新着記事

テレビ東京系で4月15日からスタートするドラマBiz「スパイラル~町工場の奇跡~」(月曜午後10:00)の撮影現場に、本作の原作者である真山仁氏が激励訪問し、主演の玉木宏をはじめ、貫地谷しほり、戸塚純貴、前原滉、國村隼ら主要キャストが勢ぞろいする事務所シーンを見学した。

もっと見る

さくらの親子丼2

特集

【最終回】香(塩野瑛久)が窃盗団の一味として警察に捕まった。香が無断外出を繰り返していたことを知っていたさくら(真矢ミキ)が自分を責める中、桃子(名取裕子)や川端(柄本時生)は香を救うために奔走する。そんな時、「ハチドリの家」に新たな少女が保護され、彼女の顔を見たさくらは驚く。一方、ハチドリの家で1年半以上暮らす由夏(岡本夏美)がついに美容院で働くことになる。

もっと見る

真矢ミキさん主演の「さくらの親子丼2」(フジテレビ系=東海テレビ制作)は、12月22日に第4話の放送を迎えます。「家族」や「親子」という枠からはじき出されてしまった子どもたちが生活を余儀なくされる、子どもシェルター「ハチドリの家」を舞台に、その過酷な現実に打ちのめされながらも、食事を通じて彼らと向き合おうとする九十九さくら(真矢)、そして、そんな子どもたちの姿を描く物語です。

もっと見る

12月1日から「オトナの土ドラ」枠でスタートした「さくらの親子丼2」(フジテレビ系=東海テレビ制作)。真矢ミキさん演じる九十九さくらが、子どもシェルター「ハチドリの家」で暮らす子どもたちと向き合おうと奮闘していく物語です。実は本作、土ドラ史上初のシリーズもの。2017年秋に放送された前作だった古本屋から、舞台を子どもシェルターに移し、さらにパワーアップしておくります。ここでは先頃行われた会見から出演者の皆さんのコメントをご紹介すると共に、12月15日放送・第3話の見どころも紹介したいと思います。

もっと見る

さくらの親子丼2

特集

子どもシェルター「ハチドリの家」で暮らす玲奈(尾碕真花)らは、ホーム長・鍋島(相島一之)の付き添いで買い物へ。そこで玲奈は、以前働いていた風俗店の客だった恋人に会い、店が自分を捜していると知る。一方、ハチドリの家のスタッフになったさくら(真矢ミキ)は、子ども達に自分の食べたい物を食べてほしいとの思いから投票形式で夕食の献立を決めることにする。

もっと見る

12月1日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「さくらの親子丼2」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)の取材会が行われ、主演の真矢ミキをはじめ、若手キャストの井頭愛海、岡本夏美、柴田杏花、尾碕真花、祷キララ、日比美思、浦上晟周、塩野瑛久が出席した。

もっと見る

フジテレビ系では12月1日から、真矢ミキ主演の連続ドラマ「さくらの親子丼2」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)をスタートさせる。古本屋を舞台に、行き場をなくした子どもたちに無償で親子丼を振る舞うさくら(真矢)の姿を描くヒューマンドラマの約1年ぶりの続編となる。「オトナの土ドラ」枠作品としては初のシリーズ化に真矢は「何事においても初めてって好物なのでうれしい。この作品が人の心に訴えるものがあるというのは、ドラマに関わった人たちの泥臭さがあったからこそ。そういう一つ一つが思い出なので、初の続編というのは光栄」と喜んでいる。

もっと見る

TBS系で10月14日にスタートする連続ドラマ「下町ロケット」(日曜午後9:00)の試写会が行われ、主演の阿部寛、共演の竹内涼真、安田顕、尾上菊之助、真矢ミキ、古舘伊知郎、立川談春が出席した。主人公の佃航平を演じる阿部は「3年たってまた帰ってくることができて、うれしく思います。その間、たまっていた思いを全力でぶつけたいと思います。前回は町工場で『おっさんが夢見て、何が悪いか』という涙のせりふから始まりました。それを引き継いで、今度はロケットだけでなく、農業、大地へと取り組んでいきます」と見どころをアピールした。

もっと見る

TBS系で10月期に放送の連続ドラマ「下町ロケット」(日曜午後9:00、開始日未定)に、土屋太鳳、竹内涼真ら前作の豪華キャスト陣が再集結することが分かった。同ドラマは、池井戸潤氏の同名小説シリーズを原作に、2015年に放送されたドラマの続編で、主人公の佃航平(阿部寛)が社長を務める下町の町工場・佃製作所の奮闘を描くもの。前作では国産ロケットのバルブシステムの開発に挑戦したが、今作ではまたしても窮地に陥った佃製作所が、宇宙から大地へと新たな挑戦に打って出るストーリーが描かれる。

もっと見る

テレビ朝日系の帯ドラマ劇場第3弾として1月8日からスタートする「越路吹雪物語」(月~金曜午後0:30)はキャスティングも続々と明らかになり、すでに話題となっているが、越路と同じく宝塚歌劇団で男役トップスターとして活躍した真矢ミキが、ナレーションを務めることが明らかになった。

もっと見る

貧困、親子の不仲、摂食障害、引きこもりなど、今の日本のリアルな社会問題について全国で取材をし、ドラマの設定に反映した社会派人情ドラマの「さくらの親子丼」。第6話ではゲスの極み乙女。の“ほな・いこか”こと、さとうほなみさんが出演したことでも話題になりました。

もっと見る

さくらの親子丼

特集

【最終回】あざみ(吉本実憂)から育ての親とのつらい思い出を聞いたさくら(真矢ミキ)は、親元へ帰らなくていいと伝える。そんな中、恭子(本仮屋ユイカ)はインターネットの情報からあざみの実母・花菜子の行方を知ることに。さくらと恭子は悩んだ末、あざみに報告する。混乱したものの、会って話をしたいと決意したあざみは、恭子に最寄り駅まで付き添われ、花菜子が働くスナックを訪ねる。

もっと見る

10月7日にスタートするフジテレビ系連続ドラマ「さくらの親子丼」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)の会見に、主演の真矢みき、共演の吉本実憂、本仮屋ユイカが出席した。同ドラマは、古本店の店主でシングルマザーの九十九さくら(真矢)が、心に傷を負った店を訪れる人々に無料で親子丼を振る舞い、おなかも心も満たしていく人情ドラマ。

もっと見る

あなたが最後に“親子丼”を食べたのはいつですか?10月から放送スタートの「さくらの親子丼」(フジテレビ系)では、主人公・九十九さくら(真矢ミキ)が提供する親子丼をテーマに、物語が進んでいきます。一つの親子丼がいくつもの人生をつなげていく…。今までにないような題材ですが、見た後は心がほっこりと、時にはひりひりとする社会派人情ドラマです。そこで、今回は10月7日の第1話に先駆けて、あらすじと見どころをご紹介いたします!

もっと見る

TVガイド最新号

TVガイド
2019年10月25日号
発売日:2019年10月16日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:木村拓哉

新着連載

PAGE TOP