新着記事

「十和子フード」と「伊坂商事」がともに「デリシャス・フード」を支援してくれることになり、さらに飲食チェーン店・新潟屋のアジア進出という明るい計画も進んでいる中、ネットニュースに「デリシャス・フード、債務超過! 倒産の危機」と出てしまい急展開を見せた「ラストチャンス 再生請負人」。9月3日放送の最終回は、一体どうなってしまうのでしょうか!?

もっと見る

樫村徹夫(仲村トオル)の思い切った行動と判断力で、再建に向けての明るい道筋が見えてきた「デリシャス・フード」。今までずっと強気に出ていた銀行員・杉山誠三(町田啓太)たちの土下座姿も見られて、スッキリした方も多いのではないでしょうか?(笑)。 しかし、ネットニュースに「デリシャス・フード、債務超過!倒産の危機」と出てしまい…、最後の最後まで真っ赤な七味唐辛子が降りかかってくるようです。

もっと見る

【最終回】「デリシャス・フード」は含み損100億円以上で「倒産の危機」とスクープされ、株価が大きく下落する。窮地に陥った樫村(仲村トオル)は、十和子(水野美紀)が社長を務める外食企業に筆頭株主・山本(大谷亮平)が持つ株を売ろうと急ぐ。ところが、その山本と連絡が取れなくなる。山本は商事会社常務・小沢(竜雷太)とひそかに交渉を進めていた。その後、商事会社はデリシャス・フードへの資本提供を取りやめると言い出す。

もっと見る

龍門興業の龍ヶ崎(大鷹明良)が仕掛けてきた銀行口座の差し押さえを何とか解除してもらい、一難去ったかと思いきや、次は重要なスポンサーと見込んだ「十和子フード」社長の岡田十和子(水野美紀)の背後に「デリシャス・フード」創業者の結城伸治(池田成志)がいるということが発覚。果たして、社長の樫村徹夫(仲村トオル)は誰を信じ、どう再建していくのでしょうか?

もっと見る

会社の創業者で経営を悪化させて去ってしまった「デリシャス・フード」の前オーナー・結城伸治(池田成志)と、ついに対峙する樫村徹夫(仲村トオル)。そして、結城と樫村を引き合わせた岸野聡(勝村政信)の思惑とは? ドラマ「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)が、ますます目が離せない展開になってきましたね。

もっと見る

仲村トオルさん演じる樫村徹夫が飲食フランチャイズ企業「デリシャス・フード」を再建するべく奮闘する「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)。たまに会う占い師(ミッキー・カーチス)に助言される「人生、七味とうがらし」の通り、元部下の杉山誠三(町田啓太)からは融資が難しいと突き放され、コンサルティング契約を結んだ元同期の宮内亮(椎名桔平)からは厳しい視線を向けられ、さらには筆頭株主の山本知也(大谷亮平)から「なんとかしろ、でも株価は下げるな」と強く当たられ…。回を追うごとに状況が悪くなっていますが、ここからの樫村の頑張りが果たしてどういうものなのか見ものですね。

もっと見る

元銀行マンの樫村徹夫(仲村トオル)が、畑違いの飲食チェーン企業「デリシャス・フード」の社長に就任し、会社を“再生”させるべく奮闘する「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)。赤字店のメニューを改善するため、外食企業「十和子フード」社長の岡田十和子(水野美紀)にアドバイスをもらうなど、ちょっとずつ良い方向へ向かっているような気もしますが、その様子を厳しく見つめる宮内亮(椎名桔平)。樫村とコンサルティング契約を結んでいる彼の目には、樫村の方針や「デリシャス・フード」がどのように映っているのかが気になります。

もっと見る

元銀行員の樫村徹夫(仲村トオル)が社長として就任した飲食フランチャイズ企業「デリシャス・フード」。財務部長の岸野聡(勝村政信)と和解したり、店舗で働く社員と信頼関係を築き始めるなど、ちょっとずつ前進しているようにも見えたものの、またしてもフランチャイズのオーナーたちが「金を返せ!」と押しかけてきて…。さらに元同期で経営コンサルティングの会社を立ち上げた宮内亮(椎名桔平)も敵なのか、味方なのか謎な雰囲気を醸し出していて、まだまだ樫村には七味がたっぷりふりかかってくるようです。

もっと見る

皆さんが働く時に大事にしていることはなんですか? 給料の良さ? はたまた仕事のやりがい? 人によってその価値観はさまざまですよね。ドラマ「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)では、社長に就任した樫村徹夫(仲村トオル)が社員はもちろん、彼らが持つ“夢”を大事にしながら、企業再建に挑みます。ただ、負債を100億円以上抱え経営状況が厳しいという現実も変わらずにあり…。樫村が社員のリストラをせずにいかに会社を再生させていくのか、ますます目が離せません。

もっと見る

仲村トオルさん演じる樫村徹夫が、飲食フランチャイズ企業の再建に奮闘するビジネスドラマ「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)。CFOとして会社の現状について調べると、「デリシャス・フード」は各オーナーに対してフランチャイズ権を売るも、将来買い戻すという“裏契約”を交わすことによって資金繰りをしており、その返還資金が100億円以上にも上ることが発覚。いきなり“七味とうがらしたっぷりの”試練が降りかかってきた樫村が、このピンチをどう乗り越えていくのか気になりますね。

もっと見る

人と企業の“再生”をテーマに、働くすべての人へ向けたドラマ「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)。元銀行マンの樫村徹夫(仲村トオル)は、CFOとして「デリシャス・フード」の経営を立て直すべく奮闘しようとしますが、なんだか怪しい風向きで…。特に、創業メンバーで財務部長の岸野聡(勝村政信)とは最初から言い争いになってしまい、こんな状況で本当に再建できるのかと感じたのは私だけではないはずです。

もっと見る

【最終回】覚悟を決めた佐知子(原田知世)から古賀(椎名桔平)の手帳の画像が添付されたメールを受け取った弓子(黒木メイサ)は、古賀の元顧客・熊田(デビット伊東)の行方を追って、内外情報通信社の相楽(津嘉山正種)の元へ。相楽に「三田電機の上場廃止はあり得ず、手を引いた方が身のためだ」と忠告されても決意は揺るがない。証券取引等監視委員会委員長・粟島(石丸謙二郎)の協力も取り付け、弓子らはついに古賀逮捕にこぎ着ける。

もっと見る

7月16日午後10時からスタートするドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)。仲村トオルさん演じる銀行マン・樫村徹夫が転職を決意した飲食フランチャイズ企業は、まさかのがけっぷち!? 今まで経験したことがない異業界で、仲間や家族に支えられながら会社再建に奮闘する樫村の波瀾(はらん)万丈な日々をドラマチックに描きます。

もっと見る

テレビ東京系で7月16日からスタートするドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」(月曜午後10:00)の追加キャストが発表となり、池田成志、荒井敦史、中川知香、佐伯大地、渡邉蒼、岩松了が出演することが決まった。同枠は、“働く”をテーマにした本格的ビジネスヒューマンドラマ枠。江上剛氏の同名小説を原作に、「会社の再生(再建)と人の再生」をテーマにおくる。第一線で活躍していた銀行マンが、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめ直して転職を決意し、異業界で会社再建に奮闘する姿を波瀾(はらん)万丈に描いていく。

もっと見る

古賀(椎名桔平)の故郷を訪ねた弓子(黒木メイサ)は、彼の妹や母・良美(山口美也子)ばかりか、良美の愛人だった信金理事長・荒井(渡辺哲)も死んでいることを知る。さかのぼってバブル期。古賀は財テクブームに熱狂する荒井をはじめ欲深い顧客にわなを仕掛け始めていた。一方、大蔵省からの通達を機に、中野(奥田瑛二)はある決断を下す。そんな中、古賀は佐知子(原田知世)と出会う。

もっと見る
PAGE TOP