新着記事

大森南朋さん主演でおくる重厚な法医学サスペンスドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系)。どこまでも“真実”と“正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠蔽(いんぺい)する権力社会に立ち向かっていく本作も、ついに本日9月12日に最終回を迎えます!

もっと見る

【最終回】柚木(大森南朋)らは景(飯豊まりえ)が保管していた証拠品を使って楓(森川葵)の犯行を裏付けようとするが、行き詰まる。裏に伊達(仲村トオル)の策略があると疑う柚木は、彼の部屋へ乗り込む。一方、千聖(松雪泰子)に異動命令が下り、紀理人(高杉真宙)は憤りを隠せない。そんな中、事件当日の監視カメラ映像を調べ直した柚木は不審な点に気付き、紀理人と共に担当の元鑑識官を訪ねる。

もっと見る

──真実は、勝たなければ“真実”にはならない──。最高視聴率25.5%を記録した韓国の大ヒットドラマを基に、テレビ朝日が日本バージョンにリメークした「サインー法医学者 柚木貴志の事件―」。本日9月5日放送の第8話では、ついに島崎楓(森川葵)の正体が明らかになり、楓こそが北見永士(横山涼)殺害の真犯人だと確信する柚木貴志(大森南朋)。ただ、現状ではまだ憶測に過ぎず、逮捕できる確実な証拠が見つかっていません…。会田((猪野学)がすべてを話してくれればという一縷(いちる)の望みを懸けて楓の確保へと一同が動きだします。

もっと見る

大森南朋さん主演でおくる重厚な法医学サスペンス「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系)。どこまでも“真実”と“正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠蔽(いんぺい)する権力社会に立ち向かっていく本作も、いよいよ第8話に突入します。

もっと見る

大森南朋さん主演でおくる重厚な法医学サスペンスドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系)。どこまでも“真実”と“正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠蔽(いんぺい)する権力社会に立ち向かっていく本作も、いよいよ8月29日放送で第7話に突入します。柚木貴志(大森南朋)や高橋紀理人(高杉真宙)らの活躍もあり、3年前に中園景(飯豊まりえ)の妹・優を襲った野田(濱正悟)を確保。事件解決に安堵する一同でしたが、和泉千聖(松雪泰子)の元に北見永士(横山涼)殺人事件で逮捕された宮島清花(柳美稀)から連絡が入ります。告発の内容はなんと「私は、本当は殺してません」。「なぜ今頃?」と疑問に思った千聖は、柚木に相談。北見殺人事件に後悔の念を抱く柚木は、清花に接見しに行きますが…。

もっと見る

大森南朋さん主演でおくる重厚な法医学サスペンス「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系)。どこまでも“真実”と“正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠蔽(いんぺい)する権力社会に立ち向かっていく本作も、いよいよ第6話に突入します。第5話では、兵藤邦昭(西田敏行)が関わっていた、25年前の医療ミスにまつわる事件が解決。第6話は、3年前に中園景(飯豊まりえ)の妹・優を襲った事件と同様の犯行が起き、1人のOLが殺害されます。現場付近で不審な男の身柄が確保され、取り調べが行われる中、今回の容疑者が3年前に妹を襲った犯人だと確信する景。しかし、男にはOLの死亡推定時刻にアリバイがあり、景は再度死亡推定時刻を計算し直しますが…。

もっと見る

──真実は、勝たなければ“真実”にはならない──。最高視聴率25.5%を記録した韓国の大ヒットドラマを基に、テレビ朝日が日本バージョンにリメーク! 「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」として、どこまでも“真実”と“正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠蔽する権力社会に立ち向かっていきます。インターネットTVガイド連載企画の第5弾は、柚木たちに協力する警視庁捜査一課の警部補・高橋紀理人を演じる、高杉真宙さんへインタビュー。初めての警察官役に苦労した部分や、豪華キャスト陣との共演について、また、ご自身の意外な過去について伺うなど、盛りだくさんでお届けします!

もっと見る

──真実は、勝たなければ“真実”にはならない──。最高視聴率25.5%を記録した韓国の大ヒットドラマを基に、テレビ朝日が日本バージョンにリメーク! 「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」として、どこまでも“真実”と“正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠蔽する権力社会に立ち向かっていきます。インターネットTVガイド連載企画の第4弾は、柚木貴志に師事する新人解剖医・中園景を熱演する飯豊まりえさんにインタビュー! 憧れの先輩について、最近“新人デビュー”したこと、隠し通したい“秘密”(!?)など、盛りだくさんでお届けします。

もっと見る

──真実は、勝たなければ“真実”にはならない──。最高視聴率25.5%を記録した韓国の大ヒットドラマを基に、テレビ朝日が日本バージョンにリメーク! 「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」として、どこまでも“真実”と“正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠蔽する権力社会に立ち向かっていきます。インターネットTVガイド連載企画の第3弾は、柚木の恩師で、日本法医学研究院の院長も務めた“法医学界の良心”兵藤邦昭を演じる西田敏行さんにインタビュー! 出演の決め手や、西田さんご自身の“弟子”について、また、芸能界での友人との裏話まで、盛りだくさんでお届けします。

もっと見る

遺体から“真実”をあぶり出す法医学者たちと、不都合な“事実”を隠ぺいしようとする巨大権力とのし烈な攻防戦を描く、大森南朋主演のテレビ朝日系連続ドラマ「サイン ―法医学者 柚木貴志の事件―」(木曜午後9:00)。8月1日放送の第3話では、暴力団員の射殺事件が発生し、“権力側の不可解な圧力”によって“真実”が闇へと葬られる事態へと転じていく。

もっと見る

──真実は、勝たなければ“真実”にはならない──。最高視聴率25.5%を記録した韓国の大ヒットドラマを基に、テレビ朝日が日本バージョンにリメーク! 「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」として、どこまでも“真実”と“正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠蔽する権力社会に立ち向かっていきます。インターネットTVガイド連載企画の第2弾は、和泉千聖役を演じる松雪泰子さんにインタビュー。松雪さんが今回バディを組む高杉真宙さんについてや、ここ最近の“事件!”なエピソードなど、盛りだくさんの内容でお届けします!

もっと見る

遺体の声なき声から“真実“を導き出す法医学者たちと、不都合な“事実”を隠ぺいしようとする巨大権力の熾烈(しれつ)な攻防戦を描く、大森南朋さん主演ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系)。シリアスなヒューマンドラマで、初回から話題沸騰の本作ですが、先日、東京・六本木ヒルズ内にある毛利庭園に設けられた水上ハイボールステージに、新人解剖医・中園景役の飯豊まりえさんと、警視庁捜査一課の警部補・高橋紀理人役の高杉真宙さんが登場! メガサイズのハイボールと、限定メニューに舌鼓を打ちながら、ここでしか聞けないトークの数々を披露しました!

もっと見る

遺体から“真実”をあぶり出す法医学者たちと、不都合な“事実”を隠蔽しようとする巨大権力の熾烈(しれつ)な攻防戦を描く、大森南朋さん主演の連続ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系)が、本日7月11日にいよいよスタートいたします! 韓国の大ヒットドラマ「サイン」(2011年)が原作で、“一度見始めたら止まらない骨太な法医学サスペンス”である本作。放送に先駆けて、7月4日にはテレビ朝日本社で第1話試写会&制作記者会見が開催されました。その模様と第1話の見どころをお届けします!

もっと見る

──真実は、勝たなければ“真実”にはならない──。最高視聴率25.5%を記録した韓国の大ヒットドラマを基に、テレビ朝日が日本バージョンにリメーク! 「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」として、どこまでも“真実”と“正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠蔽する権力社会に立ち向かっていきます。

もっと見る

テレビ朝日系で、7月11日よりスタートする木曜ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(木曜午後9:00)に、話題の次世代ボーカルグループ・COLOR CREATIONが本人役で出演することが分かった。さらに、劇中で俳優・横山涼とユニットを組み、圧巻のライブステージを展開する。

もっと見る

テレビ朝日系で、7月11日よりスタートする木曜ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(木曜午後9:00)に、西田敏行が特別出演する。さらにレギュラーキャストに木下ほうか、利重剛、森川葵の出演が決まったほか、佐津川愛美、小久保寿人、吉田ウーロン太、淵上泰史、猪野学ら個性派キャストの出演も決定した。

もっと見る

テレビ朝日系では、7月クールの木曜ドラマで「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(木曜午後9:00、開始日未定)をスタートさせる。本作は、韓国で最高視聴率25.5%を記録した大ヒットドラマ「サイン」(2011年)を大森南朋主演、松雪泰子、仲村トオルら強力キャストでリメークしたもので、どこまでも“真実”と“正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠ぺいする権力社会に立ち向かう姿を描いていく。

もっと見る

家売るオンナの逆襲

特集

【最終回】留守堂(松田翔太)が姿を消して1年。外資系不動産会社が、新宿営業所の担当エリアを浸食してくる。万智(北川景子)が訪ねた新宿ガーデンハイツは、先方の買い占めにより130戸中、残った居住者が老人2人だけになっていた。一方、足立(千葉雄大)らが扱う物件も次々と横取りされ、その全てが万智の売り方と同じ。そこで足立と庭野(工藤阿須加)は客になりすまし、偵察に向かう。

もっと見る

PAGE TOP