕には難しかったですが、親ってこんなにも子どもを大事に思うのかと、改めて感じました。僕はお母さんに叱られ、嫌だなと感じちゃうこともありますが。

もっと見る

NHK総合で10月20、27日放送のドラマ「フェイクニュース」(土曜午後9:00)の試写会が行われ、主演の北川景子、脚本を手掛けた野木亜紀子氏が出席した。フェイクニュースの真相を追う記者・東雲樹を演じる北川は、「今の時代にぴったりなテーマのドラマ。記者役は初めてでしたし、悩みながら演じましたが、スピード感があって面白いドラマになったと思います。こうした社会派のドラマはいい経験になりました」とアピールした。

もっと見る

PAGE TOP