新着記事

【最終回】お国(尾野真千子)の悪計を阻止するため孝助(若葉竜也)が暗闇の中で斬ったのは、源次郎(柄本佑)ではなく平左衛門(高嶋政宏)だった。孝助はそこで、平左衛門が亡父の敵と知る。いまわの際の平左衛門に深手を負わされた源次郎は、お国と共に逐電。孝助は敵討ちの旅に出る。逐電先で名を変えたお国にくしくも入れ込んだのは、金百両を元手にのし上がった伴蔵(段田安則)で…。

もっと見る

NHK BSプレミアムでは、10月6日からプレミアムドラマ「令和元年版 怪談牡丹燈籠」を放送します。初代三遊亭圓朝による長編落語の傑作怪談「怪談牡丹燈籠」を、尾野真千子さん主演でワイヤーアクション、特殊メーク、チャンバラといった新たな演出を交えて映像化したドラマです。

もっと見る

NHK総合では柄本佑主演の連続ドラマ「心の傷を癒すということ」を来年1月18日(土曜午後9:00)にスタートさせる。阪神・淡路大震災の発生時に被災者の心のケアに奔走し、日本におけるPTSD(心的外傷後ストレス障害)研究の先駆者となった在日韓国人の精神科医・安克昌氏をモデルにしたドラマで、主人公の安和隆役を演じる柄本は「愚直に真っすぐ、安さんの人生を生きていこうと思います。頑張ります」と意気込んでいる。

もっと見る

大正12(1923)年9月1日に起きた関東大震災が描かれた、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(NHK総合ほか)。6月16日の放送では、美濃部孝蔵(森山未來)が火の海となった東京の街をぼうぜんと見つめている様子や、行方不明となった妻のシマ(杉咲花)を捜している増野(柄本佑)が「ご飯が硬いなんて言わなきゃよかった。ご飯なんかどっちでもよかった」と後悔する姿はとてもせつなく、平凡な日常は当たり前ではなく、奇跡の積み重ねなのだと思わずにはいられませんでした。そんな中でも、がれきだらけの道で人力車を引いて回る清さん(峯田和伸)は、人間のたくましさの象徴のように見えました。今回はそんな清さんを演じる峯田さんのお話をお届けします。

もっと見る

6月2日放送の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(NHK総合ほか)で、女子スポーツの育成に目覚めたもじゃもじゃ頭の金栗四三(中村勘九郎)。嘉納治五郎(役所広司)の計らいで東京府立第二高等女学校の教員となった四三ですが、欧米人女性と日本人女性の身体の違いを図で説明して、生徒たちをドン引きさせていました。今回はそんな四三に対して思わず説教をしてしまったシマを演じる杉咲花さんにお話を伺いました。

もっと見る

ついに第3週から広瀬すずさん演じる奥原なつが登場したNHK連続テレビ小説「なつぞら」。「今日は出るかな? 出ないかな?」と首を長くして待っていた方も多いのではないでしょうか? 成長したなつは、すっかり柴田家になじみ、農業高校に通う素直な学生に育ったようです。逆子の牛の出産を助けるために人工呼吸をするシーンには、こんなにたくましく、優しい子に成長したのかと、記者も感動しました!

もっと見る

皆さんはご自身が普段どこの水を飲んでいるか知っていますか? 日本では、蛇口をひねれば安全な飲み水が出てくるのが当たり前ですが、そんな当たり前を作った無名の男たちの姿を描く「家康、江戸を建てる」が2019年1月2・3日(NHK総合ほか)の2夜連続で放送されます。「前編~水を制す~」では佐々木蔵之介さん演じる大久保藤五郎が、敬愛する徳川家康(市村正親)のため奔走し、江戸においしい水を届ける姿を描きます。今回は上水工事に奮闘する前編の試写会に記者がお邪魔してきました! 前編からは佐々木さん、生瀬勝久さん、優香さん、千葉雄大さん。後編からは柄本佑さん、広瀬アリスさん、林遣都さん。そして、家康役として両編にご出演された市村さんが登壇されました。

もっと見る

take198「武士の献立」

コラム

舞台は江戸時代の加賀藩。伝統ある加賀料理の基礎を築いた実在の舟木家をモデルに、料理の腕前で藩主に仕えた包丁侍一家に嫁いだヒロイン、春が、料理で難局を乗り越え、夫婦愛と家族の絆を深めていくプロセスを描く人間ドラマである。

もっと見る

ROAD TO EDEN

特集

【最終回】ついにエデンの塔に到達したカイト(柄本佑)たち。待ち受けるのは、アダム(古田新太)率いるニュークローン。父と子は互いにぶつかり合う。果たして、世界はニュークローンと人間、どちらに傾くのか。

もっと見る

10月1日にスタートするNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜午前8:00ほか)のヒロイン・福子役が女優の安藤サクラに決まった。安藤は昨年、夫で俳優の柄本佑との間に第一子となる長女を出産したばかりで、朝ドラ史上初の“ママさんヒロイン”が誕生する。会見に出席した安藤は、「子どもを育てることが第1にあったので、そんなこと考えもしなかった」と当初はオファーに戸惑ったことを明かした。

もっと見る

【最終回】事故に遭った板倉(柄本佑)の容体は悪く、妙子(中村ゆり)はショックを受けていた。雪子(伊藤歩)は、旧子爵家出身で大手広告代理店勤務の御牧(ムロツヨシ)と見合いをすることに。当日、御牧は半ズボンで現れ、雪子らを庶民的な中国料理店に案内。食事マナーもひどいものだったが、雪子との会話は弾む。本家では辰雄(甲本雅裕)の東京転勤が決まった。だが幸子(高岡早紀)は鶴子(中山美穂)が東京で暮らせるわけがないと反対する。

もっと見る

1月7日にスタートした「プレミアムドラマ 平成細雪」(NHK BSプレミアム)はご覧になりましたか? 谷崎潤一郎の名作「細雪」の舞台を平成に置き換え、バブル崩壊後を生きる4姉妹の物語として連続ドラマ化した本作。4姉妹を演じる中山美穂さん、高岡早紀さん、伊藤歩さん、中村ゆりさんが、まあ艶やかで美しいこと。昨年、第1話の放送を前に行われた会見に皆さん着物姿で登壇。その華やかさは新年のドラマにふさわしい装いでした。会見では本当の姉妹のように仲むつまじい様子で、中山さんが「撮影が終わってもこの4姉妹が続けばいいのにと感じていた」と撮影を振り返るほど、息ピッタリの撮影だったようです。

もっと見る

10月26日から動画配信サービス・FOD(フジテレビオンデマンド)で配信される連続ドラマ「ROAD TO EDEN」の完成披露試写会に、主演の柄本佑と共演の久松郁実が登壇した。同作は、地球とは別の架空の惑星を舞台に、ニュークローン軍に反乱するレジスタンスのメンバーで、物資を盗んでは労働者階級に配る義賊を名乗る主人公・カイト(柄本)ら5人の仲間が「エデン」を目指す。

もっと見る

TBS系では、来年4月に直木賞作家・杉森久英氏原作の連続ドラマ「天皇の料理番」(日曜午後9:00、スタート日未定)を、俳優の佐藤健の主演で放送することが決まった。大正・昭和に宮内省大膳(だいぜん)頭を務めた秋山徳蔵氏をモデルに、片田舎の厄介者だった主人公の秋山篤蔵が天皇の料理番を務め上げるまで成長する姿を描く。佐藤は、「この作品は『夢』が大きなテーマになってくるドラマです。1人の青年が夢と出合い、闘い、生きていくいちずな姿を見ていただきたいです」と見どころをアピールしている。

もっと見る

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月1日号
発売日:2019年10月23日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:ビートたけし×村上信五

新着連載

PAGE TOP