新着記事

羽生結弦が、「デジタルTVガイドフィギュアグランプリシリーズ特集号」(10月24日発売)の表紙を飾ることがわかった。さらに、羽生が拠点とするカナダ・トロントで現地取材を行い、シーズン初戦の「オータムクラシック」にも密着。大ボリュームの貴重なロングインタビューと撮り下ろしグラビアで、五輪連覇後初となる注目のシーズンの目標、グランプリシリーズに向けた羽生の想いにも迫る。

もっと見る

9月22日に最終回を迎える、日本テレビ系連続ドラマ「サバイバル・ウェディング」(土曜午後10:00)で、奇抜な格好と毒舌ぶりが話題になっていた人気雑誌「riz」の敏腕編集長・宇佐美博人を演じてきた伊勢谷友介が、クランクアップを迎えた。伊勢谷は「監督とプロデューサーと何度も話し合いながら宇佐美の格好を作っていったのですが、放送開始して視聴者に受け入れてもらえるまで、鏡を見ては不安でした。そして、カツラが熱かったですね(笑)」と、不安を抱えながらの撮影だったことを、苦笑いで振り返った。

もっと見る

サバイバル・ウェディング

特集

【最終回】さやか(波瑠)は一緒にインドには行けないと祐一(吉沢亮)に伝える。美里(奈緒)から、婚活コラムの‘王子様’が自分だと知らされた祐一は、仕事を続けたいというさやかの気持ちを理解するとともに、自身も夢に向かう決意を新たに。そして予定通り、「柏木コーポレーション」の創立記念パーティーの席で父親・惣一(生瀬勝久)の説得を試みるが、相手にされない。後押しをしたさやかも、逆に自分の覚悟のなさを思い知らされ、祐一との別れを決断。そこに帰ったはずの宇佐美(伊勢谷友介)が現れて…。

もっと見る

9月22日に最終回を迎える、日本テレビ系連続ドラマ「サバイバル・ウェディング」(土曜午後10:00)で、主人公の黒木さやか(波瑠)の元婚約者・石橋和也役の風間俊介がクランクアップし、「本当にこの作品の一員になれて幸せでした」と喜びを語った。

もっと見る

星野源が表紙を飾る「デジタルTVガイド 『半分、青い。』クライマックス特集号」が8月24日発売。連続テレビ小説「半分、青い。」の主題歌で、待望のニューシングルとなる「アイデア」を8/20に配信リリースした星野源。巻頭ロングインタビューでは、“星野流”ともいえる練り上げられたコンセプトをはじめ、ドラマサイズからフルバージョン制作に至るまでの試行錯誤、「(自らの)インナーワールドへ入っていくように書いた」という詞の世界観など、日本の朝を鮮やかに彩る楽曲に込めた想いに、あらゆる角度から迫っている。

もっと見る

日本テレビ系の連続ドラマ「サバイバル・ウェディング」(土曜午後10:00)で、主題歌「ドラマ」を歌う男性ボーカルユニットのC&K(CLIEVY、KEEN)が撮影現場を表敬訪問し、主演の波瑠に「撮影で大変だと思いますが、頑張ってください」とピンクのバラの花束を贈呈した。

もっと見る

波瑠さんが主演を務めているドラマ「サバイバル・ウェディング」(日本テレビ系)。原作者は、女性読者の9割が面白い!と絶賛した小説「SURVIVAL WEDDING」の大橋弘祐先生です。黒木さやか(波瑠)は、勤務していた出版社を寿退社したその日に恋人・石橋和也(風間俊介)から婚約破棄されてしまいます。そんな彼女を、「半年以内に結婚しないとクビ」という条件で敏腕編集長の宇佐美博人(伊勢谷友介)が復職させます。このドラマは、宇佐美がさやかに命じる海外ブランドのマーケティング手法を使った恋愛戦略が見どころとなっています!

もっと見る

7月21日の放送で第2話を迎える連続ドラマ「サバイバル・ウェディング」(日本テレビ系)。ライフスタイル誌「riz」の編集部で自身の婚活コラムを書くことになった黒木さやか(波瑠)が奮闘する姿と、敏腕だが自己愛が異常に強いナルシストの宇佐美博人(伊勢谷友介)による、ハイブランドのマーケティング戦略を駆使した恋愛テクニックが魅力のこのドラマ。さやかは自分を安売りしないことを宇佐美に注意されたにもかかわらず、第1話の最後には、婚約を破棄した張本人である石橋和也(風間俊介)に体を許してしまいました。

もっと見る

日本テレビ系で7月14日にスタートする、波瑠主演の連続ドラマ「サバイバル・ウェディング」(土曜午後10:00)で、主人公の黒木さやか(波瑠)が出会う年下のイケメン王子・柏木祐一役の吉沢亮がクランクインし、ファーストシーンが “イケメンの無駄遣い”とも思える、顔の出ない着ぐるみ場面だったことが分かった。

もっと見る

テレビ朝日系で放送中の「警視庁・捜査一課長」(木曜午後8:00)と「未解決の女 警視庁文書捜査官」(木曜午後9:00)の相互コラボレーション第3弾が、6月7日の放送回で実現する。今回は、「未解決の女」で主人公の熱血刑事・矢代朋を演じる波瑠と、朋の上司で特命捜査対策室第6係の係長・財津喜延役の高田純次が「~捜査一課長」に、「~捜査一課長」の主人公である捜査一課長・大岩純一役を務める内藤剛志が「未解決の女」に出演する。

もっと見る

【最終回】 会社社長・百々瀬(石黒賢)の娘で、藤枝(長谷川朝晴)の殺害現場に遭遇し拉致された佐智(谷村美月)は救出されるが、朋(波瑠)は犯人・秋田(岡田浩暉)を取り逃がす。さらに、その秋田も刺殺された。秋田と藤枝は、15年前の3億円強奪事件の犯人の疑いが濃厚で、秋田殺しの犯人は依然不明だ。そんな中、カードで手掛かりを残した佐智が証言を開始。一方、15年前の供述調書の筆跡に疑問を抱く理沙(鈴木京香)は警備員・水口(梨本謙次郎)を訪ね、拳銃に関する水口の証言が調書にないと知る。

もっと見る

日本テレビ系で7月期放送の波瑠主演連続ドラマ「サバイバル・ウェディング」(土曜午後10:00、開始日未定)に吉沢亮、風間俊介、高橋メアリージュンらの出演が決まった。寿退社した日に婚約破棄され、条件付きで復職する雑誌編集者・黒木さやか(波瑠)の奮闘を描く。さやかが仕事で出会う“年下イケメン王子”柏木祐一役の吉沢は、「連ドラに出演させていただくのは個人的に久々なので緊張してます。波瑠さん演じる主人公が憧れる年下の男ということで、爽やかに、見てくださる皆さまにも愛していただけるように頑張ります」と意気込みを明かす。

もっと見る

6月7日が最終回となるテレビ朝日系の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(木曜午後9:00)で、鳴海理沙を演じている鈴木京香が誕生日を迎え、主人公・矢代朋役の波瑠ら、特命捜査対策室第6係メンバーによってサプライズで祝福をされた。同作は、肉体派刑事の矢代と頭脳派刑事の鳴海がバディを組み、「文字」をテーマに事件を解決していく刑事ドラマ。

もっと見る

PAGE TOP