新着記事

東山紀之主演で、2007年に復活を果たした人気時代劇「必殺」シリーズが、今春「スペシャルドラマ 必殺仕事人2019」として放送されることが決定した。また、今作から東山が演じる同心・渡辺小五郎の妻・ふく(中越典子)の叔母・綾小路てん役としてキムラ緑子が出演することも分かった。

もっと見る

テレビ東京系では7月6日に、小日向文世主演「嫌われ監察官 音無一六 スペシャル」(午後8:00)を放送する。同作は、小日向文世演じる警視庁の監察官・音無一六が、警察内部のあらゆる不正を取り締まっていく刑事ドラマ。“警察の中の警察”という異名を持ち、警察内でもっとも嫌われている役職だが、その天才的な“深読み力”で事件の真相に迫っていくシリーズの第5弾だ。一六は、暴力団との癒着疑惑の告発があった警部補を監察中のところ、警部補が何者かに毒殺されてしまい、さらには事件現場に居合わせた被疑者もまた取り逃してしまう。その被疑者の素性を洗ったところ、幼い頃に引き離された一六の弟・万丈二六(遠藤憲一)だったことが明らかになる。

もっと見る

特捜9

特集

【最終回】法務大臣・高森(中原丈雄)の妻・静江(藤井かほり)が刺殺され、直樹(井ノ原快彦)ら特捜班と安達(山下徹大)ら組織犯罪対策部との合同捜査が始まる。安達ら組対は、静江を高森と間違えた暴力団の犯行と決めつける。特捜班は組対に捜査の主導権を奪われるが、今回の事件が、宗方(寺尾聰)が警察を辞めることになった5年前の事件、さらに9係が解散させられた1年前の事件と関連があることを知り、独自に捜査を進める。

もっと見る

井ノ原快彦さん主演で、警視庁に新設された“特別捜査班”が事件解決に挑むドラマ「特捜9」(テレビ朝日系)。12年間続いた「警視庁捜査一課9係」の流れを引き継ぎ、浅輪直樹(井ノ原快彦)、小宮山志保(羽田美智子)、青柳靖(吹越満)ら“9係”メンバーの活躍ぶり、そしてその独特の掛け合いも健在です。そして、特捜班になってから新たに登場した班長・宗方朔太郎(寺尾聰)や若手ゆとり刑事・新藤亮(山田裕貴)が、このコンビネーションに新たな魅力をプラスしていますね。

もっと見る

2006年4月にスタートし、昨年までに12シーズンを放送してきたドラマ「警視庁捜査一課9係」(テレビ朝日系)。個性豊かな刑事たちが捜査中に対立(?)しながらも、難事件を解決に導いてきました。その「9係」が、井ノ原快彦さん主演の「特捜9」として新たに動きだします。

もっと見る

東山紀之を主演にすえて「必殺仕事人2007」として復活してから10周年。必殺シリーズの記念すべきスペシャルドラマが、テレビ朝日系で2018年新春に放送されることが明らかになった(日時未定=朝日放送制作)。今回は、東山、松岡昌宏、知念侑李、和久井映見、遠藤憲一の仕事人に加え、黒木瞳、間宮祥太朗、奥田瑛二といった豪華ゲストを迎え、さらに重厚な物語が展開される。東山は「どんな仕事でも『常にベストを尽くして今が一番いい』ことを目指しています。今回の作品もこの10年の中で一番いい。必殺シリーズ最高傑作です」と自信をのぞかせている。

もっと見る

TVガイド最新号

TVガイド
2019年12月13日号
発売日:2019年12月4日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:TOKIO×嵐

新着連載

PAGE TOP