新着記事

窮屈な青春から抜け出すために家を飛び出した望来(みらい)が、さまざまな人と出会いながら成長していく物語を描いた映画「五億円のじんせい」。望来を演じるのは、「3年A組─今から皆さんは、人質です─」の瀬尾役などでも注目を集めた望月歩。そして、望来に大きな影響を与える明日香役に扮したのは、映画「小さな恋のうた」でヒロインを演じた山田杏奈。みずみずしい演技で役を生き抜いた2人の素顔や役者としての姿勢について聞いた。

もっと見る

人間がうそをつく瞬間に 0.2 秒間だけ現れる“マイクロジェスチャー”を読み取る女刑事・楯岡絵麻(栗山千明)が、被疑者のうそを見破り華麗に事件を解決していく「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」(BSテレ東)。絵麻と被疑者のドキドキする心理戦はもちろんですが、相棒だけど頼りない刑事・西野圭介(白洲迅)やコワモテ上司の筒井道大(宇梶剛士)との思わず笑ってしまう掛け合いも大きな見どころの一つです。

もっと見る

宮部みゆきが「小説新潮」で9年にわたり連載した同名の原作を「前篇・事件」と「後篇・裁判」(2/12(月)同枠で放送)に分けて映画化し、公開。「前篇・事件」ではバブル時代末期のクリスマスの朝、東京都内の区立中学の屋上から1人の男子生徒が転落死したことから、事件の複雑な背景と関わった人々のプロフィルがつまびらかにされる。

もっと見る

テレビ東京で2018年1月18日からスタートする、木ドラ25「モブサイコ100」(木曜深夜1:00)。マンガアプリ「マンガワン」で大人気連載中の同名コミックを濱田龍臣主演で実写化する同作で、濱田が演じるおかっぱ頭の内気で目立たないが超能力を持つ主人公・影山茂夫(通称・モブ)を取り巻く、キャラの濃い共演者たちが解禁された。

もっと見る

BSジャパンでは、10月3日から「池波正太郎時代劇 光と影」(第1・第2火曜午後8:00)を放送する。同作は、時代小説家・池波正太郎による短編12本を1話完結形式でドラマ化。「人間とは善も悪も同居する矛盾が素晴らしい」をテーマに、怪しい裏稼業の男たち、すご腕女剣士、二宮尊徳の外伝など江戸時代にたくましく生きた侍や庶民の生活をダイナミックに描く。

もっと見る

PAGE TOP