新着記事

テレビ朝日系で8月16日に放送する「決定版!日本の名曲100選」(午後7:00)では、年内で引退する歌姫・森昌子が出演。時代を彩った懐かしの名曲を超貴重映像で振り返ると共に、昭和歌謡に詳しいプレゼンターたちが、ヒット曲にまつわる知られざるエピソードを語り尽くす超大型企画をおくる。

もっと見る

テレビ朝日系にて6月26日に最終回が放送される連続ドラマ「特捜9 season2」(水曜午後9:00)がクランクアップを迎えた。同ドラマは、井ノ原快彦演じる浅輪直樹をはじめとする“特捜9”こと警視庁捜査一課特別捜査班のメンバーが、難事件に挑んでいく人気刑事ドラマシリーズ。最終回では、昨年放送されたシーズン1で特捜班を立ち上げた班長・宗方朔太郎(寺尾聰)と、浅輪ら特捜班のメンバーに別れが訪れる。

もっと見る

特捜9

特集

【最終回】マンションでダイイングメッセージを残した弁護士の小林(坂本直季)の遺体が見つかり、直樹(井ノ原快彦)らが捜査を開始。宗方(寺尾聰)は被害者のスマートフォンに残る男性の写真が裁判所で撮影されたものと気付く。その男性は判事の櫻井(嶋田久作)で、直樹らが櫻井と小林の接点を探る中、弁護士・松井(古河耕史)が小林と同様の手口で殺される。小林と櫻井、松井は、犯人が死刑判決を受けた12年前の青酸ガス無差別殺人事件を担当しており、事件を調べる直樹らは犯人の息子・真法(笠原秀幸)に会いに行く。

もっと見る

テレビ朝日系では、6月16日に「おかしな刑事スペシャル」(午後9:00)を放送する。本作は、現在82歳の名優・伊東四朗が演じるたたき上げの刑事・鴨志田新一と、羽田美智子が演じるエリート警視の娘・岡崎真実との“凸凹父娘コンビ”の活躍を描く人気シリーズ。2003年からスタートし、今回で第20作目となる。16年にわたって鴨志田刑事を演じ、ドラマ主演俳優としては最高齢となる伊東が、その思いを語った。

もっと見る

テレビ朝日系では4月10日から、井ノ原快彦主演の連続ドラマ「特捜9 season2」(水曜午後9:00)を放送することに決まった。さらに、この連ドラスタートに先駆け4月7日には「特捜9スペシャル」(午後9:00)を放送、ゲストは“9係”時代からのファンにはおなじみの神宮寺桃子役で名取裕子が登場することも決まった。

もっと見る

2018年に明治維新から150年を迎え大いに盛り上がった薩長土肥(鹿児島、山口、高知、佐賀)。だがその4県以外にも、明治維新の原動力となった県がある。その一つが長崎だ。KTNテレビ長崎では「薩長土肥の志士たちがなぜ長崎に集まったのか?」をテーマに、幕末と長崎の歴史をたどる番組「幕末・維新 NAGASAKI~近代化の源流をたどる~」をフジテレビ系九州・沖縄ブロック同時ネットで1月26日午後4:00から放送する。ナビゲーターは、女優の羽田美智子。

もっと見る

「ドラマスペシャル 指定弁護士」(テレビ朝日系)で、ほぼ負け戦でしかない裁判に挑み、弁護士として、そして人間として成長していく一ツ木唯を演じる北川景子さん。今作で、デビュー作となった特撮ドラマ「美少女戦士セーラームーン」(TBS系)のプロデューサーさんと再会を果たしたとのことです。そんな北川さんが、デビューから15年間の芸能生活や現在挑んでいる作品に対する思いについて明かしてくれました!

もっと見る

北川景子さんが初の弁護士役を演じる「ドラマスペシャル 指定弁護士」(テレビ朝日系)が放送されます。題材となる“指定弁護士”とは、検察が不起訴処分にした容疑者を市民による検察審議会が2回続けて起訴すべきだと判断した際に、裁判所が検察官役として指定する弁護士のこと。あまり耳なじみのない言葉ですね。私もこのドラマでその役割について知りました。北川さんは、嫌疑が掛けられながら不起訴になった衆議院議員の贈収賄容疑の真相を追い掛けるべく、指定弁護士の職務に挑む一ツ木唯を演じます。

もっと見る

北川景子が、テレビ朝日系で9月に放送されるドラマスペシャル「指定弁護士」(日時未定)で、初の弁護士役に挑戦する。同作は、同系の人気シリーズ「相棒」や「科捜研の女」で知られる脚本家・櫻井武晴氏による本格リーガルドラマ。今回の主題となっている指定弁護士とは、検察が不起訴にした容疑者を、市民による「検察審査会」が2回続けて「起訴すべき」と判断した際に、検察官役として指定される弁護士のこと。検察が何度も「白」と判断した事件を、国民感情に押される形で強制起訴する役割を負うため、ほぼ負け戦という非常に困難が伴う職務となっている。

もっと見る

特捜9

特集

【最終回】法務大臣・高森(中原丈雄)の妻・静江(藤井かほり)が刺殺され、直樹(井ノ原快彦)ら特捜班と安達(山下徹大)ら組織犯罪対策部との合同捜査が始まる。安達ら組対は、静江を高森と間違えた暴力団の犯行と決めつける。特捜班は組対に捜査の主導権を奪われるが、今回の事件が、宗方(寺尾聰)が警察を辞めることになった5年前の事件、さらに9係が解散させられた1年前の事件と関連があることを知り、独自に捜査を進める。

もっと見る

テレビ朝日系バラエティー「帰れマンデー見っけ隊!!」(月曜午後7:00)の6月11日放送回は、3時間スペシャルとして人気企画「帰れま10」に、井ノ原快彦をはじめとする同系連続ドラマ「特捜9」(水曜午後9:00)の共演者陣が初参戦する。同番組は、タカアンドトシ、サンドウィッチマンがゲストと過酷な企画に挑むバラエティー。お店の人気メニューベスト10をすべて当てるまで帰れない「帰れま10」の今回の舞台は、売り上げナンバー1の回転ずしチェーン。井ノ原は、主演を務めた「特捜9」がクランクアップした直後の出演で、スタートからハイテンション。井ノ原は「打ち上げ気分で来た」と語る。

もっと見る

井ノ原快彦さん主演で、警視庁に新設された“特別捜査班”が事件解決に挑むドラマ「特捜9」(テレビ朝日系)。12年間続いた「警視庁捜査一課9係」の流れを引き継ぎ、浅輪直樹(井ノ原快彦)、小宮山志保(羽田美智子)、青柳靖(吹越満)ら“9係”メンバーの活躍ぶり、そしてその独特の掛け合いも健在です。そして、特捜班になってから新たに登場した班長・宗方朔太郎(寺尾聰)や若手ゆとり刑事・新藤亮(山田裕貴)が、このコンビネーションに新たな魅力をプラスしていますね。

もっと見る

“警視庁捜査一課9係”が解散して1年…。井ノ原快彦さん演じる浅輪直樹を中心に9係メンバーが再結集し、班長・宗方朔太郎(寺尾聰)率いる“特別捜査班”として難事件を解決に導くドラマ「特捜9」(テレビ朝日系)。生まれ変わった特捜班でも、絶妙なコンビネーションやチームワークは健在で、安定した人気を誇っています。その特捜班に新たに加入した新藤亮を演じる山田裕貴さんを直撃! 深く考えずに先走ってしまい、時には浅輪らに怒られてしまう若手刑事というポジションを担う山田さんに、このドラマに出演することへの思いや撮影現場での様子を伺いました。

もっと見る

TVガイド最新号

TVガイド
2019年12月13日号
発売日:2019年12月4日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:TOKIO×嵐

新着連載

PAGE TOP