新着記事

木村拓哉主演で、2020年新春に放送予定のフジテレビ開局60周年記念特別企画「教場」(放送日未定)の追加キャストが発表された。同作は、作家・長岡弘樹氏による同名小説のドラマ化。警察学校を舞台に、冷酷無比な教官・風間公親(木村)とさまざまな背景を持つ生徒たちの成長を描くエンターテインメント・ミステリー。

もっと見る

NHK BSプレミアムでは、9月15日にコント番組「カバる!あのコントを俳優がカバーしたら~」を放送。音楽番組で名曲を別のアーティストが歌う“カバー曲”はよくありますが、この番組は人気芸人の名作コントを、俳優たちがカバーしてコントに挑戦します!

もっと見る

スカム

特集

【最終回】集金屋の山田(山中崇)に脅迫され、振り切って逃げる誠実(杉野遥亮)。詐欺の店舗は解散する。警察の捜査が迫る中、誠実は幸子(西田尚美)と父親の退院祝いのケーキ作りに没頭する。

もっと見る

放送中の連続ドラマ「スカム」(MBS/TBS)で、葛藤しながらも振り込め詐欺師としてのし上がっていく若者・草野誠実役を演じる杉野遥亮さん。インタビュー後編では、小林勇貴監督とのエピソードや、この夏挑戦したいことなどをお聞きしました。(【前編】はこちら)

もっと見る

現在放送中の連続ドラマ「スカム」(MBS/TBS)。2009年の東京近郊を舞台に、リーマンショックの影響により入社半年で新卒切りに遭い無職になり、さらに父親の大病による高額の治療費の捻出が重なって、職とお金を失った若者が振り込め詐欺に手を染めていく姿が描かれる作品です。

もっと見る

第1話の放送を終えた杉野遥亮さん主演の連続ドラマ「スカム」(MBS/TBS)。舞台は2009年、世界経済を襲ったリーマンショックの影響で日本でも多くの会社員が職を失い、さらに若者の貧困率が高齢者を大きく上回りました。「世代間格差」という言葉が生まれた、今から10年前の日本。

もっと見る

【最終回】大坂に着いた喜多(和田正人)と弥次(松尾諭)。1枚の富札を拾った喜多だったが、どうせ外れだと思って捨てた直後、百両の当たり札だったことが発覚。すると、弥次が懐からその富札を取り出した。喜多は山分けしようと訴えるが、弥次は自分だけのものだと言い張り、去っていく。怒った喜多は、すりのお葉(柳ゆり菜)と組んで弥次から富札を取り返そうとするが、弥次は浪人の左平次(谷口高史)を用心棒として雇っており、なかなか手が出せない。一方、お葉は金貸しの河内屋(渋谷天外)になぜか追われていて…。

もっと見る

BSテレ東の「土曜ドラマ9」枠で放送されている「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」。男同士の二人旅を描く“相棒(ブロマンス)時代劇”という新しいジャンルのドラマです。原案は“弥次さん喜多さん”で知られる、江戸時代最大のベストセラー小説である十返舎一九作「東海道中膝栗毛」。このドラマでは、オリジナルにある“破天荒な味わい”を忠実に再現! 画面から飛び出してくるような躍動感のある映像が満載です。

もっと見る

4月6日スタートのBSテレ東の連続ドラマ「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」(土曜午後9:00)に竹中直人が出演することが分かった。竹中は、ペットであり相棒のモルモット・大福とともに喜多さんと弥次さんの旅を追い掛けて面白いエピソードを執筆していく、後に原作の作者ともなる十返舎一九役を演じる。

もっと見る

4月期のBSテレ東「土曜ドラマ9」枠は、連続ドラマ「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」(土曜午後9:00、開始日未定)に決まった。原案は“弥次さん喜多さん”で知られる江戸時代最大のベストセラー小説、十返舎一九作の「東海道中膝栗毛」で、元役者のお調子者・喜多八役を和田正人、芸術家気取りのエロおやじ・弥次郎兵衛役を松尾諭が務める。

もっと見る

【最終回】「デリシャス・フード」は含み損100億円以上で「倒産の危機」とスクープされ、株価が大きく下落する。窮地に陥った樫村(仲村トオル)は、十和子(水野美紀)が社長を務める外食企業に筆頭株主・山本(大谷亮平)が持つ株を売ろうと急ぐ。ところが、その山本と連絡が取れなくなる。山本は商事会社常務・小沢(竜雷太)とひそかに交渉を進めていた。その後、商事会社はデリシャス・フードへの資本提供を取りやめると言い出す。

もっと見る

元銀行マンの樫村徹夫(仲村トオル)が、畑違いの飲食チェーン企業「デリシャス・フード」の社長に就任し、会社を“再生”させるべく奮闘する「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)。赤字店のメニューを改善するため、外食企業「十和子フード」社長の岡田十和子(水野美紀)にアドバイスをもらうなど、ちょっとずつ良い方向へ向かっているような気もしますが、その様子を厳しく見つめる宮内亮(椎名桔平)。樫村とコンサルティング契約を結んでいる彼の目には、樫村の方針や「デリシャス・フード」がどのように映っているのかが気になります。

もっと見る

元銀行マンの樫村徹夫(仲村トオル)が、崖っぷち飲食フランチャイズ企業の再建に挑む「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)。財務部長である岸野聡(勝村政信)からの告白で、「デリシャス・フード」は100億円以上の負債を抱えていることが発覚しましたが、飲食業界のことを何も知らない樫村が、これからどうやって立て直していくのか気になりますね。

もっと見る

7月16日午後10時からスタートするドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)。仲村トオルさん演じる銀行マン・樫村徹夫が転職を決意した飲食フランチャイズ企業は、まさかのがけっぷち!? 今まで経験したことがない異業界で、仲間や家族に支えられながら会社再建に奮闘する樫村の波瀾(はらん)万丈な日々をドラマチックに描きます。

もっと見る

PAGE TOP