新着記事

桜子(奈緒)は、結婚式の二次会で出会った家具職人の壱晴(藤ヶ谷太輔)と一夜を過ごす。翌日、2人は仕事の打ち合わせで再会するが、壱晴は彼女の事を全く覚えていなかった。

もっと見る

12月20日発売の「TV Bros. 2月号」は、年末年始の恒例企画「TV Bros. of the year 2019」。さまざまな分野の注目カルチャーを紹介するTV Bros.らしく、バラエティーやドラマなどのテレビ部門から、MUSIC、MOVIE、COMIC、BOOKなどのカルチャー部門まで、2019年に活躍した人物、作品を多岐にわたって紹介する。

もっと見る

Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が、2020年1月20日にスタートする日本テレビの連続ドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」(月曜深夜0:59、関東ローカル)で主演を務めることが分かった。恋愛のリアルを描くことに定評がある窪美澄氏の長編小説のドラマ化で、藤ヶ谷の運命の相手となる女性を奈緒が演じる。

もっと見る

女優の長谷川京子、フリーアナウンサーの田中みな実、モデルの滝沢カレン、女優の西野七瀬がMCを務める関西テレビのガールズトークバラエティー「グータンヌーボ2」(火曜深夜0:25、関西ローカル)の11月12日放送回は、ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)で共演した西野七瀬、金澤美穂、奈緒の3人がドラマの打ち上げ以来の再会を果たす。

もっと見る

MBSほかで放送中の連続ドラマ「カフカの東京絶望日記」(木曜深夜0:59)は、朝目覚めると巨大な虫になっていた男を描いた小説「変身」などで知られる20世紀を代表する文豪フランツ・カフカが、なぜか現代の東京に降臨し、日常生活の中で絶望する姿から逆に周囲の人たちが生きる希望を与えられる異色のストーリー。カフカ役で主演する鈴木拡樹は「カフカが東京にいる設定がすごく面白いと思いました。カフカが絶望する姿から希望を感じる人たちがいるというのがテーマで、マイナスなことを言っているのに、プラスの力になるというシュールな内容です。この作品を通じてカフカがどういう人物だったのかを少しでも知ってもらえたら、うれしいですね」と見どころをアピールする。

もっと見る

MBSで9月12日にスタートする連続ドラマ「カフカの東京絶望日記」(木曜深夜0:59)のオープニングテーマを声優の森久保祥太郎とShinnosukeによるユニット・buzz★Vibes(バズバイブス)が担当することが決まった。また、森久保はドラマ劇中で声の出演をすることも発表された。

もっと見る

MBSで9月12日から鈴木拡樹主演の連続ドラマ「カフカの東京絶望日記」(木曜深夜0:59、関西ローカル)が放送されることが決まった。同作は4月からYouTubeで第1話(前・後編)が無料配信され、新エピソード完成披露試写会でドラマ化が発表された。なぜか現代の東京で生活する文豪フランツ・カフカ役を演じ、今作が地上波連ドラ初主演となる鈴木は「すごいことになりました。みんなで地上波に挑戦したいと話していたので、目標がかなってうれしい」と喜びを語った。

もっと見る

のの湯

特集

【最終回】野乃(奈緒)の兄・一献(中村優一)が、平和湯で風呂上がりに脱衣所でくつろいでいると、野乃の車夫仲間の佐吉(宮澤佑)と國松(牧亮佑)が入ってくる。2人の会話が気になる一献は、後を追って浴場へと戻るが…。

もっと見る

銭湯といえば、何を思い浮かべますか? 人情、下町情緒、どこか懐かしい昭和レトロな雰囲気…。今もなお人々に愛される銭湯を舞台に、「くおんの森」の釣巻和さんの原作で、「孤独のグルメ」の久住昌之さんが原案協力している同名人気漫画「のの湯」が、BS12 トゥエルビでドラマ化され、4月14日から連続ドラマとしてスタートします! 主演はNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒロインの親友役を演じ、注目を集めた奈緒さん。今回は、東京・浅草で人力車の車夫をしている鮫島野乃役を演じます。

もっと見る

旅好きの方にまだ行ったことのないすてきな場所を紹介するBS12 トゥエルビの「NEXT TRİP~天国に一番近い島・ニューカレドニア編~」が3月31日に放送されます。まだ休暇の予定が決まっていない、どこがオススメなのか迷っている方は必見です!

もっと見る

KBC九州朝日放送は3月3日(午後4:00)にKBCラジオで「福岡美女図鑑~博多デス。~」を放送する。昨年2月24日に放送した特別番組の第2弾だ。映画やドラマ、雑誌などで活躍する福岡出身“美女”をゲストに招き、地元ネタ満載のトークを展開する。今回のゲストは女優の奈緒、長谷川かすみ、モデル・タレントの吉崎綾。昨年に続いて元AKB48の篠田麻里子とKBCテレビの人気深夜番組「ドォーモ」で司会を務めていた武内裕之氏(現・東京支社勤務)が進行する。出演者のプロフィールは番組ホームページをチェック(http://www.kbc.co.jp/r-radio/hakatadesu2019/)。

もっと見る

NHK福岡放送局は同局制作の“地域ドラマ”「福岡美人がゆく!」を、3月1日(午後7:30)に九州沖縄の総合テレビで放送する。平成という時代のはじまりとともに生まれ、30歳という人生の節目を迎える主人公たちを、笑いと切なさを交えて描く。

もっと見る

BS12トゥエルビでは4月14日から、大人気コミックを原作とした連続ドラマ「のの湯」(日曜午後7:00)をスタートさせる。同じ下宿先に暮らす3人の女の子が、下町の個性的な銭湯をめぐりながらハダカの付き合いを通して友情を深めていくもので、主人公・鮫島野乃をNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(18年)でヒロインの親友役を演じ注目を集めた奈緒が務める。

もっと見る

NHK福岡放送局は自局で制作する地域ドラマ「福岡美人がゆく!」を3月1日(午後7:30)に九州沖縄地方で放送する。平成のはじめに生まれ、間もなく30歳を迎える3人の「福岡女子」を描く。出演は奈緒、梅田彩佳、白石隼也、中澤裕子、福田愛依、バッドボーイズ・清人、図鑑・平山カンタロウ、宮崎美子、陣内孝則。

もっと見る

2018年度前期 連続テレビ小説「半分、青い。」に出演中の佐藤健に完全密着した[佐藤健 in 半分、青い。]PHOTO BOOKが9月5日(水)に発売となる。20代最後、萩尾律を演じた10ヶ月の記録――。初の連続テレビ小説に挑み、ヒロインの幼なじみである萩尾律役として物語の重要な役割を担っている佐藤健。最新の撮り下ろしポートレートに加え、長きにわたり時間を過ごしたNHKドラマセット内でもグラビア撮影を行った。また、今の佐藤健の想いに深く迫るロングインタビューも。さらに、膨大な数の写真から選び抜かれた貴重なメイキング&オフショットも満載だ。そのほか、最終回に向けてドラマのおさらいにもなる、萩尾律の人生を写真とともに振り返るプレーバック企画や、豪華共演者たちから佐藤健へのスペシャルメッセージも。必見の特別企画として、律が上京し初めての友達となった、朝井正人を演じた中村倫也との2ショットグラビア&対談も実現。20代最後の佐藤健を切り取った、永久保存版の1冊といえる

もっと見る

2018年度前期 連続テレビ小説「半分、青い。」に出演中の佐藤健に完全密着した「佐藤健 in 半分、青い。」PHOTO BOOK(仮)が、9月5日(水)に発売されることが決定した。初の連続テレビ小説に挑み、ヒロインの幼なじみである萩尾律役として物語の重要な役割を担っている佐藤健に密着したPHOTO BOOKとなる。最新の撮り下ろしポートレートに加え、長きにわたり時間を過ごしたNHKドラマセット内でもグラビア撮影を敢行。また、今の佐藤健の想いに深く迫るロングインタビューも。さらに、膨大な数の写真から選び抜かれた貴重なメイキング&オフショットも満載。そのほか、最終回に向けてドラマのおさらいにもなる、萩尾律の人生を写真とともに振り返るプレーバック企画や、豪華共演者たちから佐藤健へのスペシャルメッセージも。必見の特別企画として、律が上京し初めての友達となった、朝井正人を演じた中村倫也との2ショット対談も実現! 20代最後の佐藤健を切り取った、永久保存版、そして、“律ロス”を満たす1冊として期待したい。

もっと見る

2018年度前期 連続テレビ小説「半分、青い。」PHOTO BOOK(仮)が、9月5日(水)に発売されることが明らかとなった。物語もいよいよ終盤を迎え、ヒロイン・鈴愛の人生も新たな展開へ! そんなヒロインを演じる永野芽郁をはじめ、佐藤健、矢本悠馬&奈緒、中村倫也ら豪華出演者陣の最新撮り下ろしグラビアやロングインタビューを収録。撮影秘話や最終回に向けての見どころなど、盛りだくさんの内容に。さらに、ストーリープレーバックや、ちょっとマニアックにドラマに迫る特別企画も。気になるあの人もまさかの登場…!? もちろん、昨年11月初旬のクランクインから長期密着した収録中の貴重なオフショットも満載! 「半分、青い。」を愛するすべてのファンにおくるメモリアルな1冊に注目だ。

もっと見る

NHK福岡放送局は8月4日から、5分間の連続ドラマ「六本松愛し方改革」(土曜午後0:40、全5回)を編成。福岡県域のNHK総合テレビで放送する。主演の奈緒は、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜午前8:00ほか)でも注目を集める福岡出身の女優。今作では、「忍者ハットリくん」の獅子丸や「名探偵コナン」の阿笠博士の声を演じた、こちらも福岡出身の緒方賢一と共演する。また、各話の再放送を3回予定し、放送後の「WEBスペシャル動画」を番組ホームページ(http://www.nhk.or.jp/fukuoka/drama/ropponmatsu/)で公開する。

もっと見る

放送スタート以来、次々と魅力的なキャラクターが登場するNHK連続テレビ小説「半分、青い。」。そんな中、物語が幼少期から高校生に移った第3週以降、話題を集めている人物の一人がヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の幼なじみで、ポニーテールと笑顔が印象的な木田原菜生役の奈緒さんです。鈴愛がこばやん(森優作)と出会った第4週では、ブッチャー(矢本悠馬)に「あの2人(鈴愛と律)は、なにかがあったらどうにかなるかもしれん。と私は、常々にらんでいました」と空気を読んであえて2人にさせたり、こばやんとのデートに失敗した鈴愛に「さて、スズメの何がいけなかったでしょう?」と冷静に問いかけたりと、鈴愛を見守るお姉さん的キャラかと思えば、衣装に憧れて入った弓道部の引退試合では、隣の的に命中させてしまうちょっとドジな一面もあったりと、とにかくかわいい菜生の人柄に、“菜生ちゃんかわいい”“あのかわいい子は誰?”などと、SNSなどで話題になり、菜生というキャラクターと、その菜生を演じる奈緒さんに注目が集まっています。今回、そんな奈緒さんを直撃。役についての思いや撮影エピソードなど、お話を伺いました。

もっと見る

PAGE TOP