新着記事

ドラマ誕生20年目にして、テレビ朝日開局60周年という記念すべき節目を迎える、10月9日スタートの連続ドラマ「相棒 season18」(水曜午後9:00)。初回は通常よりも拡大した放送時間で、しかも「杉下右京が失踪」という前代未聞の状況からドラマがスタートする。そんなスペシャルな放送を前に、杉下右京役の水谷豊と冠城亘役の反町隆史が、LINE、Twitter、Facebookの「相棒」公式アカウントとYouTubeのテレビ朝日公式アカウントに登場、スペシャルライブ配信されることが発表された。

もっと見る

捜査権を持たない警視庁特命係の杉下右京と冠城亘のコンビが、さまざまな難事件を解決に導いていく大人気ドラマシリーズ「相棒」(テレビ朝日系)。シーズン18となる今期、“右京さん”演じる水谷豊さんにとっては20年目に、“冠城くん”に扮(ふん)する反町隆史さんにとっては5年目に突入します。同じ役でのコンビを長い間続けている水谷さん&反町さんに、お二人の関係性の変化や新シーズンの見どころについて伺いました!

もっと見る

動画配信サービス・U-NEXTと関西テレビがタッグを組み、宝島社「このミステリーがすごい!」大賞の関連作品をドラマ化する“「このミス」大賞ドラマシリーズ” 。第1弾「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」に続いて、第2弾「名もなき復讐者 ZEGEN」がいよいよスタートする。

もっと見る

スカム

特集

【最終回】集金屋の山田(山中崇)に脅迫され、振り切って逃げる誠実(杉野遥亮)。詐欺の店舗は解散する。警察の捜査が迫る中、誠実は幸子(西田尚美)と父親の退院祝いのケーキ作りに没頭する。

もっと見る

放送中の連続ドラマ「スカム」(MBS/TBS)で、葛藤しながらも振り込め詐欺師としてのし上がっていく若者・草野誠実役を演じる杉野遥亮さん。インタビュー後編では、小林勇貴監督とのエピソードや、この夏挑戦したいことなどをお聞きしました。(【前編】はこちら)

もっと見る

現在放送中の連続ドラマ「スカム」(MBS/TBS)。2009年の東京近郊を舞台に、リーマンショックの影響により入社半年で新卒切りに遭い無職になり、さらに父親の大病による高額の治療費の捻出が重なって、職とお金を失った若者が振り込め詐欺に手を染めていく姿が描かれる作品です。

もっと見る

連続ドラマW 神の手

特集

【最終回】病院を辞めた白川(椎名桔平)は、元「阻止連」の医師・大塚(井上肇)から終末期医療に入る患者・畠中(田山涼成)の対処を相談されるが、断ってしまう。佐渡原(近藤正臣)が裏で動いた「安楽死法案」が可決する中、「ジャモ」会長・新見(北村有起哉)が遺体となって発見される。一方、晶子(坂井真紀)に呼び出された白川は、康代(鈴木砂羽)の事務所であるものを見せられる。

もっと見る

第1話の放送を終えた杉野遥亮さん主演の連続ドラマ「スカム」(MBS/TBS)。舞台は2009年、世界経済を襲ったリーマンショックの影響で日本でも多くの会社員が職を失い、さらに若者の貧困率が高齢者を大きく上回りました。「世代間格差」という言葉が生まれた、今から10年前の日本。

もっと見る

6月23日にWOWOWプライムでスタートする「連続ドラマW 神の手」(日曜午後10:00)の第1話完成披露試写会が行われ、主演の椎名桔平、共演の杉本哲太、鈴木砂羽、北村有起哉、兼重淳監督が参加した。椎名と杉本の付き合いは四半世紀を超え、「Vシネマが全盛期の頃が最初かな。哲太くんが主演で僕はまだ世に出ていなかった」と椎名が回想すると、杉本も「当時は、ものすごい目つきの悪い男が来たぞ!と思った」と笑わせつつ「今回のドラマでは大学からの付き合いという設定だったので、プライベートでの長い付き合いの下地があったのでやりやすかった」と笑顔を浮かべた。

もっと見る

テレビ東京で4月11日にスタートするアニメ「テレビ野郎 ナナーナ わくわく洞窟ランド」(木曜午後7:53、初回、第2回は午後8:49)で、主人公のディレクター「七岡」役のビビる大木、カメラマン「七森」役の温水洋一、AD「七山」役のつぶやきシローに加え、さらに個性豊かなゲストキャストと豪華な声優陣の追加キャストが決定した。

もっと見る

TBS系「月曜名作劇場」(月曜午後8:00)では、杉本哲太と古田新太がダブル主演する「今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~」を3月11日に放送する。2014年1月期に放送された連続ドラマ「隠蔽捜査」の続編で、東大卒の元エリート警察官僚の主人公・竜崎伸也役の杉本は「今回は古田新太さんと2人のシーンから撮影に入りました。ライバル上條役の生瀬勝久さんや、妻役の鈴木砂羽さんら、それぞれ相対する方との撮影を重ねるごとに『あ~そうだった』『こうだった』など連ドラの頃を思い出しながらの楽しい現場となりました」と旧知の顔ぶれとの息の合った芝居になったことを語っている。

もっと見る

日本テレビ系で1月19日にスタートする連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」(土曜午後10:00)の特別試写会が行われ、主演の坂口健太郎、共演の川口春奈が出席した。同試写会は弁護士の卵である法科大学院生や今年から裁判員裁判の対象になる新成人を対象に行われ、主人公の弁護士・黒川拓役の坂口が「ドラマの中で役として弁護士を演じましたが、司法というものはすごいものだと思いました。その中心にいる弁護士さんはすごくエネルギーがある仕事。法の力の強さを感じているところです」と学生らに語った。

もっと見る

プリティが多すぎる

特集

【最終回】新見(千葉雄大)が担当するなら千石社と仕事をしてもいいと言う小説家の水科(清水くるみ)。柏崎(杉本哲太)から、これが成功すれば文芸部に戻すと言われた新見は悩む。一方、相変わらず廃刊の危機にある「Pipin」の編集部では、読者イベントの開催が決定。準備に追われる中で、新見の事情を知った利緒(佐津川愛美)は、つい冷たく当たってしまう。

もっと見る

日本テレビ系で2019年1月19日にスタートする、坂口健太郎主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」(土曜午後10:00)に趣里、杉本哲太、市川実日子、志賀廣太郎、小市慢太郎、正名僕蔵、赤楚衛二の出演が決まった。主人公の弁護士・黒川拓(坂口)専属のパラリーガル・城崎穂香役を演じる趣里は「今、この瞬間もどこかで起きているかもしれない冤罪(えんざい)をテーマに、初めてパラリーガルの女性を演じます。弁護士の方を補佐する役と真摯(しんし)に向き合っていきたいと思います」と意気込みを語っている。

もっと見る

今年1月にシリーズ放送300回を果たしたドラマ「相棒」(テレビ朝日系)。常に進化を続ける同シリーズは、「season17」に突入しました。水谷豊さん演じる警視庁特命係・杉下右京と、その“相棒”として「season14」から登場の反町隆史さん扮する冠城亘のコンビは異例となる4シーズン目を迎えています。そんな「相棒season17」では、特命係が3人体制となる想定外の状況に! 前シーズン最終回に、サイバーセキュリティ対策本部特別捜査官の青木年男が記者突き落とし事件を起こし、その制裁として特命係に左遷されてしまいました。警察嫌いな上に、右京と亘にはめられたことを根に持ち、嫌みな言動を繰り返す青木。そんな役どころを担う浅利陽介さんに、特命係に加入した驚きや「相棒」シリーズの魅力について伺いました!

もっと見る

飄々としたコンプライアンス室長の秋津渉(唐沢寿明)が、斬新な考え方で問題を解決していくさまが面白い 「ハラスメントゲーム」(テレビ東京系)。11月12日放送の第5話では、年下の部下に片思いをするも、セクハラ、パワハラを恐れアプローチができなかった結城三郎(八嶋智人)に告白させるべく、強引に、時に優しく応援する秋津の姿が印象的でした。 「頑張れ」という言葉でさえも言い方によってはハラスメントになってしまうこの時代ですが、秋津の心からの「頑張れ!」には元気づけられた視聴者の方も多いのではないでしょうか?

もっと見る

2000年に「土曜ワイド劇場」での単発ドラマとして放送が開始され、連続ドラマとして「season17」に突入した大人気ドラマシリーズ「相棒」(テレビ朝日系)。杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)のコンビが異例ともいえる4シーズン目を数えますが、そこに2人に恨みを持っている元サイバーセキュリティー対策室特別捜査官の青木年男(浅利陽介)も加わるという、波乱の事態を迎えた警視庁特命係。思い切った変化とそれによってブレることのない安定した土台でとどまることなく進化を遂げています。

もっと見る

11月3日放送の日本テレビ系連続ドラマ「ドロ刑 ‐警視庁捜査三課‐」(土曜午後10:00)の第4話に、伝説のスリ“機械屋銀次”役で杉本哲太、女性専門のスリ集団、通称“茨城くのいち”メンバー役でジャガー横田が出演することが決まった。杉本は「役者人生初の“スリ”を演じました。最近、僕は追う側の人間の役が多かったものですから、純粋に追われる側の泥棒役は新鮮で楽しかったです」と喜んでいる。

もっと見る

PAGE TOP