新着記事

山田孝之&菅田将暉が表紙を飾る「デジタルTVガイド 夏ドラマ超特大号!!」が6月23日(土)に発売。今号には、切り取って便利に使える『放送曜日と時間がひと目でわかる!折り込みワイド版新ドラマ時間割り』、ここでしかない奇跡の撮り下ろし『魅惑の2ショットを永久保存!山田孝之&菅田将暉特製ピンナップポスター』が付録として付いてくる。7月スタートの新ドラマをはじめ、この夏のテレビをとことん楽しむための特別企画が満載だ。

もっと見る

KDDIは、サッカー日本代表チームのサポーティングカンパニーとして、日本代表チームを応援することを目的とした「au BLUE CHALLENGE」の新CM、「全力アイーダ」篇の放送を開始した。CMは「全力を全力で応援する。」をテーマに、松田翔太、桐谷健太、濱田岳、有村架純、菜々緒、川栄李奈、菅田将暉ら三太郎シリーズのメンバーが本人役で登場し、サッカー応援歌「アイーダ」を歌いつないでいくストーリー。

もっと見る

映像配信サービス・dTVは、8月17日に公開となる映画「銀魂2(仮)」と連動して、dTVオリジナルドラマ「銀魂2(予定)」を8月に配信することを発表した。2017年、小栗旬を主演に菅田将暉、橋本環奈ら豪華出演陣が集結し、福田雄一監督のユーモアあふれる脚本と演出で、映画「銀魂」は興行収入38.4億円という2017年実写邦画1位の成績を記録。そして、同時期にdTVでは、映画では描き切れなかった「銀魂」きっての泣けるエピソード「ミツバ篇」をドラマ化し、配信初日の視聴数でdTV歴代1位を獲得、第1話のYouTube再生回数が3日で200万再生を超えるなど、配信ドラマとしては驚異の大ヒットを記録した。

もっと見る

テレビ朝日系の金曜ナイトドラマ枠(金曜午後11:15)では7月から、山田孝之と菅田将暉が主演を務める連続ドラマ「dele(ディーリー)」がスタートすることが分かった(開始日未定)。「dele」とは「削除」を意味する校正用語で、同作ではパソコンやスマートフォンに残された「デジタル遺品」をテーマにした物語が展開する。

もっと見る

フジテレビ系で4月21日に「土曜プレミアム」(土曜午後9:00)で放送される映画「帝一の國」の地上波初放送を記念して、本編放送中に豪華プレゼントキャンペーンが実施される。映画は、漫画家・古屋兎丸氏による同名コミックを菅田将暉主演で映画化。全国屈指の頭脳を持つエリート学生たちが通う超名門・海帝高校を舞台に、総理大臣を目指す新1年生の赤場帝一(菅田)が、将来の内閣入りが確約される生徒会長になるため、奮闘する姿を描く。

もっと見る

ディーン・フジオカが表紙を飾る「デジタルTVガイド 春の新番組超特大号!!」が3月24日(土)に発売となる。今号は、切り取って便利に使える『放送曜日と時間がひと目でわかる!折り込みワイド版 春ドラマ時間割り』、ディーンのこれまでにない魅力が凝縮された『新境地に挑む表情に迫った保存版!ディーン・フジオカ 特製ピンナップポスター』の特別2大付録付き。4月スタートの新ドラマをはじめ、春の新番組をとことん楽しむための特別企画が満載だ。

もっと見る

ついに3月11日に最終回となる山﨑賢人さん主演のドラマ「トドメの接吻」(日本テレビ系)。これまでインターネットTVガイドでは、キャストの方々が続々とオールアップを迎える撮影現場に密着させていただきました。(※注1)

もっと見る

3月11日にいよいよ最終回を迎える「トドメの接吻」(日本テレビ系)。主演の山﨑賢人さん、新田真剣佑さん、新木優子さん、佐野勇斗さん、宮沢氷魚さんらが勢ぞろいした撮影(※注1)からほどなくして、菅田将暉さんがオールアップを迎えました。

もっと見る

3月11日についに最終回を迎える山﨑賢人さん主演の連続ドラマ「トドメの接吻」(日本テレビ系)。3月4日放送の第9話では、留置所から脱走した並樹尊氏(新田真剣佑)から堂島旺太郎(山﨑賢人)を守るため、佐藤宰子(門脇麦)は刺されて命を落としてしまいました。宰子と「お互い幸せになろう」と“キスの契約”を結んでいた旺太郎は、並樹美尊(新木優子)を愛し幸せになろうと誓いますが、春海一徳(菅田将暉)に自らの謎を告げられ…。

もっと見る

キスをすることで7日前に戻ることができる――放送中の「トドメの接吻」(日本テレビ系)は、山﨑賢人さん演じる金と権力に強欲で愛にゆがんだナンバーワンホスト・堂島旺太郎が、謎の女・佐藤宰子(門脇麦)が持つタイムリープの能力を利用し、過去を何度も繰り返すことで欲しいモノを手に入れようとする刺激的なラブストーリーです。

もっと見る

映画雑誌「キネマ旬報」が主催する「キネマ旬報ベスト・テン」は1924(大正13)年から現在まで、毎年、その年の称賛すべき作品と映画人を選出してきた映画賞。「2017年 第91回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式が2月12日に東京・文京シビックホールで開催され、大林宣彦監督(日本映画監督賞)、蒼井優(主演女優賞)、菅田将暉(主演男優賞)、田中麗奈(助演女優賞)らの受賞者が出席。日本で一番長い歴史をもつ映画賞を受賞した喜びや、今後の抱負などを語った。

もっと見る

日本テレビ系で2018年1月7日からスタートする、山崎賢人主演の連続ドラマ「トドメの接吻(キス)」(日曜午後10:30、初回は午後10:00)は、毎週木曜に“キスリレー”“キスマーク”“キスボイス”を使って、キャストを発表してきたが、いよいよラストを飾るのが、菅田将暉だと判明。菅田は同作でドラマ主題歌に初挑戦し、さらに、“謎のミュージシャン”春海一徳を演じることが明らかになった。

もっと見る

’67年10月2日、“深夜に一人ぼっちでいる若い人々の広場をつくろう”をコンセプトにスタートしたラジオ番組「オールナイトニッポン」(以下ANN)。これまでに数多くの才能豊かなパーソナリティーを輩出。深夜放送の代名詞として影響を与えてきた名物番組が、放送開始50周年を記念して50の企画を発信中だ。ラジオ離れが叫ばれる一方、スマートフォンでラジオが聴けるアプリ「radiko」の登場により、若者人気が復活の兆しを見せる昨今。今回の50周年プロジェクトの狙いについて、株式会社ニッポン放送の松浦大介編成局長に話をうかがった。

もっと見る

絶賛放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が、いよいよ最終章に突入! 第38回のラストでは、武田の遠江侵攻で焦土となった村々の復興を進める井伊直虎(柴咲コウ)の前に、菅田将暉さん演じる虎松の姿が。母の再婚に涙していた幼少期の虎松(寺田心)から父・直親(三浦春馬)を想起させる青年に成長して再会するという、まさに“満を持して”の登場に歓喜した方も多いのではないでしょうか。キラキラとした笑顔を見せたり、その後に流れた予告では鬼のような形相を見せたり…。すでにひたむきで血気盛んな一面をのぞかせている虎松ですが、その存在が井伊谷に、そして直虎にどのような変化をもたらすのでしょうか?

もっと見る

take169「何者」

コラム

「桐島、部活やめるってよ」の原作者、朝井リョウが平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した原作を、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」や「愛の渦」等で高い評価を得ている演劇界の鬼才、三浦大輔が映画化。舞台演出家らしいスリルがぎっしり詰まった青春群像劇である。

もっと見る

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月1日号
発売日:2019年10月23日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:ビートたけし×村上信五

新着連載

PAGE TOP