新着記事

7月7日放送・第26回の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(NHK総合ほか)では、100m走で惨敗した人見絹枝(菅原小春)が女子スポーツの未来のために800m走に挑みたいと懇願した姿に思わず涙をした人も多いのではないでしょうか? この回を演出した大根仁監督が、初めてのドラマ出演で、しかも大河ドラマという大舞台にもかかわらず、人々の心を揺さぶる迫真の演技をした菅原さんの印象や舞台裏を明かしてくださいました!

もっと見る

ついに、第二部がスタートした「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(NHK総合ほか)。金栗四三(中村勘九郎)から田畑政治(阿部サダヲ)の物語となり、時代も大正から昭和へと大きく動きました。6月30日の放送では、新聞記者になった口達者な田畑ことまーちゃんが、嘉納治五郎(役所広司)にぶん投げられたかと思えば、時の大蔵大臣・高橋是清(萩原健一)からアムステルダムオリンピックの渡航費をぶんどってくるなど、四三とは異なる破天荒さを兼ね備えていましたね。また、まーちゃんが是清から大金をもらってくる場面は、落語「火焔太鼓(かえんだいこ)」と見事にシンクロしていて、宮藤官九郎さんの脚本の妙に思わずうなった人も多いのではないでしょうか。

もっと見る

NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜午後8:00)で、ダンサーの菅原小春が日本人女性初の五輪選手・人見絹枝役を演じている。菅原は今作が演技初挑戦だが、ドラマの演出を担当する同作の一木正恵氏は「千載一遇のチャンスが訪れていると確信し、猛烈にオファーしました」と異例の抜てきの舞台裏を明かす。

もっと見る

6月2日放送の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(NHK総合ほか)で、女子スポーツの育成に目覚めたもじゃもじゃ頭の金栗四三(中村勘九郎)。嘉納治五郎(役所広司)の計らいで東京府立第二高等女学校の教員となった四三ですが、欧米人女性と日本人女性の身体の違いを図で説明して、生徒たちをドン引きさせていました。今回はそんな四三に対して思わず説教をしてしまったシマを演じる杉咲花さんにお話を伺いました。

もっと見る

NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜午後8:00)の新たな出演者が発表され、寺島しのぶ、黒島結菜、菅原小春、柄本佑らの出演が決まった。今作がドラマ初出演となる、日本人女性初の五輪選手・人見絹枝役を演じる菅原は「役作りなどは初めてで分からないんですが、言葉ではなくて、自分が胸に抱いている隠しきれない思いを体でぶつかることができれば」と意気込みを語った。菅原は世界的なダンサーとして知られ、昨年の「NHK紅白歌合戦」では米津玄師の歌唱中にダンスを披露したことも話題になった。

もっと見る

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月1日号
発売日:2019年10月23日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:ビートたけし×村上信五

新着連載

PAGE TOP