新着記事

TBS系で6月29日放送の「“あの人”が知りたい超質問バラエティ 究極の一問」(午後4:00=MBS制作)で、オードリー・若林正恭のサポートで福原遥がMCに初挑戦することが分かった。福原は「初めてのMCだったので、想定外の流れに慌てることもありましたが、隣で若林さんが目を見て話し掛けてくれたので、安心することができました。VTRも緊張を忘れるくらい引き込まれるもので、見入ってしまいました」とアピールしている。

もっと見る

6月29日放送の「“あの人”が知りたい超質問バラエティ 究極の一問」(MBS/TBS)。同番組では、「ロングバケーション」(フジテレビ系)、「ビューティフルライフ」(TBS系)、連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK)など数々の人気ドラマの脚本家・北川悦吏子さん、青山学院大学を箱根駅伝4連覇に導いた名将・原晋監督、モデル・滝沢カレンさん、天ぷら職人・近藤文夫さんらが、どうしても聞きたい“たった一つの質問”を発表。その“究極の一問”を通して、彼らの人間性やその答えの先に潜む知られざる舞台裏を掘り下げていく、1時間のバラエティーです。MCは若林正恭さんと福原遥さんが務め、スタジオゲストには原晋さん、MEGUMIさん、吉村崇さんが登場。

もっと見る

俳優・斎藤工と世界的写真家のレスリー・キー氏の20年間にわたる軌跡を全て詰め込んだ「斎藤工×LESLIE KEE SUPERフォトマガジン『JOURNEY』」(東京ニュース通信社刊)が発売。これを記念し、4月19日(金)にバーニーズ ニューヨーク六本木店で、斎藤とレスリー氏によるトークイベントが行われた。

もっと見る

俳優としてはもちろん、モデル、Filmmaker、白黒写真家など、マルチな活躍を見せ、唯一無二の存在感を放つ俳優・斎藤工。そんな彼をデビュー前から撮り続けてきたのが、世界的写真家で知られるレスリー・キー氏だ。このたび、レスリー氏が撮影した斎藤の写真の数々を1冊にまとめた「斎藤工×LESLIE KEE SUPERフォトマガジン『JOURNEY』」が4月11日(木)に発売される。

もっと見る

役者としてはもちろん、モデル、映画監督、フォトグラファーなど、マルチな活躍を見せ、唯一無二の存在感を放つ俳優・斎藤工。そんな彼をデビュー前から撮り続けてきたのが、世界的写真家で知られるレスリー・キー氏だ。このたび、レスリー氏が撮影した斎藤の写真の数々を1冊にまとめた「斎藤工×LESLIE KEE SUPERフォトマガジン『JOURNEY』」の発売が4月11日に決定した。

もっと見る

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」がいよいよ佳境を迎えている。1990年代から2000年代にかけてフジテレビやTBSで多くのヒットドラマを生み出した脚本家・北川悦吏子氏が初めて朝ドラを手掛けるということで放送前から話題を呼んでいたが、放送開始後は主人公の言動やストーリー展開にSNS等で議論百出。賛否両論が巻き起こる中で、さらにドラマの注目度も増していくという今までにないタイプの朝ドラになった。ということで、今回はそんな連続テレビ小説のニュータイプ「半分、青い。」の視聴傾向を、関東で27万台を超える東芝レグザの録画視聴データから読み解いてみる。

もっと見る

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜午前8:00ほか)がこのほどクランクアップし、ヒロイン・楡野鈴愛役の永野芽郁が「『半分、青い。』は私にとって永遠に自慢できる作品になったことは間違いないです! だから、朝ドラでまたヒロインをやりたいな、また戻ってきたいなって思っています」と、撮了の達成感と寂しさを明かした。

もっと見る

「ドラマは見ていないけど、ネットで関連ニュースは見たことがある」という方もいるのではないだろうか。永野芽郁がヒロインを務める連続テレビ小説「半分、青い。」が、連日ネットやSNSをにぎわせている。“恋愛の神様”と言われる北川悦吏子の脚本らしく、家族の話を軸にしつつも、ラブストーリーを盛り込んだ展開に「鈴愛(永野)と律(佐藤健)はどうなるの!?」とじらされる視聴者が続出。絶妙なキャスティング、ツッコミどころを残した小ネタの数々もあいまって、「SNSで発信したい!」と思わされるようだ。そこには、どんな“仕掛け”があるのか、「半分、青い。」の広報プロデューサー・川口俊介氏に聞いた。

もっと見る

各話放送が終わるたびに急上昇ワード検索でトレンド入りし、公式ホームページやTwitter、Instagramなどでは新鮮な情報を随時発信し、常に話題を集めているNHK連続テレビ小説「半分、青い。」。個性的かつ魅力的なキャラクターが次々と現れるなか、第3週の登場以来、注目を集めているのがヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)の弟・草太役を演じる上村海成さんです。恋というものがいまいち分からない姉に「恋はするもんじゃなくて、落ちるもんなんや」と指南したり、鈴愛が上京する際には「たまには電話よこせよ」と言ってそっと寄り添い、要所要所で姉に対して優しさを見せたり、楡野家の男性陣との会話も印象的で、実年齢は永野さんよりも年上ですが、違和感なく弟役を好演しブレーク必至と目されています。今回、そんな上村さんにお話をうかがいました。

もっと見る

放送スタート以来、次々と魅力的なキャラクターが登場するNHK連続テレビ小説「半分、青い。」。そんな中、物語が幼少期から高校生に移った第3週以降、話題を集めている人物の一人がヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の幼なじみで、ポニーテールと笑顔が印象的な木田原菜生役の奈緒さんです。鈴愛がこばやん(森優作)と出会った第4週では、ブッチャー(矢本悠馬)に「あの2人(鈴愛と律)は、なにかがあったらどうにかなるかもしれん。と私は、常々にらんでいました」と空気を読んであえて2人にさせたり、こばやんとのデートに失敗した鈴愛に「さて、スズメの何がいけなかったでしょう?」と冷静に問いかけたりと、鈴愛を見守るお姉さん的キャラかと思えば、衣装に憧れて入った弓道部の引退試合では、隣の的に命中させてしまうちょっとドジな一面もあったりと、とにかくかわいい菜生の人柄に、“菜生ちゃんかわいい”“あのかわいい子は誰?”などと、SNSなどで話題になり、菜生というキャラクターと、その菜生を演じる奈緒さんに注目が集まっています。今回、そんな奈緒さんを直撃。役についての思いや撮影エピソードなど、お話を伺いました。

もっと見る

4月28日放送の「土曜スタジオパーク」(NHK総合)は「スタジオパークin 岐阜『半分、青い。特集』」と題して、岐阜・瑞浪市総合文化センターから公開生放送され、連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロイン・楡野鈴愛役の永野芽郁さん、鈴愛の母・晴役の松雪泰子さん、鈴愛の祖父・仙吉役の中村雅俊さんが登場。撮影の裏話などでトークを盛り上げ、会場を沸かせました。

もっと見る

4月2日の放送スタート以来、常に話題のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」。ストーリーが面白いのはもちろんですが、SNSで鈴木伸之さんや佐藤江梨子さん、加藤綾子さんら新キャストを次々と発表するなど、視聴者を飽きさせない仕掛けで話題が絶えません。

もっと見る

4月2日にスタートするNHK連続テレビ「半分、青い。」(月~土曜午前8:00ほか)の第1週完成試写会が行われ、ヒロイン・楡野鈴愛役の永野芽郁、その母・晴役の松雪泰子、父・宇太郎役の滝藤賢一、鈴愛の子ども時代役の矢崎由紗、脚本家の北川悦吏子氏が出席した。今回はヒロインの胎児時代から描かれる異例の展開で、永野は「そのナレーションを担当しましたが、人生で初めての胎児のナレーションでした。監督からは『赤ん坊っぽく』とオーダーされましたが、そもそも赤ちゃんはしゃべらないので、どうしたらいいのか悩みました」と、苦笑いでアピールした。

もっと見る

2018年度前期 連続テレビ小説「永野芽郁 in 半分、青い。」PHOTO BOOK(仮)を、ドラマ放送スタート予定日の4月2日 (月) に全国一斉発売。また、発売を記念したイベントを5月6日(日)に開催することが決定した。

もっと見る

4月2日にスタートするNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜午前8:00ほか)のスタジオ取材会が行われ、ヒロイン・楡野鈴愛(にれのすずめ)役の永野芽郁と、その幼なじみ・萩尾律役の佐藤健が出席した。佐藤は「台本を読んだ時点で、鈴愛がものすごく魅力的なキャラクターで大好きになりました。さらに演じる永野さんがぴったりで、難しいお芝居のはずなのにシンクロ率100%なんです。この朝ドラはたくさんの方に愛されて、きっと永野さんは大スターになる」と、永野のブレークを確信していることを告白。

もっと見る

4月2日にスタートするNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜午前8:00ほか)に、豊川悦司が出演することが決まった。ヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)の師となる少女漫画家・秋風羽織役を演じる豊川は、「今や飛ぶ鳥を落とす勢いの最強の看板枠、連続テレビ小説に初出演できることを大変光栄に感じます」と朝ドラ初出演の喜びを明かす。また、永野は「初めてお会いする方たちばかりで、そのような空気になるのかドキドキしています。なので、新たな環境に飛び込んでいく鈴愛の気持ちがリアルに表現できる気がしています!」と期待に胸を膨らませている。

もっと見る

2018年4月2日にスタートするNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜午前8:00ほか)の新たな出演者が発表され、六角精児らの出演が決まった。ヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)の同級生・西園寺龍之介(矢本悠馬)の父親・満役で出演し、町で一番お金持ちの不動産会社社長で常にギラギラしているという役どころの六角は、「実際に自分が生きた時代をさかのぼって味わえるというのは、とても楽しみで興味深いです。さまざまなことがイケイケのにぎやかな時代、バブリーに演じたいです」と意気込んでいる。

もっと見る

2018年4月2日にスタートするNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜午前8:00ほか)のロケ取材会が、11月10日に岐阜県恵那市岩村町で行われ、ヒロインを務める永野芽郁が取材に応じた。撮影は10月23日にクランクインしているが、11月に合流した永野は、「(岐阜は)ものすごく空気が奇麗で、寒くてもいい寒さ。皆さんすごく優しくて、なかなか東京ではないような人との関わり方ができて、すごくリラックスして撮影できています」と笑顔で感想を語り、「岐阜弁が難しいです。ちょっと関西弁とも違うし、標準語とも全然違うので、そこが難しくていつも相談しながらやっています。でも、少しずつできるようになってきた気がします」と撮影の近況を報告した。

もっと見る

NHKで2018年4月2日から放送される連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜午前8:00ほか)の岐阜・故郷編の主な出演者の発表会見が行われ、永野芽郁が演じるヒロイン・楡野鈴愛(にれのすずめ)の幼なじみ・萩尾律役で佐藤健が出演することが決まった。

もっと見る

NHK総合では、2018年4月から北川悦吏子氏の脚本による連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜午前8:00)を放送することが決まった。高度成長期の終わりから現代までを舞台に、1971年に岐阜で生まれたヒロイン・鈴愛(すずめ)が、片耳の失聴や数々の失敗を乗り越えていく姿を描く。発表会見に出席した北川氏は、「時計代わりに朝ドラを見る方もいると聞きますが、思わず見入ってしまって、学校や会社に遅刻しそうになるようなドラマを描きたい」と意気込みを明かした。

もっと見る

PAGE TOP