新着記事

東京二十三区女

特集

【最終回】奇妙な視線に悩む品川区の交番巡査・木内(白洲迅)は、事件現場で何度も不審な女性を目撃していた。ある日、鈴ヶ森刑場跡に入って行くその女性に声を掛け、フリーライターの璃々子(島崎遥香)と知る。璃々子は後日、木内に、最近起きた火災事故と通り魔事件に共通する意外な事実を語る。

もっと見る

日本の首都・東京といえども数多くの恐怖の物語が伝承されている。そんな伝説になぞらえて描かれるのがWOWOWプライムで放送されるホラーミステリー「東京二十三区女」。毎話、豪華女優陣が土地にまつわる恐ろしくも哀しい物語を紡いでいく。そして、この土地を巡るのが、島崎遥香が演じるフリーライター・原田璃々子と、岡山天音が扮する元民俗学講師・島野仁。2人に今作について話を聞いた。

もっと見る

【最終回】真璃子(中山美穂)は春輝(藤井流星)の母・冴(麻生祐未)から、これまでの礼を言われると同時に、ある決断を迫られる。銀行に復帰した完治(佐々木蔵之介)は、不正融資に関する調査委員会の長を務め、融資が部長・井上(平山祐介)の独断ではなく、常務・金田(伊藤正之)ら幹部の関与を確信する。一方、魚市場で働く栞(黒木瞳)は、不正融資の記者会見でテレビに映る完治の姿に驚く。

もっと見る

10月11日からスタートした「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」(フジテレビ系)。佐々木蔵之介さんが初の恋愛ドラマ主演を務める今作は、セカンドライフに差し掛かった男女の切ない恋の物語です。主人公・瀧沢完治(佐々木蔵之介)は仕事一筋でコツコツと努力を積み上げてきた銀行員。妻の真璃子(中山美穂)とは最近会話が減り、年頃の娘・美咲(石川恋)とは距離ができてきたものの、まっとうな人生を生きてきました。しかし、そんな完治がある日会社から言い渡されたのは理不尽な左遷宣告…。これを機に家族には出張と偽り、単身で出かけたスイスで目黒栞(黒木瞳)と出会い、運命の恋が動き始めました。ここでは、そんな本作の制作発表の様子をお届けします!

もっと見る

フジテレビ系で10月11日にスタートする連続ドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」(木曜午後10:00)の制作発表会見に、主演の佐々木蔵之介、共演の中山美穂、藤井流星(ジャニーズWEST)、黒木瞳、主題歌を担当する平井堅が参加した。

もっと見る

フジテレビ系で10月11日にスタートする連続ドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」(木曜午後10:00)に、ますだおかだの増田英彦と音楽クリエイターのヒャダインが出演する。同作は、漫画家・弘兼憲史氏の同名短編オムニバスコミックの第1集「不惑の星」を原作に、これからの人生を考え始めた大人たちが、黄昏(たそがれ)の空にきらめく流星のように最後の輝きを模索する物語。主人公のエリート銀行員・瀧沢完治を佐々木蔵之介、献身的な妻・真璃子を中山美穂、完治が恋に落ちる運命の女性・目黒栞を黒木瞳が演じる。

もっと見る

フジテレビ系で10月11日にスタートする連続ドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」(木曜午後10:00)の主題歌を平井堅が務める。同作は、漫画家・弘兼憲史氏の同名短編オムニバスコミックの第1集「不惑の星」を原作に、人生の折り返し地点を通り過ぎた男女が図らずも落ちてしまったあらがえない運命の恋、そしてその恋を取り巻く大人たちの人間ドラマを、セカンドライフに差し掛かった男女の切ない恋物語として描く。主人公のエリート銀行員・瀧沢完治役を佐々木蔵之介、献身的な妻・真璃子役を中山美穂、完治が恋に落ちる運命の女性・目黒栞役を黒木瞳が演じる。

もっと見る

フジテレビ系で10月にスタートする連続ドラマ「黄昏流星群」(木曜午後10:00、開始日未定)の収録現場で、8月18日に25歳の誕生日を迎えたジャニーズWEST・藤井流星のサプライズ誕生日祝いが行われた。主演の佐々木蔵之介、共演の中山美穂との場面で、藤井は撮影本番と思いきや、突如始まったバースデーサプライズに仰天する様子を見せた。

もっと見る

ジャニーズWESTの藤井流星が、フジテレビ系で10月にスタートする連続ドラマ「黄昏流星群」(木曜午後10:00、開始日未定)に出演することが決まった。同作は、漫画家・弘兼憲史氏の同名短編オムニバスコミックの第1集「不惑の星」を原作に、人生の折り返し地点を通り過ぎた男女が図らずも落ちてしまったあらがえない運命の恋、そしてその恋を取り巻く大人たちの人間ドラマを、セカンドライフに差し掛かった男女の切ない恋物語として描く。主人公のエリート銀行員・瀧沢完治役を佐々木蔵之介、献身的な妻・真璃子役を中山美穂、完治が恋に落ちる運命の女性・目黒栞役を黒木瞳が演じる。

もっと見る

佐々木蔵之介が、10月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「黄昏流星群」(木曜午後10:00、開始日未定)に主演する。同作は、漫画家・弘兼憲史氏の同名短編オムニバスコミックの第1集「不惑の星」をベースに、人生の折り返し地点を通り過ぎた男女が図らずも落ちてしまったあらがえない運命の恋、そしてその恋を取り巻く大人たちの人間ドラマを、セカンドライフに差し掛かった男女の切ない恋物語として描く。主人公のエリート銀行員・瀧沢完治役を佐々木、献身的な妻・真璃子役を中山美穂、完治が恋に落ちる運命の女性・目黒栞役を黒木瞳が演じる。出世目前に左遷の憂き目に遭い、どん底に突き落とされた時に運命の女性と出会い、第2の人生を見つめ直す完治。佐々木にとっては自身初の王道ラブストーリーとなる。

もっと見る

テレビ朝日系で4月19日にスタートする連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(木曜午後9:00)に、第1話のメインゲストとして、中山美穂が出演することが決定した。中山が同局のドラマに出演するのは、1988年放送の「ミスマッチ」依頼、30年ぶりとなる。本作は、初共演となる波瑠と鈴木京香がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく新感覚ミステリー。

もっと見る

【最終回】事故に遭った板倉(柄本佑)の容体は悪く、妙子(中村ゆり)はショックを受けていた。雪子(伊藤歩)は、旧子爵家出身で大手広告代理店勤務の御牧(ムロツヨシ)と見合いをすることに。当日、御牧は半ズボンで現れ、雪子らを庶民的な中国料理店に案内。食事マナーもひどいものだったが、雪子との会話は弾む。本家では辰雄(甲本雅裕)の東京転勤が決まった。だが幸子(高岡早紀)は鶴子(中山美穂)が東京で暮らせるわけがないと反対する。

もっと見る

1月7日にスタートした「プレミアムドラマ 平成細雪」(NHK BSプレミアム)はご覧になりましたか? 谷崎潤一郎の名作「細雪」の舞台を平成に置き換え、バブル崩壊後を生きる4姉妹の物語として連続ドラマ化した本作。4姉妹を演じる中山美穂さん、高岡早紀さん、伊藤歩さん、中村ゆりさんが、まあ艶やかで美しいこと。昨年、第1話の放送を前に行われた会見に皆さん着物姿で登壇。その華やかさは新年のドラマにふさわしい装いでした。会見では本当の姉妹のように仲むつまじい様子で、中山さんが「撮影が終わってもこの4姉妹が続けばいいのにと感じていた」と撮影を振り返るほど、息ピッタリの撮影だったようです。

もっと見る

TVガイド最新号

TVガイド
2019年7月26日号
発売日:2019年7月17日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:山田涼介

新着連載

PAGE TOP